コミュニケーション 発達障害

発達障害・グレーゾーンの幼児は表情に敏感!子どもとのコミュニケーションにかかせないものとは?

更新日:

自分ではそんなつもりなくても子どもに「ママ怒ってるの?」なんて言われてませんか?表情に敏感な発達障害の子どもとのコミュニケーションに欠かせないものとは? 今日からできるコツをお伝えします!
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンの子どもが表情に敏感な理由とは

 
 
 いつも自分の表情を意識していますか?
 
 
鏡を見て、「うわっ!」と思うことありませんか?
 
 
私はありました(笑)ふとした瞬間に鏡に映った自分が恐い…!!
 
 
 
 
自分ではそんなつもりはなくても、子どもに「ママ、怒ってるの?」なんて言われることも度々ありました。
 
 
そう!発達障害・グレーゾーンの子どもは表情にとっても敏感なんです!では、なぜ子どもはママの表情に敏感なのでしょうか?
 
 
それは、子どもの脳は、言葉よりも非言語情報(表情・声色・語調)が先に処理されるからです。
 
 
たとえば、子どもがふざけていて、コップを倒して床が水浸し!という場面。
 
 
あーーもう!だから言ったのに!!と心の中はイライラモード。叱りたいけれど…ここは我慢だ!!と、怒りをぐっとこらえて
 
 
「大丈夫?」と子どもに声をかける。
 
 
しかし、子どもからは「ママ、怒ってるでしょ」と言われてしまう…。
 
 
「え!?怒ってないよ」(顔がひきつる)
 
 
「でも、顔がこわいよ」
 
 
ここでお子さんが「大丈夫?」の言葉より先にキャッチしたのは、ママの表情・声色・語調といった非言語情報です。「大丈夫?」のトーンが低く顔が強ばっていたのかもしれません。
 
 
自分では感情を表に出さないように…、と思っていても案外出てしまっているものです。
 
 
また、黙っているのに「ママ、今怒ってるでしょ」と聞かれてしまう方は自分の機嫌が表情に現れてしまっている可能性があります。
 
 
もしくは、普段から子どもにイライラしている人であれば怒り顔がクセになっているかもしれません‼︎
 
 

2.子どもに「怒ってる?」と聞かれないために、今日からできること

 
 
では、どうやったら普段から穏やかな表情のママでいられるか⁉︎
 
 
それは、「笑顔を意識すること」です‼︎
 
 
 
 
本当はすごく素敵なママなのに、表情だけで魅力が半減してしまうなんてもったいないと思いませんか?
 
 
怒り顔のクセは、今すぐニコニコ顔に変えましょう!
 
 
女性であれば1日1回以上は、鏡の前に立つはず!そのときに笑顔をつくってみてください♪
 
 
意識しているうちに、明るい表情でいられるようになります。
 
 
笑顔は人を元気にする力があります。ママがいつも笑顔でいてくれたら、お子さんも家族も明るくなりますよ!ぜひ、今日から実践してみてくださいね!
 
 
執筆者:須藤ゆかり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
発達障害グレーゾーンの子どもに「怒ってる?」と聞かれないために、今日からできるトレーニング
▼無料で毎日情報をお届けしています。

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-コミュニケーション, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.