ADHD 発達障害

どうして集中できないの?発達障害・ADHDタイプの勉強にもかかわる「不注意」とは?

投稿日:

授業参観で、わが子の落ち着きの無さっぷりにため息が出た方はいませんか?いくら叱っても態度に変化がないようなら、他に理由があるのかもしれません。発達障害・ADHDタイプの勉強にもかかわる「不注意」とは?
 

【目次】

1.どうして集中できないの?授業参観で一番目立っていた息子の話

 
 
こんにちは。秋も深まってきましたね。思えば数年前のこの時期、私は長男のとある行動について悩んでいました。それは、授業や宿題に集中できないことでした。
 
 
忘れもしない小学校2年生の授業参観。その日は4時間目の算数でした。
 
 
みんなが「背筋ピン、手はおひざ」の姿勢で授業を受けている中、息子はというと…
 
 
・机の上にだらっと寝そべっていて、ノートをとらない。
 
・消しゴムをずーっと触っている。
 
・そのうちゴソゴソ動き始めたかと思えば、今度は窓の方を見ている。
 
 
この個性的すぎる姿を見せつけられた私は、恥ずかしいやら腹立たしいやらで、涙をこらえるのに精一杯でした。
 
 
もちろん帰ってきてからはお説教。しかし、その後も毎日言い聞かせても態度が改まることはありませんでした。
 
 
学校でそんな態度ですから、自宅での宿題もうまくいきませんでした。帰宅してから宿題を促しても無視。さっさとテレビゲームを始めます。
 
 
叱りつけてようやく取り組むものの、1問といたらおもちゃ箱のところに行き、オモチャをガサガサ…
 
 
「宿題やらなかったらおやつ抜きだよ!!」と脅したり、ゲーム禁止令を出してみても、全く効果なし。
 
 
それどころか今度は宿題を拒否。日常的に反抗的な態度が目立つようになりました。
 
 
そんな私に転機をもたらしてくれたのが、発達科学コミュニケーションです。
 
 

 
 

2.発達障害・ADHDタイプの勉強にもかかわる「不注意」とは?

 
 
突然ですが、皆さんは「不注意」って聞いたことありますか?
 
 
発達障害・ADHD(注意欠陥多動性障害)タイプの子どもは、この「不注意」の症状がみられることがあります。
 
 
そもそも「注意」ってどんなことでしょうか?簡単にいうと「多くの刺激の中から注目する力、フォーカスする力」というところでしょうか。
 
 
例えばカフェでお茶を飲みながら仕事の打ち合わせをしているとします。ごく普通のことですが、これって実はすごく難しいことなんですよ。
 
 
周りの人の会話やスタッフの動き、食器の音、食品の香り、自分の飲んでいるお茶の味…
 
 
これらへのアンテナを低くして、打ち合わせだけにフォーカスしているからできることなんです。
 
 
では、先ほどの息子の授業参観の場面を振り返ってみましょう。
 
 
・この消しゴム、つるつるしてて気持ちいい。もっと触っていたいな。
 
 
・教室の壁、いろんなものが貼ってある。この前の遠足の写真だ。楽しかったな…。あ、窓の外に大好きなトンボ!捕まえに行きたいな。
 
 
・隣のクラスから音読している声が聞こえる。校庭からホイッスルの音も…
 
 
・あ、なんかいいにおい。今日の給食なんだろ…
 
 
いかがですか?発達障害・グレーゾーンの子どもは、見たもの聞いたもの感じたものが全部同じ強さで自分に訴えかけてきます。
 
 
こんなことでは、先生の声にも授業の内容にも「注意」を向けることはできません
 
 
そして、授業の内容をそもそも聞けていないのですから、出された宿題の内容を理解することも難しくなります。
 
 
お子さんが宿題にアレルギー反応を起こすのは時間の問題です。
 
 
この「不注意」は、生まれつきの脳の発達のアンバランスさからくるものです。ですから、本人の努力で対応するには限界があり、周囲の人の正しい理解が必要です。
 
 

 
 

3.大丈夫です。お子さんの「集中力」、お母さんが家庭でグングン伸ばせますよ!!

 
 
私の息子はADHDのグレーゾーンで、現在、小学校4年生です。ここで我が家の宿題の取り組みについて少しご紹介しますね。
 
 
まず、私は自宅の整理から始めました。
 
 
やはり「不注意」の特性があるので、いろいろなモノが気になって集中できないことがあります。
 
 
その為、勉強する場所の環境整備には気を配っています。といっても、そんなに大げさでなくて大丈夫です。
 
 
・宿題中はテレビを消す。
 
・外の景色が気になる窓際でやらない。
 
・オモチャやゲームなどはしまうか、見えないような場所に移動する。
 
 
こんな当たり前のことで、集中力もだいぶ違ってきます。
 
 
そして、宿題に取り掛かり始めたらすかさず褒める!!
 
 
「褒める」というと特別なことに聞こえますが、
 
「お、今から宿題するんだね」
 
「やり始めたんだね」
 
「もう一問とけたの」 など、
 
 
息子の行動をそのまま口に出すだけで、やる気や行動力もグーンとアップします。
 
 
あとは宿題する場所や時間、方法。皆さんはどのように決めていますか?
 
 
我が家の場合は、夕ご飯の後なんです。最初はかなりためらいましたが、話し合いを重ねこの時間に落ち着きました。
 
 
自分で決めた時間だからか、約束をきちんと守ることができています。
 
 
そして、息子はその日の気分によって宿題をする場所も自分で変えています。リビングだったり、勉強部屋だったり…。
 
 
集中するために音楽をかけたり、気分を上げるためにお気に入りのおもちゃを装着して取り組んだり、と。
 
 
かなり個性的ではありますが、それが彼のスタイルなので尊重しています。
 
 
ちなみに学校ではどうしているかというと、一番前の席への席替えをお願いしたり、息子の席から見える掲示物を極力減らしてもらったりしています。
 
 
そして息子が集中できている時には、先生からも褒めてもらえるように協力してもらっています。
 
 
いかがでしたか?できるだけお子さんにあった環境を整えてあげて、宿題のことでガミガミいう時間を減らしていきたいですね。
 
 
それには、親子のコミュニケーションを変えることが一番効果的です。
 
 
声かけをチェンジしてお子さんの可能性をグングン伸ばしていきたいですね!
 
 

 
 
執筆者:水本しおり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
ADHD系男子とのリアルな日常をお伝えしています↓↓
▼無料で毎日情報をお届けしています。

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-ADHD, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.