Nicotto パステルキッズの明るい未来 不登校 対応

【Nicotto!限定】発達障害で不登校だった子が再登校できた!自信を回復させるフリースクールの探し方 

更新日:

発達障害の子どもが不登校になったらお母さんは不安ですよね。でも子どもに合った居場所が見つかって、子どもの能力が伸ばせたら、お母さんも安心しませんか?今回は、子どもに合ったフリースクールの探し方のポイントをお伝えします!
 

【目次】

 

1.感覚過敏のある発達障害、自閉症スペクトラム(ASD)の息子さんが不登校になった原因は?

 
 
発達科学ラボ リサーチャーのちとせさんの息子さんは現在小学5年生の10歳。小学校低学年で、グレーから軽度の自閉症スペクトラム(ASD)と診断を受けたそうで、小学校3年生の夏休み明けから不登校になったそうです。
 
 
昔から生き物が大好きで、図鑑や本を読んで何でも覚えてしまい、理科や社会などは今までの経験や知識から、テストを難なくクリアしてしまうという息子さん。
 
 
しかし感覚過敏や、対人関係の難しさで、学校にうまく馴染むことができなかったそうです。息子さんの特性と不登校になったときの様子をお伺いしました。
 
 

―ーいきしぶりになってしまったときのことをお聞かせください。サインは何かありましたか?

 
 
「小学校1年生の後半あたりからいきしぶっていて、それ以前も運動会や人の多い行事は苦手な感じでした。聴覚過敏もあり、本人が言うには教室や体育館の音の反響が苦手なようです。
 
私から見て、普通の人が見えないような生き物の動きが見えることがあると言っていたことがあるので、視覚から入ってくる情報も多く、学校生活では疲れてしまうことが多かったのだと思います。
 
小学校3年生まではたまに休んだりしましたが、送って行けばまぁ何とか頑張れるという感じでした。
 
行きしぶりのサインとしては、『苦手なタイプの友達がクラスにいて嫌だ』と言っていたり、音のことが気になったり、だんだん元気がなくなっていった感じでした。」
 
 
   
 
 
感覚過敏で学校生活に疲れてしまった息子さん。この後、息子さんが本格的に不登校になったきっかけや、フリースクール探しのポイントをお聞きします!
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, パステルキッズの明るい未来, 不登校, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.