コミュニケーション 対応

発達障害・グレーゾーンの子どものお母さんが、我が子の「専門家」になるために最初にすること〜重要なのは、〇〇を分析する視点〜

更新日:

色々と学んだり実践したりしても、子どもの発達に変化がみられず悩むお母さんは少なくありません。それは、本などの情報があなただけに向けられたものではないからです。今回は、お母さんが我が子の「専門家」になるために、最初にできることをお伝えします!
 

【目次】

 

1.子育てに真面目なお母さんが陥りがちなあることとは?

 
 
「子どもはとても素直で優しい子なのですが、最近私の顔色を伺うような様子や、悪くないのに『ごめんなさい』ということが増えてきた気がします。
 
自分が叱りすぎてしまっているから、息子がこうなってしまっているのではないかと思っています。
 
どうしても私自身がイライラしてしまいやすく、これまで、アンガーマネジメントを習いに行ったり、アドラー心理学の講演会や本で学んだり、他にも色々な子育て講座を受けてきました
 
それでもなかなか変われません。その時は少し気をつけるのですが、すぐに元の自分に戻ってしまい自己嫌悪…を繰り返してきています。」
(ご本人の了解を得て掲載しています)
 
 
私の個別相談には、この方と同じ悩みを打ち明けてくださる方がものすごく多いです。
 
 
みなさんすでに色々と学ばれて、自分なりに実践してきた真面目で、お子さん思いのお母さんばかりです。
 
 
でも、正直なところ、このやり方を続けていただけでは絶対に変わることはできません。なぜなら、本や、講演会などの不特定多数の方に向けた情報は、あなたに向けられたものではないからです。
 
 
お母さんが「それいいかも!」と実践してみても、
 
果たしてその対応が本当にお子さんにとって必要なのか?
 
そして、あなたの現状にあっているものなのか?
 
知るすべがないからです。
 
 
解決しなくてはいけない問題を知らないまま、闇雲に上部のスキルだけを追いかけても成果が出ないのは当然なのです。
(ちょっとキツイ言い方ですみません!)
 
 
だからこそ、まず最初にやっていただきたいのは、お子さんの現状と、お母さんの現状を丁寧に分析すること
 
 
その上で、必要な学びを必要な期間行いながらしっかり変わるところまで実践し続けること
 
 
これを丁寧に繰り返せば必ず悩みは改善します。 今まで学んできた知識やスキルを一旦捨ててしまう勇気を持ちましょう。
 
 
 
 

2.発達障害・グレーゾーンの子どものお母さんが、我が子の「専門家」になるために最初にすること

 
 
「うちの子は何度言ってもお風呂に入りません。
 
これは感覚過敏とか、そういうものが関係しているように思うのですが、どうしたらいいでしょうか?」
 
 
みなさんだったら、この質問にどんな風に答えますか?
 
 
もし、私の発達科学コミュニケーションの講座の生徒さんに同じ質問をされたら、私は必ず、こう答えます。
 
 
「講座の1回目で学んだ『ABC分析』をお子さんの行動を元にやってみましょう」
 
 
受講生の方は、「ああ、確かに石澤さん、良く言うな」と思いましたよね(笑)
 
 
「ABC分析って何だろう?」と思った方はぜひインターネットや本などで調べてみてください。行動心理学の手法の一つで、子どもの行動がなぜおこっているのか?を冷静に分析する方法です。
 
 
なぜ、その行動が起きているのか?
 
なぜ、何度言っても直らないのか?
 
 
その答えを考えようとしたら、そもそも「なぜその行動が起こっているのか?」原因を推測してからでないと闇雲な対応になってしまいます
 
 
例えば、お風呂の質問では、
 
 
・本当に感覚過敏からくるお風呂への拒否感かもしれない。
 
・単純にお母さんの指示がわかりにくいのかもしれない。
 
・もしかしたら、お母さんが「いつも嫌がる」と思っているだけで、冷静に観察すると スッとお風呂に入れているタイミングもあるかもしれない。
 
 
子どもの様子をよく観察することが、「どうしたらいい?」を考えるときに最初にやってほしいことなのです。
 
 
逆に言えば、
 
 
①子どもの特性をわかっている
 
②子どもの行動を分析できる
 
③分析結果に合わせたテクニックを知っている
 
 
この3つが揃えば、どんなお母さんでもお子さんの「専門家」になれるんですよ。
 
 
我が子の「専門家」になりたいけれど、どうしたらいいのか分からない。そんなときは、ぜひご相談くださいね。
 
 
 
 
執筆者:石澤かずこ
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
あふれる情報に惑わされるのは終わり!お母さんが我が子の「専門家」になれる方法をお伝えします。
▼無料で毎日情報をお届けしています

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-コミュニケーション, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.