グレーゾーン 対応

行動の切り替えが遅い発達障害・グレーゾーンの子どもへの「早く!」をやめませんか?

更新日:

毎日のように、お子さんを「早く、早く」とせかし疲れているお母さんに、とっておきの解決策をお伝えします!この方法でお母さんもお子さんもストレスが減り、お子さんの行動にかかる時間も少しずつ短くしていくことができるようになります!
 

【目次】

 

1.行動の切り替えが苦手な発達障害・グレーゾーンの子どもへの「早く!」をやめませんか?

 
 
日本は時間に厳しい国です。とにかく「きっちり!」ですよね。
 
 
電車の発着時間も数分ずれただけでアナウンスが流れる。
 
 
便利だな、と思う一方で、いつも時間に追われてせかせかしている自分がいませんか?
 
 
子どもたちへの声かけも、朝の
 
早く起きなさい!」からはじまり、
 
早くご飯を食べて!」
 
早くお着替えしなさい!」
 
「もう行く時間!早く靴はいて~!」
 
 
といった感じで、一日中、「早く、早く!」と言ってしまってはいないでしょうか。
 
 
決まった時間に園に送っていき、自分の仕事の時間にも間に合わせなければいけない!
 
 
となると、焦る気持ちはよくわかります。
 
 
しかし、こんな毎日だとお母さんが疲れませんか?
 
 
お母さんが疲れるな、ストレスだなと感じているのであればお子さんも同じように感じているはずです。
 
 
 
 

2.行動の遅い子どもをせかすのは、おしまい♪「早く!」をやめてストレスをなくす方法

 
 
タイムリミットは決まっているのに、ダラダラとしている子ども。
 
 
注意しなければ動かないし、どうすればいいのか?
 
 
それはお母さんが、お子さんのペースに合わせるんです!
 
 
たとえば、お子さんが、朝起きてから園に向かうまでどのくらい時間がかかっていますか?
 
 
逆算して、朝をスタートさせてください。
 
 
時間に余裕がうまれることで、お母さんにも心の余裕がうまれます。
 
 
「早く起きなさい!」ではなく、「起きる時間だよ」からスタートできるんです。
 
 
時間と気持ちに余裕がないと、どうしてもお子さんの様子を上辺だけで見てしまい、「ご飯まだ食べてないの?」なんて言ってしまいがちですよね。
 
 
もしかしたら、まだ目が覚めていなくて、ペースがゆっくりなだけなのかもしれません。
 
 
お母さんが気持ちの余裕をもつことで、「頑張って食べてるね」と、肯定的な言葉をかけてあげられます。
 
 
お子さんは、お母さんの肯定的な言葉で食べるやる気が出ます。
 
 
おでかけをする前も同じ。お子さんのペースに合わせて逆算して準備時間を考えてみてくださいね。
 
 
そもそも、発達障害・グレーゾーンの子は、行動の切り替えが苦手です。
 
 
いくらお母さんがガミガミ言っても急にサクサクと行動するようにはなりません。
 
 
行動の切り替えが難しいお子さんには、お母さんの「肯定的な声かけ」がとっても大切なんです。
 
 
肯定的な声かけで、お子さんのやる気を引き出せれば、準備の時間もどんどん短くなっていきます!
 
 
できないところから、いきなり完璧を求めても無理です。
 
 
まずは、お母さんがお子さんのペースに合わせてあげて、うまく誘導していってくださいね。
 
 
 
 
執筆者:須藤ゆかり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
行動の切り替えが苦手な子への対応法はこちら!
▼▼▼
毎朝3回の声かけで「幼児の“イライラ”が消える!」発達科学コミュニケーション
メールレッスン
無料で情報をお届けしています。
ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-グレーゾーン, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.