コミュニケーション 幼児

【トレーナー動画】きょうだいにやきもちをやく、発達障害・グレーゾーンの男の子への対応法~子どもが俄然、やる気を出すママの声かけを教えます~

更新日:

 
 
今回は、きょうだいにやきもちをやく、発達障害・グレーゾーンの男の子への対応法をお伝えします!
 
 
発達科学コミュニケーション トレーナーの須藤ゆかりです。
 
 

きょうだいにやきもちをやく、発達障害・グレーゾーンの男の子への対応法~子どもが俄然、やる気を出すママの声かけを教えます~

 
 

 
 

レッスンスクリプト

 
 
下の子ができると、やきもちをやく子って多いですよね。
 
 
「なんでママは、いつも下の子のことばっかりなの」
 
 
なんて言われること、ありませんか?
 
 
あー、なんかすごくさみしい思いをさせているな…なんて思いつつも、下の子にまだ手がかかるので、上の子のことをよくみてあげられないで、もどかしい思いをしているお母さんて、結構多いと思います。
 
 
私も娘が生まれたときは、息子のことをよく見てあげられないで、よくこんなことを言われたことがありました。
 
 
「ママはいつも妹のことばっかりで、妹のことが大好きなんだね」

 
 
なんて言われちゃったんですね。
 
 
そのときは「あなたのことも大好きよ~!」なんて言ってたんですけど、なかなか2人でコミュニケーションをとる時間ていうのがなかったんです。
 
 
私の隣にはいつも娘がいました。やっぱり上の子っていうのは、下の子ができると、ママをとられてしまうようでさみしいんですね。
 
 
しかも、
 
 
自分が一番!
自分を見てほしい!
自分に注目してほしい!
 
 
という子は、尚更それが大きいかもしれません。
今回、当時の私と同じように
悩んでいるお母さんに、一つ、試していただきたいことがあるんです!
 
 
それは、お子さんを頼ってみてください!!
、 
 
 
たとえば
「ちょっと今、ママ困っているんだよね~!助けてくれないかな!?」
 
 
というふうに言ってみましょう!するとお子さんは、
 
 
「大好きなママが困っている!!何かしてあげなくちゃ!」
 
 
というふうに思うんですね。
 
 
これは、とくに男の子に有効です。男の子って、結構単純なので、俄然こういうことなると張り切ってやってくれるんです!
 
 
さっきまで、「僕なんて…ママは全然みてくれない・・・」なんて言っていた子が、本当にやる気を出して頑張ってくれます。
 
 
これって、
 
 
お母さんに
注目されたい
褒められたい
認められたい
感謝されたい

 
 
ていうお子さんの気持ちが全面に出た行動ですね。
そんな行動を微笑ましく眺めながら、やってくれたことに対しては、満面の笑み
 
 
「ありがと~~~!!!」
 
 
というふうに言ってあげてくださいね。そうすると、お子さんの気持ちもすごく満たされて、またやる気でママのことを助けてくれますよ。ぜひ、お試しください。
 
 
では~!!
 
 
講師:須藤ゆかり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
▼▼▼
毎朝3回の声かけで怒りっぽい幼児が自分で動く子になる!
家庭でできる発達サポートが分かる発達チェック付き個別相談
ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-コミュニケーション, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.