グレーゾーン 発達障害

パパのお迎えで大号泣!発達障害・グレーゾーンの子どものパニックを事前に防ぐ対応とは。

更新日:

発達障害・グレーゾーンの子どもの中には、自分が思っていたことと違う状況になるとパニックを起こしてしまう子どもがいます。幼稚園のお迎えはママと思っていたのに、パパが来たら大号泣。そんな状況を防ぐため事前にできる対応の方法をお伝えします。
 

【目次】

 

1.イレギュラーな状況が苦手な発達障害・グレーゾーンの子ども。

 
 
不安が高い発達障害・グレーゾーンの子どもの中には、急な予定変更や予期せぬ状況にパニックを起こしてしまうことがあります。
 
 
不安が高い子どもはいつもと同じ状況に安心するので、違うとなったら一気に不安が爆発してしまうんです。
 
 
普段、私たちは予期せぬ状況でも、「まぁ、いいか!」と気持ちの切り替えができるのですが、発達障害・グレーゾーンの子どもは気持ちの切り替えが苦手なことも多いのが事実です。
 
 
そのようなイレギュラーな状況に対して子どもの不安を事前に和らげる対応のコツをお伝えします。
 
 
 
 

2.幼稚園のお迎えでパパが来たら大号泣した娘

 
 
今回は、我が家の娘が年少時にあったことをお話しします。
 
 
娘は不安が高く、なおかつ気持ちの切り替えも苦手です。
 
 
幼稚園の送迎は毎日、母親の私が行っていました。ところが、ある日、仕事が休みだったパパが一緒に娘のお迎えに行くことに。
 
 
サプライズ感覚で考えていた私たちは、もちろん喜んでパパに飛びついてくるだろう…と思っていました。娘を見つけるなり、手を振ったパパ!
 
 
その時に事件が起こったのです!
 
 
喜ぶと思っていた私たちの期待は大はずれ。娘は園庭で大号泣。しかも声を張り上げて泣き叫びパニック状態です。
 
 
園中に響き渡る娘の泣く声に、クラスのママも担任の先生もびっくりするほどでした。
 
 
泣き叫ぶ娘の口からやっと発せられた一言は、「なんでパパがきたのぉ〜!」。
 
 
しばらくパニックの状態が続き、抱き抱えて幼稚園をあとにしました。
 
 
予想もしなかった娘のパニック。パパはもちろん、私もショックでした。
 
 
 
 

3.感情ではどうすることもできない思い

 
 
パパが嫌いだからお迎えが嫌!ではないことをわかってあげてください。
 
 
一見矛盾を感じてしまうような状況ですが、気持ちの問題でコントロールが出来ないことは本人が一番困っています。
 
 
時に誤解を与えてしまうこともあるでしょう。
 
 
しかし、子どもが発した言葉だけを受け取るのではなく、心の中の状況に寄り添ってあげることが大切です。
 
 
子どもが不安になっている状況の真意を考え接してあげることにより、こじれた感情を紐解いてあげることができます。
 
 
ママがお迎えに行けないときに気軽にパパに頼めるようになったら助かりますよね。
 
 
 
 

4.パパがお迎えに行っても不安にならない対応方法とは。

 
 
自分ではどうすることもできない不安という特性を持つ娘。そんな娘に対して我が家で行った不安を和らげるための対応のコツをご紹介します。
 
 

◆①事前予告をする

 
不安や気持ちの切り替えが苦手な発達障害・グレーゾーンの子どもにはとても良い効果を発揮します。
 
 
朝、子どもが出かける前に
 
「今日はパパとママが一緒にお迎えに行くからね」
 
「今日はママはお仕事だから、パパが一人で幼稚園に行くよ」
 
というように、事前にあり得る状況を子どもに伝えてあげる方法です。
 
 
この事前予告をすることにより、子ども自身が見通しを立てられるようになり、状況を理解できるようになります。
 
 
状況を理解することにより、子どもも安心できるので効果的です。
 
 

◆②ママのお迎えでなくても楽しいことがある!

 
 
それはずばり…ご褒美という名の楽しみ。
 
 
このご褒美には賛否両論ありますが、我が家ではとても効果がありました。
 
 
幼稚園に行く前にパパが行く事を伝え、
 
「帰りにパパがアイス買って帰ろう!って言っていたよ」
 
「パパが帰りに公園に連れて行ってくれるって」
 
というように、パパがお迎えに行くと楽しいことが待っているというもの。
 
 
ご褒美はお菓子とかではなく、公園遊びとかでもいいですね。
 
 
パパがお迎えに来てくれると楽しいことがあるんだ!ということに子どもの記憶が結びつけば良いので、子どもが喜ぶ楽しみを親子で考えてみるのもいいですね。
 
 
ご褒美だって途中からなくても大丈夫になりますよ!
 
 
実際、この方法を試し、我が家ではパパのお迎えを克服しました。
 
 
子どもが大好きなパパなのに、お迎えに行けないなんてもったいないですもんね。パパだけが難しいようなら、はじめはママも一緒にお迎えに行ってくださいね。
 
 
素敵な時間になるよう応援しています。
 
 
我が子に行った対応が、あなたの解決のヒントになれば幸いです。
 
 
 
 
執筆者:みずおち梨絵
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
グレーゾーンの幼児の行動を引き出す情報を公開中!
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.