Nicotto グレーゾーン 発達障害

【Nicotto限定】発達障害の子どもの認知能力がUPする習い事の選び方〜ピアノ編〜

投稿日:

子どもが小さいうちに習い事にチャレンジさせちゃおうかな、というご家庭も多いですよね。そこで考えるのが、いつの世も人気No.1のピアノ。ピアノって発達障害の子どもにとっていいことあるの?今回はピアノが子どもたちを発達させる理由をお伝えします。

【目次】

1.習い事人気No.1のピアノ。実は発達障害を持つ子どもたちの能力をアップさせちゃう魔法が隠れています!!
2.ピアノでこんな能力が育つ!!発達障害・グレーゾーンの子どもにとってのピアノのメリットとは?
◆その1 手先の器用さ
◆その2 聴覚の記憶
◆その3 リズム感
◆その4 ながら作業
3.ピアノで認知機能アップ!!発達障害・グレーゾーンの子どもの苦手を発達させよう。

 
 

1.習い事人気No.1のピアノ。実は発達障害を持つ子どもたちの能力をアップさせちゃう魔法が隠れています!!

 
 
子どもが大きくなったら勉強もあって時間もなくなるかもしれないし、まだ小さいうちに習い事にチャレンジしようかな?と思うご家庭、ありますよね。
 
 
そんなとき候補にあがる習い事の一つにピアノがあります。
 
 
ピアノと言えば、習い事の王道ですね。賢い子どもが育つ習い事だとか、東大生のほとんどはピアノを習っていたとか、メディアでも何かと取り上げられることの多い習い事です。
 
 
一度はピアノを習ったことがあるお母さん・お父さんも多いのではないでしょうか?
 
 
私も、最初は音楽の先生になるつもりで大学に行きましたので、ピアノは幼少期からずっと続けていました。
 
 
私はピアノ専攻ではなかったのでとっても下手でしたが、ピアノ専攻の同級生の超絶技巧を見て「すっごいな〜!」と思っていたものでした。
 
 
実は、脳科学や心理学の研究分野でも、「ピアノ」は研究テーマとして昔から注目されていて、論文などもとても多いんです!
 
 
そうやって、科学者たちが研究したいと思うほど、ピアノを弾くことには高い認知能力が関わっており、ピアノを習うことでその能力が鍛えられると考えられます。
 
 
ピアノを習うことは、発達障害を持つ子どもたちの能力をアップさせることができるんです。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.