ADHD コミュニケーション

<後編>発達障害の子どもの可能性は無限大、と教えてくれたA君の話。大人の理解とコミュニケーションを整えると子どもの発達は加速する!

更新日:

学生時代に出会った、発達障害・ADHDのA君。彼との出会いで、私は発達の世界に魅了されました。大人の理解とコミュニケーションを整えれば、子どもの発達は加速する!そんな子どもの無限大の可能性を教えてくれたA君の話、完結編です。
 

【目次】

 

1.発達障害・ADHDのA君がいない!?子どもを無限大に発達させるヒント

 
 
※こちらの記事は<後編>です。前回の記事をまだお読みでない方はこちらをご覧ください ↓↓
 
 
地獄絵図のような(私にはそう思えた)第1回目を終了した、ソーシャルスキルトレーニング(SST)の研究チーム。第2回目からはプログラムされたSSTがスタートします。
 
 
先輩や教授陣が綿密な計画を練っていたのですが、研究室に入りたてのお手伝い要員だった私は、何がどんな風に話し合われ、これからスタートしていくのか、 知る由もありませんでした。
 
 
グループ当日。前回の、注意欠陥多動性障害(ADHD)のA君尋常ではないパニックに、完全にビビってしまっていた私。正直、行きたくないな〜と思いつつ、恐る恐る子どもたちを迎え入れました。
 
 
グループが始まり、「なんだ、今日はA君おやすみか」と、A君の姿がないことに少しホッとした自分がいたことを、今でもよく覚えています。
 
 
進行役の大学院生が子どもたちの前に立ち、SSTのクラスがスタートしました。
 
 
「今日は…おやすみは一人もいませんね!みんな元気に集まってくれてありがとう!」
 
 
そう子どもたちに語りかけたリーダーの言葉を聞いて、私は「え!?」と思いました。
 
 
A君、いなくない…?
 
 
よーく子どもたちの顔を見てみたら、ニッコニコの笑顔で穏やかに自分の席に座っているA君がいるではありませんか!
 
 
同じ子なのだろうか!?私はものすごい衝撃を受けました。
 
 
頬を紅潮させて、目に入るもの、触れるものを全てなぎ倒しながら泣き狂っていたA君からは、想像もできないほど穏やかな彼がそこにはいました。
 
 
1回目の行動観察の回と2回目以降のSSTクラス
 
 
違ったのは、子どもたちの置かれた環境と、子どもたちへ向けて発せられるコミュニケーションの違いのみでした。
 
 
 
 

2.大人の理解とコミュニケーションを整えれば、子どもの発達は加速する!

 
 
2回目以降は、きちんと各自が座る席が決められています
 
 
一人、前に先生が立ち、この人に注目したらいいのだな、ということがパッと見てわかるような配慮がされています。
 
 
前の黒板には、今日の流れが書いてあり、子どもたちが見通しを持って活動に取り組めるように工夫されています。
 
 
先生に注目しやすいように、教室内には余計な装飾や掲示物はなく、周りのスタッフも、メインのリーダーが話すときは一切口を開きません。(余計な音の刺激を入れません)
 
 
子どもたち一人一人に、「君が困ったときはこの先生が助けてくれるよ」という補助のスタッフが紹介され、困ったときのサインも決めてあります。
 
 
活動中、子どもたちへのネガティブな声かけは一切なく、うまくできているところ、頑張っているところに対して、大人が肯定的な言葉をかけていきました
 
 
たったこれだけ。
 
 
環境とコミュニケーションを整えただけで、まるで別人かと思うほど、A君は穏やかに楽しそうに過ごすことができ、ゆくゆくは、このクラスのリーダー的存在になっていきました。
 
 
こんな単純なことで!?
 
 
子どもたちの可能性って本当にすごい!!
 
 
可能性を活かすも潰すも大人の理解と関わりなのじゃないか!?
 
 
A君の様子の変化は私にとって本当に衝撃的でした。そして純粋に「子どもの発達って面白い!」と心を鷲掴みにしてくれたのです。
 
 
子どもたちの未来の可能性って実はすごいのです。
 
 
今は「問題児」のように見えている側面も、子どもの可能性を信じ、理解し、環境とコミュニケーションを大人の側が変えていったら、この子たちの本当の力は無限大なのです。
 
 
よく聞く言葉なのかもしれませんが、ここには真実があります。
 
 
私たち大人の理解とコミュニケーションが、子どもたちの未来を決めていく。
 
 
そういっても過言ではないと私は信じています。
 
 
だからこそ、この事実を知って、子どもの可能性を伸ばす大人がどんどん増えていけば、幸せな子どもたちが世の中に溢れていくと信じていますし、
 
 
理解されずに悲しい、苦しい思いをしながら成長する子どもたちを一人も無くしたい!
 
 
そんな思いを強く思っています。
 
 
 
 
執筆者:石澤かずこ
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
私が心底魅了されている発達の世界。経験談も発信中です!
▼▼▼
1日1分!無料メールレッスン
「育てにくい子」の未来が変わる!
ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション
ご登録はこちら

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-ADHD, コミュニケーション
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.