グレーゾーン 対応

人類共通!苦手なことができるようになる仕組みを知って子どもの発達を加速させよう!

更新日:

苦手なことが多い発達障害・グレーゾーンの子どもたち。なんとかできるようになって欲しくて頑張らせるけど結局うまくいかない…。実は苦手なことができるようになる仕組みはとってもシンプル。その秘密を知ってぐんぐん発達させてあげましょう!
 

【目次】

 

1.育て方が悪いの?と自分をせめていませんか?

 
 
苦手なことが多い発達障害・グレーゾーンの子どもたち。
 
 
「友達を作ることが苦手なんです…」
 
 
お母さんからよく伺うお悩みのひとつです。なんとか周りの子と同じようにできるようになって欲しくて頑張らせるけど結局うまくいかない…そんなとき、
 
 
「育て方が悪いの?」
 
 
と自分を責めてしまうかもしれませんね。でもそれはお母さんのせいではありません!実は苦手なことができるようになる仕組みはとってもシンプル。その仕組みを「脳の発達」という切り口からお伝えします。
 
 
普段私たちが目にしている子どもの行動と、脳の発達にどんな関係にあるのでしょうか。
 
 
 
 

2.人類共通!苦手なことができるようになる仕組みとは?

 
 
オギャーと生まれた赤ちゃん。実は、一生分の脳細胞を持って生まれてきます。脳の細胞の数は、生まれたときが一番多く、年齢とともに減少していきます。
 
 
MRIという特殊な画像技術を使って生後まもない赤ちゃんの脳の写真を撮ると、脳細胞がびっしりと詰まっていることを確認できるんです。
 
 
でも、おかしいですよね?赤ちゃんにできることって泣くか、おっぱいを飲むか。どうして、たくさんの脳細胞を持っているのに、できることが少ないのでしょうか?
 
 
それは、脳の中に「ネットワーク」ができていないから。
 
 
どういうことか説明しますね。脳の中には、運動・言葉・理解・記憶…など、それぞれのエリアが細かく役割分担をしながら、お互いが連携しあって一つの物事を処理しています。
 
 
そしてそれぞれのエリアが連携して働くには、それぞれを結ぶ道路が必要なんです。それを「ネットワーク」と呼びます。
 
 
つまり、脳の中にネットワークができていることは、行動としても「できること」として現れてきます。
 
 
脳の中に「ネットワークがあること=子どもができること」なのです。とてもわかりやすいですよね!
 
 
 
 

3.発達障害・グレーゾーンの子どもたちの困り感とは?

 
 
では先ほどの「友達を作ることが苦手」という悩みにについて、もう少し詳しく見ていきましょう。発達障害・グレーゾーンの子どもたちが何に困っているのかというと…
 
 
・未経験のことをイメージする力が弱い
・見通しがもてなくて不安
・友達とのやりとりでの嫌な記憶がある
・話しかける言葉が見つからない
・話しかけるタイミングがわからない
・名前を覚えられない
・そもそもそんなに友達に興味がない
 
 
などなど…大人の側から見ると「友達を作るのが苦手」と映る子どもたちも、その子が抱える困り感はさまざまです。
 
 
実はこの困り感が「脳の特性」なのです。発達の進み具合の違い、と言ってもいいかもしれません。
 
 
心理学の考え方では、得意な力を使って苦手な力を補えばいい、という風に考えることが多いです。
 
 
それはもちろん、とても大切なことです。苦手なことばかり頑張らされたら、嫌になるのが人の心理です。でも、こんな風にも考えられませんか?
 
 
苦手なところは未熟なところ。そこの脳、発達させちゃえばいいんじゃない?
 
 
子どもの「苦手」を脳が「未発達なところ」として見てあげれば、じゃあ、そこを発達させてあげたらいい!ということになります。では、発達障害・グレーゾーンの子どもの脳を育ててあげるにはどうすればいいのでしょうか?
 
 
 
 

子どもをしっかりと肯定してぐんぐん脳を発達させよう!

 
 
それは、子どもができているところをしっかりと肯定する(ほめる)こと。親がやるべきことは、たったこれだけです。
 
 
え?苦手なところがあるんだったらそこを注意して直していかなくちゃ!と思われる方も多いと思います。でもそれはNG。否定的な注目ばかりしていては脳は発達しません。
 
 
ですから、「友達作りが苦手」という事であれば、無理に集団にいれるのではなく、まずはお母さんとのコミュニケーションを充実させることから始めましょう。
 
 
子どものできているところに注目し褒めることを続けると、だんだんと自信がついて苦手なことも「やってみよう!」という積極的な行動がでてきます。
 
 
普段からお子さんはお母さんの声かけに素直に行動できていますか?
 
 
たとえばお母さんの「お風呂に入ろうね」という声かけを聞いて、スッと動ける子は、 脳の中に「お風呂に入る」ネットワークができているということ。
 
 
「はーい」と返事はするけれど一向に行動しない子は、「返事ネットワーク」はできているけれど「お風呂に入る」という行動に移していくネットワークがまだまだ未発達なのです。
 
 
ですからこの場合は
 
 
「いいお返事ありがとう!」
 
 
とすかさず褒めます。そして
 
 
「ちょっとお風呂で遊んでみない?」
「どっちが早く服を脱げるか競争!」
 
 
 
 
など思わず子どもが行動しちゃうような声かけをしてみてください。苦手なことと好きなことを組み合わせて行動量をUPさせることで、苦手なネットワークも得意なことにつられてどんどん発達させていくことができます。
 
 
いかがでしたか?発達障害があってもなくても、子どもはまだまだ発展途上です。親子のコミュニケーションを充実させながら、ゆったりとした気持ちで寄り添ってあげてくださいね!
 
 
子どもの脳を発達させる親子のコミュニケーションをメール講座でお伝えしています。ぜひご登録ください!
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

 
 
執筆者:石澤かずこ
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

 

-グレーゾーン, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.