Nicotto 半年前から始める就学準備 幼児

【Nicotto!限定】立ち歩きに効果絶大!発達障害の1年生が○○を使って授業中の立ち歩きを1日で卒業した方法

更新日:

発達障害・グレーゾーンの子どもは多動気味だったり体幹が弱かったりして、授業中席を立ってしまうケースもあります。○○を使って立ち歩き問題を1発で解決した、驚きの方法を伺うことができました。
 

【目次】

 

1.45分間座っていられない!?小学1年生の授業中の立ち歩き問題

 
 
小学生のお子さんをお持ちのお母さんで、授業中の立ち歩きに悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
 
 
今回は、立ち歩き問題を1発で卒業させた、凄腕ママの技をご紹介します。
 
 
その凄腕ママは、発達科学ラボリサーチャー・森中さん。発達障害・注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプ小学校1年生の息子さんをお持ちのお母さんです。
 
 
もともと支援級を希望されていましたが、就学相談を経て通常級(通常学級・普通級)に入学されました。
 
 
今回、この1年を振り返って、就学相談や入学準備、入学後の先生との協力についてインタビュー!全4回でお届けしています。
 
 
第1回は就学相談、第2回は入学後の行きしぶりについてお話しいただきました。
 
 
 
 
 
第3回の今回のテーマは、小学校入学後の困りごと。森中さんも、入学前から授業中の立ち歩き問題について心配されていらっしゃいました。
 
 

――小学校入学前に一番心配だったことは何ですか?

 
 
「息子はADHDの特性を持っており、体幹も弱いです。
 
一番心配だったのは、45分間教室内で机に座っていられるかどうか、ということでした。
 
入学後、予想通り立ち歩きはあり、たまに教室を出て行ったりすることもあったようです。担任の先生によると、1年生の1学期はそういうお子さんが数人いるそうです。
 
息子の場合は事前に先生に相談していたこともあって、大きな問題にはなりませんでした。」
 
 

――45分座っていられるか心配しているお母さんはたくさんいらっしゃると思います。実際に、息子さんの担任の先生はどのような対応をとっていらっしゃったのでしょうか?

 
 
「実は、入学2週間後にあった家庭訪問で先生から立ち歩きについてお話がありました。私としては意外に言われないものなんだな、と驚きました。
 
息子は自分で戻ってくるそうなので、叱ることなくスルーしながら様子を見守ってくださいました。」
 
 

――息子さんの立ち歩きについて聞かれて、森中さんご自身は何か対応されましたか?

 
 
「先生にはそのまま様子見をお願いしました。
 
息子に対しては、本人がどう思っているか確認したくて、努めて明るく「授業中、立ってるんじゃないの~?」と聞いてみました。
 
そうしたら、『えへへへ…』と苦笑いしてごまかしていて。本人も授業中歩いてはいけないことは分かっていると思ったので、それ以上突っ込まず先生にお任せすることにしました。
 
 
 
 
◆ポイント解説
 
好ましくない行動にはスルーで対応するのは、発達科学コミュニケーションのテクニックのひとつです。
 
 
立ち歩きの基本的な対応は、追いかけて連れ戻そうとしたり、「座りなさい!」と叱ったりするのではなく、「何ごともなかったかのように」対応するのがポイントです。
 
 
そして立ち歩きをスルーする際に必ずセットで行ってほしいのが、座っているときにほめることです。
 
 
「座ってるね!かっこいいね!」と声をかけたり、グッジョブサインを使ったりしてほめましょう!
 
 
「座るとほめられる」と分かると、自然に立ち歩きは解消されます。
 
 
さて、森中さんの息子さんはスムーズに立ち歩きが解消できたのでしょうか?
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 半年前から始める就学準備, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.