グレーゾーン 幼児

発達障害・ADHDタイプのやんちゃな幼児期のお子さんと外食を楽しもう!

更新日:

せっかく外食に来たのにやんちゃな幼児期のお子さん対応に追われゆっくり食べられない!そんなことありませんか?どうせならイライラせず楽しい時間にしたいですよね! 発達障害・ADHDタイプのお子さんと家族で外食を楽しむコツをお伝えします!
 

【目次】

 

1.発達障害・ADHDタイプのお子さんとの外食はイライラタイム!?

 
 
発達障害・グレーゾーン、特にやんちゃな注意欠陥多動性障害(ADHD)傾向のお子さんを育てるママは、外食に行くのもとっても気を遣うのではないでしょうか。
 
 
ADHD傾向のお子さんは、じっとしているのが苦手です。
 
 
子どもの対応に追われてついイライラ!しかもゆっくり食べられず、味も覚えていない… なんて、日常茶飯事かもしれません。
 
 
想定外のことが受け入れられない子だと、楽しみにしていたお店に混んでいて入れない!という状況になったときに癇癪を起こしてしまうことがあります。
 
 
外食は家族の楽しみのひとつです。みんなで美味しい料理を、ゆっくり味わいたいですよね。
 
 
今回は、やんちゃな幼児期の子を連れて外食を楽しむためのコツを2つお伝えします!
 
 
 
 

2.大事なのはお店に行く前!「事前調べ」

 
 
まずは、「事前調べ」。お店の情報をあらかじめ入手しておきましょう!
 
 
お店に着いてから、お子さんがなるべくストレスを感じない環境を選ぶことがポイントです。
 
 
予約がとれるお店か?個室があるか?料理が運ばれてくるまでに時間がかかるのか?といったことは、お店を選択する際に確認しておきましょう。
 
 
予約をとっていれば、このような心配がなくなります。個室があるお店であれば、周りを気にしなくてもいいので安心です。
 
 
お料理が出てくるまでに時間がかかってしまう場合は、持ち運べる小さなおもちゃを持っていくなど、お子さんが飽きずに待てるような準備をしていきましょう!
 
 
 
 

3.やんちゃな子どもの行動がスムーズになる!「予告」

 
 
外食に行った際の流れと注意点を出かける前に、お子さんに説明します。
 
 
「お店に入ったら、しっかり席に座ろうね」
 
「お料理がくるまで、席から動かないで待ちましょう」
 
「大声を出すと、みんながびっくりしちゃうから気をつけようね」
 
 
お子さんが、しっかり状況を把握できるように説明してあげましょう。
 
 
馴染みのない場所に行くと興奮しがちなお子さんも 予告をしっかりしておけば、落ち着いて行動することができます。
 
 
実際に外食に行ったら、お子さんの行動で、できていることに注目し、たくさん褒めることをお忘れなく♪
 
 
事前調べと予告で、ご家族みんなでお食事を楽しんでくださいね!
 
 
 
 
執筆者:須藤ゆかり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
パステルキッズとの外食を数倍楽しむ方法をお伝えしています
▼毎日無料で情報をお届けしています

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-グレーゾーン, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.