ADHD コミュニケーション

この夏、引越し予定がある方必見です!ADHD傾向の発達障害・グレーゾーンのお子さんを持つお母さん、引越し後にぜひ意識して欲しいポイントがあります!

更新日:

引越しに伴う環境の変化は、親にとって様々な精神的負担があります。ADHD傾向のお子さんは、その特性から、周囲から誤解されてしまったり、周囲に馴染めなかったりと想像以上に辛い体験をする可能性が。そうなる前に親ができることがあるんです!
 

【目次】

 

1.ADHD傾向のお子さんは想像以上に環境の変化が苦手です。  

 
 
皆さんは、お引越しの経験がありますか?
 
 
引越しは、住む場所はもちろんのこと、人間関係や慣れ親しんできた生活習慣もガラッと変わる、人生の中の一大イベントの一つと言えますね。
 
 
子どもは慣れない環境に落ち着かなくなり、親は手続きや片付けなどで心に余裕がなくなることは、皆さんも容易に想像できますね。
 
 
これが、発達の特性のある子どもやグレーの子どもの場合、どうなると思いますか?
 
 
注意欠如多動性障害(ADHD)タイプの子どもは、おおざっぱであっけらかんとしている印象を受けることが多いです。なので、周りの大人やお母さんでさえも、うちの子は気にしないタイプだから大丈夫!と心の変化を見過ごしがちです。
 
 
しかし実際は、繊細で、環境の変化に適応しにくい子どもが多いのです。
 
 
そして、その繊細さゆえに、親の心の動揺や余裕のなさまでも伝わってしまい、余計に落ち着きがなくなることもあります。
 
 
 発達の特性のある子どもは、私たちが思う以上に引越しによる環境の変化が得意ではないのです。
 
 
 
 

 2.ADHD傾向のお子さんにみられる新しい環境下でおこることとは?

 
 
ADHD傾向の子どもは、もともと好奇心旺盛な特性があります。なので、引越し後は、見るもの・出会うもの全てが目新しく、好奇心爆発でソワソワが止まりません。
 
 
ですから、新しい学校の授業を静かに受けるのは至難の技かもしれません。
 
 
また、空気を読む力が弱いために、転入先での習慣や流れをつかむことに時間がかかったり、新しい人間関係を築くことが難しいことも少なくありません。
 
 
このほか、ADHDタイプの特性として、人との距離感の取り方が下手だったり、人と感覚が違ったりすることがあります。
 
 
転入前の学校では、特性を「こういうキャラの子だ」と周りも理解して受け止めてくれていたことが、転入先の学校で突然受け入れられなくなってしまうことがあるのです。
 
 
 もし、発達の特性のある子どもが、孤立してしまったり、攻撃的な対応をされたり、先生からお叱りを受けることが多くなってしまったら、どうなってしまうと思いますか?
 
 
それは、周りから受けた対応によって、お子さん自身が攻撃的になってしまったり、鬱々として不登校気味になったりしてしまうのです。
 
 
そうなると、そのあとの学校生活は、親子とも想像以上に辛いものになってしまうのです。
 
 
 
 

 3.発達障害・グレーゾーンの子どもが引越しして困らないために親ができること。

 
 
  新しい環境になじむのが大変な引越しのときほど、実は親子でのコミュニケーションを整えることが不可欠なんです。
 
 
なぜ親子のコミュニケーションを整えることが必要なのか?
 
 
それは、たとえ学校などで周りから受け入れられない経験をしても、お母さんが良いコミュニケーションをとっていれば、お子さんは自信をなくすことや、不安定になるリスクは軽減できるからなんです。
 
 
まずは、お子さんの行動をどんな小さなことでも良いので肯定的に褒めましょう!
 
 
たとえば、「おかえり〜。今日も学校に行けたね。」「明日の学校準備をしようとしてるんだね。」「お着替えできたね。」など、いつもしている当たり前のことでいいんです。
 
 
お子さんができたことに着目します。お子さんからすると、お母さんはいつも自分を見てくれている!認めてくれる!と感じて自信がつきます。
 
 
自信がつくと、学校など家の外で多少辛いことがあっても、精神が安定しているので、落ち着かなくなったり行きしぶりになりづらくなります。
 
 
引越し後には、ぜひ、この『肯定の褒め』をお子さんにたくさん伝えてあげてくださいね!
 
 
数ヶ月後に、ご家族で『引っ越ししてよかったね』と笑いあえることを切に願っています!
 
 
 
 
執筆者:水本しおり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
環境が変わった時の対応法は、他にもあります。詳しくはこちらから。 
▼無料で毎日情報をお届けしてます。

 

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-ADHD, コミュニケーション
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.