コミュニケーション 発達障害 親野智可等先生

子どもの頃の熱中体験がとても大切!~『「親力」で決まる!子供を伸ばすために親にできること』~

更新日:

親野智可等先生の著書『「親力」で決まる!子供を伸ばすために親のできること(宝島社)』の中には、明るく楽しい気持ちで子育てができるようなヒントがたくさんあります。その中から、子供の頃の熱中体験がとても大切!という話をお伝えしたいと思います。
 

【目次】

1.子どもの頃の熱中体験とは?
2.子どもの頃の熱中体験がとても大切な理由
3.子どもの好きを応援しよう!
4.聞くだけで発達凸凹キッズの子育て上手になる!親野智可等先生の講演会

 

1.子どもの頃の熱中体験とは?

 
 
あなたのお子さんには、熱中できるものがありますか?もしあるならそれを応援できていますか?
 
 
親野先生の著書の中に、メルマガ読者から「ウルトラマンの本ばっかり読んでもらいたがる子供について」の質問が書かれています。
 
 
4歳になるお子さんだそうですが、ウルトラマンやゴジラの本が大好きで読み聞かせの本には見向きもしないそうです。
 
 
お母さんは、ウルトラマンの怪獣図鑑を読んであげたりはしているそうですが、本当は道徳的な本を読んであげたいそうです。
 
 
発達障害・グレーゾーンのお子さんにも多いですよね!
 
 
恐竜が好きで、恐竜の本しか読まない
恐竜の絵しか描かない…
電車が好きで、電車の本ばっかり読んでいる
電車の絵しか描かない… 
 
 
など。
 
 
このお母さんのお悩みよくわかります…。かつての私もそうでした。
 
 
私の息子は、小さい頃は電車にしか興味のない子でした…描くのは電車の絵ばっかり、読むのも電車関係。
 
 
心配になる気持ちとてもわかります。
 
 
これに対し、親野先生はこのように言っておられます。
 
 
”こういう子供はけっこうたくさんいます。男の子の場合は、このようなことはそれほど珍しくありません。自動車の本しか見ないとか、昆虫の本しか見ないとか…。
 
 
ウルトラマンやゴジラの本が好きなら、まずそれをたっぷり読んでやるといいと思います。
 
 
これは、子どもの好奇心の芽をつむことなく、満たしてあげるということだと考えます。”
 
 
ウルトラマンだとか、電車だとか、恐竜だとか、何かにだけにこだわるところ…これが実は熱中できるものがあるということなんです。 
 
 
そして、この自分の好きなことに熱中しているときこそが、熱中体験なんです。
 
 
 
 

2.子どもの頃の熱中体験がとても大切な理由

 
 
熱中できるものがある子どもは、私たち親の声かけ次第で、それを究めさせることができます。
 
 
究めさせたらよいことが二つあると親野智可等先生は著書の中でこう述べています。
 
 
①自分の好きなことに熱中する楽しさを味わうことができます。
 
この熱中体験は、人が主体的に生きていく上でとても大切です。
 
 
熱中体験が豊富な人は、自分でやりたいことを見つけることができます。そして自分であれこれ工夫して楽しみを深めていけます。子どもの頃のウルトラマンの熱中体験で、そのノウハウを身に着けているからです。
 
 
②一つのことに熱中しそれを究めると、子どもは自信を持ちます。
 
この場合でいうと、自分はウルトラマンについては誰にも負けないという自信です。子どものときにこのような自信を持つことはとても大切です。これが、自分自身への自信につながるからです。
 
 
これら二つことは、発達科学コミュニケーションで、子どもをぐんぐん伸ばすために日頃、私たちが子どもに実践していることと同じです。
 
 
発達障害・グレーゾーンのお子さんは特に、叱られたり、怒られたりしがちで、自信を無くしてしまっていることが多いのです。
 
 
自信がなくなると、やる気もなくなるし、行動できなくなってしまいます。
 
 
ついつい、もっと幅広く色々興味をもってほしいあまりに、
 
 
「なんでいつも恐竜の絵ばっかりなの?もっと違うのも描いたら…」
 
「また電車の絵描いてるの? 他のものにも興味もちなさいよ!」
 
 
など言いたくなるかもしれません。
 
 
親心で言ったつもりが、子どもは「これやってちゃだめなんだ…」「だめなことなんだ」などと自信をなくしたりやる気をなくしかねません。 
 
 
せっかくの好奇心の芽をつむことになってしまい、好きなことを究めるということも難しくなっていきます。
 
 
決して大人からみたら価値があると思えないことでも否定しないでくださいね。否定することで、いいことはなにもないのです。
 
 
発達科学コミュニケーションでは、子どもの熱中できるものや好奇心を否定せず、伸ばしていく方法を学び、実践しています。
 
 
自信を無くしている子どもには、肯定的な注目をすることで、自信をつけさせ自主的に行動できるように声かけします。
 
 
つまり、子どもを伸ばすには、親野智可等先生もおっしゃられているように、自信をつけさせることが大切です。
 
 
なので、熱中できるものや好きなことがある場合はそこを伸ばす工夫をすることで自信をつけさせてあげてくださいね!
 
