対応 発達障害

待てない子どもに叱りすぎ?「叱る」「しつけ」が通用しない発達障害&グレーゾーンの子ども達

投稿日:

発達障害やグレーゾーンの子どもたちは、待つことが苦手なケースが多く見られます。食事準備中などに急かされ、叱りすぎると最後には癇癪で大混乱!そんなママ達に、今日は私の失敗談とマイペースな子ども達に待ってもらえる3つのポイントをお伝えさせて頂きます。
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンの子どもは待つことが苦手

 
 
今を全力で生きている子ども達。
 
 
 特に発達障害やグレーゾーンの子ども達は、今、目の前にあることに対して執着するケースが多く見られます。
 
 
少し我慢して待っていればケーキが食べられるよ、と伝えたとしてもテーブルの上で見つけた小さな飴を欲しがります。結局、後でケーキも欲しがるのですが…。
 
 
また、時間感覚が身についていないため、「少し」や「ちょっと」だったとしても、「待って」という言葉だけが先行してしまい、少しが「永遠」のように感じてしまうのかもしれません。
 
 
 
 

2.しつけようと頑張りすぎていませんか?叱りすぎは子どもの成長を妨げます。

 
 
ここで、私の失敗談をお話します。
 
 
当時、私は仕事を終えてから子どもをお迎えに行き、一緒に帰宅してから夕飯準備をしていました。
 
 
もう、時間との闘いです!早く食べさせて早く寝かさないと!と、とにかく焦っていました。
 
 
「待てない!まだ!?」⇔「ちょっと待って!」のやり取りを何度か繰り返し、息子は怒り泣き。
 
 
私まで涙が出そうになったこともしばしば…。
 
 
息子は何をするにも行動し始めるのが遅い、ズバ抜けてマイペース、という特性もあります。
 
 
小学校入学までには、時間感覚をある程度身に着けることを目標としていました。
 
 
また、当時の私はダメなことはダメ!とちゃんと叱って、しつけをするべきだ!とも考えていました。
 
 
ところが、叱りすぎると状況は悪化し、癇癪を起して手がつけられなくなることが増えて行ったのです。
 
 
今思うと、本人の為には全くなっておらず、大反省です。
 
 

 
 

3.「待つ」を成功させる3つのポイント

 
 
成長と共に待てるようになります!
 
 
確かにそうかもしれません。けれど、毎日毎日このやり取りが繰り返されると、お母さんは疲れてしまいますよね。
 
 
では、夕飯が出来るまで待つ、という最終ゴールにたどり着く為にやるべきことは?
 
 
ママ達にやって頂きたいのは、たったの3つです。
 
 

◆①どのくらい待って欲しいのか具体的に伝える

 
 
私たち大人でもそうですが、「ちょっと待って」と言われると、「いつまで?あと何分?」と聞きたくなりませんか?
 
 
冒頭でもお伝えした通り、発達障害やグレーゾーンの子ども達は特に、時間感覚が身についていない子も多く、予測することも難しいのです。
 
 
そのため、タイマーを使って「これが鳴るまで待ってね」、時計を使って「この長い針がここまで来るまで待ってね」など具体的に伝えてあげて欲しいのです。
 
 
これを繰り返すことで、時間感覚が自然と身について来ます。
 
 
うちの息子の場合は、1人遊びが苦手なこともあり「これが終わるまで見ながら待っててね!」と、タイマー代わりにDVDや録画していたアニメを見せていました。
 
 

②声のトーンに気を付けて伝える

 
 
私がおすすめなのは「ラ」のトーン。ドレミファソラシドの「ラ」です。これはどんな場面でも効果抜群です。
 
 
イライラしたり、カッとなっていて、子どもに対して笑顔が向けられない事もありますよね。
 
 
そんな時は背中を向けて、声だけでも頑張って「ラ」のトーンで話してみてください。実は鬼の形相だったとしても(笑)
 
 
子どもの怒りだけでなく、こちら側のイライラも少し治まってくるというお得な手です。
 
 
人間は言葉そのものの内容よりも、ニュアンスや雰囲気、表情を読み取っています
 
 
低い声、きつい語尾、大声…
 
 
それだけで子供は恐怖を感じ取ります。表情が難しくても声だけ頑張ってみて下さいね。
 
 

◆③少しでも待てたら褒める

 
 
最後に、これは忘れないでください!
 
 
ポイントは約束の時間まで待てたら、ではなく少しでも待てたら途中でも褒めることです。
 
 
「きちんと待ってくれてありがとう。ママ嬉しいわ。」
 
 
それだけで、次は約束の時間まで待てる可能性が高まります。
 
 
待つことで褒められる、ということを学習すれば、また褒められたくなり次第に指示が通りやすくなります。
 
 
この繰り返しで、少しずつでも待てる時間は長くなってきますよ!
 
 
時間と戦うお母さん達が、ほっと一息つける時間が増えますように。
 
 
 
 
執筆者:瀬名香織
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
待つことが苦手な子どもへの声掛けポイントが満載!
「1日1分メール講座」無料で毎日情報をお届けしています。
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-対応, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.