 
好きなことは楽しいし、追求すればするほど知識もつきます。さらにそれに関連することをどんどん知りたくなってきます。
 
 
好奇心を伸ばす声かけや工夫で、子どもの好奇心や探求心をどんどんくすぐり、熱中体験させて、好きなことを究めさせましょう!
 
 
 
 

3.子どもの好きを応援しよう!

 
 
では、どのように好きなことをを究めさせたらいいのでしょう?
 
 
親野智可等先生は、
 
 
ウルトラマンが好きならウルトラマンショーに連れて行ったり、
 
ウルトラマンの着ぐるみをプレゼントするとか、
 
ウルトラマンのビデオを全部見せるとかウルトラマンの本を書かせるとか、
 
クイズを作らせるとか…
 
 
と言っておられます。
 
 
私たちも、子どもが恐竜が好きで絵をかいてたとしたら、
 
 
「何かいてるの?細かいところまでよく書けているね!」
 
「今にも動き出しそうな恐竜だけど、なんて恐竜なの?教えて!」
 
 
など、声をかけています。
 
 
好きなことをしているときの集中力、すごいですよね!絵を描いているときの、集中したまなざし、イキイキとして楽しそうな感じ…。
 
 
子どもは、もともと色々なものに好奇心をもつものです。その好奇心を見逃さずに、いかに伸ばしていくかが大切だと思います。
 
 
恐竜が好きなら、恐竜関係のものを展示をしている博物館に行ったり、発掘体験したり、一緒に図鑑をみたりするのもいいですよね!
 
 
子どもの熱中できること、好きなことに、興味関心をもち一緒に楽しむ。
 
 
私たち親が一緒に子どもと楽しむことで、子どもも、より興味関心をもちそれを追究していくと思います。
 
 
親野智可等先生の著書『「親力」で決まる!子供を伸ばすために親にできること(宝島社)』から「子供の頃の熱中体験が大切」というところを今日は、紹介させていただきました。
 
 
この本は、発達科学コミュニケーションに出会う前に、子育ての参考にさせていただき色々活用させていただいていた本です。
 
 
ほかにも日常生活の中ですぐに実践できることがたくさん載っておりとても参考になります。ぜひ皆さんも読んでみてくださいね!
 
 
 
 

4.聞くだけで発達凸凹キッズの子育て上手になる!親野智可等先生先生の講演会

 
 
パステル総研では、なんと、親野智可等先生をお招きして講演会を開催することになりました!
 
 
本やWebサイトで読むのももちろんいいですが、実際に会場に出向き会場の雰囲気を肌で感じながら、先生のお話をぜひ、聞いてみてください!
 
 
子どもの脳を育てたければ、お母さんが刺激を受けること…「人と会う」ことがいいのです。
 
 
私たち、トレーナーやリサーチャーも多く参加しています。一緒に、刺激を受け、ワクワクする時間楽しみましょう!
 
 
残席わずか!お申し込みは明日までとなっております。今すぐお申し込みください!
 
 
「親の気持ちが楽になれば子どもが幸せになる親力講座」
 
▶︎日時
9月14日(土)13:30〜15:30
 
▶︎場所
アルカディア市ケ谷 私学会館
〒102-0073 東京都千代田区九段北4丁目2−25
https://www.arcadia-jp.org/access/
 
▶︎費用:無料
 
 
今回の講演会では、あの人気トレーナーや総研記事でお馴染みのあのリサーチャーも参加予定です。ぜひ、交流してみてくださいね。
 
 
ぜひワクワクを体感しにきてください!みなさんにお会いできることを楽しみにしております。
 
 
▼▼お申し込みはこちらから▼▼
 
 
 
 
執筆者:愛川まいこ
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 
発達凸凹の子育てヒントを聞いて 子育て上手になろう!
「1日1分メール講座」無料で毎日情報をお届けしてます。
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-コミュニケーション, 発達障害, 親野智可等先生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.