中学校生活のリアル 中学生 発達障害 進路の選び方

発達障害・グレーゾーンの子が中学生になる前に、お母さんができる進学準備とは?!

更新日:

発達障害・グレーゾーンの小学生を育てているお母さん、お子さんが中学生になる前に、何か準備されていますか?何となく不安を感じているけれど、何をしたらよいのかわからないなら、ぜひこの記事を読んでみていただきたいと思います。
 

【目次】

 

1.小学校では通常級で問題なかったから中学生になっても大丈夫?

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもが中学生になったときのことを想像できますか?
 
 
ここでは、私の反省も踏まえつつ、グレーゾーンの子が中学進学前にやっておきたいことをお伝えしたいと思います。
 
 
我が家の息子は小学校を通常級で過ごしました。担任の先生の温かいサポートと理解あるお友達に囲まれて、いつもニコニコと楽しく通っていました。
 
 
中学校も、なんの迷いもなく通常級に進んだのですが…
 
 
小学校と違い、全教科の先生に発達の特性を理解して対応してもらうことは難しく、成績表は目を覆いたくなるような数字が並んでいました。
 
 
毎日がHappyタイプの息子は楽しく学校に行ってはいましたが、人知れず自信を失っていたことは間違いありません。
 
 
実は、発達障害・グレーゾーンの子は、中学校という今までと違った環境の中で、自信を失う機会がとても多くなります。
 
 
なぜかというと、中学校では高校進学にむけての「評価」が本格的にスタートするからです。勉強も生活態度も評価基準にそって順位をつけられます。
 
 
グレーゾーンの子にとってはこの「評価」が大敵です。発達の特性による苦手により、厳しい評価をされてしまいがちで、どもは自信を失い、お母さんは大慌て!!
 
 
本人の努力でなんとかなることと、そうでないことがグレーゾーンの子にはあるのです。
 
 
 
 

2.中学生の発達障害・グレーゾーンの子への支援の難しさ

 
 
発達の特性によって「できないこと」がある場合は、学校のサポート状況を調べてお子さんの良さを伸ばせる進路を検討しましょう。
 
 
 中学でのサポートは自治体や学校によって違いますが、支援を受け始めるのには時間がかかるので早めの行動が肝心です。
 
 
息子が通う都内公立中学では、通常級に通う発達障害・グレーゾーンの子のために、週に1回、支援員さんが学校に来て「取り出し授業」を行ってくれます。
 
 
「取り出し授業」とは、特に苦手な授業を個別に指導してもらう制度です。
 
 
息子のように不注意傾向が強く、先生がワーッと喋った内容をうまくキャッチしきれない子には、ありがたい仕組みです。
 
 
私は息子のため、学校に発達の検査結果を持って支援要請をしても、なかなか取り合ってもらえませんでした。
 
 
なぜなら、息子はただ忘れ物が多く、成績が悪いだけで、授業の進行に悪影響がないからです。授業中歩き回るわけでもなく、先生の授業進行を妨害するわけでもない。
 
 
それよりも反抗期真っ盛りのリーダータイプの子の対応に手を取られるため、「他に手がかかる子は、もっといますから」と言われて対応してもらえず…
 
 
その年は学校を頼るのを断念しました。
 
 
その後、2年生に進級し、担任の先生もスクールカウンセラーも変わったのを機に、もう一度検査結果を持って相談に行きました。
 
 
そこでやっと、区の特別支援検討委員会にあげてもらうことになったのですが、これにとても時間がかかるのです。
 
 
我が家の場合、夏休み前に学習の支援を申し入れて、区の検討会に上げてもらえるのが12月、検討会で通れば3月以降の支援スタートになります、と言われました。
 
 
その後、我が家は運良く早めに支援を受けるチャンスをもらいましたが、申請しても通らないお子さんもいると聞きます。
 
 
また、中学生になると、特別なサポートを受けていることを周りに知られるのを嫌がる子も出てきます。そのため、申請が通ってもお子さんの意思で支援を受けない選択をするケースもあります。
 
 
 
 

3.お母さんができる中学準備、お子さんが困らないための2つの対策

 
 

◆対策1 お子さんの「得意」「不得意」をお母さん自身が理解できるようにしておく!

 
 
発達検査を受けたことがないなら、できること・できないことの凸凹を把握するために受けるてみるのも、一つの方法です。 
 
 
検査や観察でお子さんのことが分かったなら、何をどのように伸ばしていくか戦略を立てましょう。 
 
 
困りごとがあるとどうしても、「できないこと」から対応しようとしてしまいがちですが、発達障害・グレーゾーンのお子さんにとって、そのやり方は実を結びません。 
 
 
「得意」と「苦手」をしっかり理解して、「得意」から伸ばしてあげるという、今までにない新しい子育ての視点が必要になります。 
 
 
また、お母さんがお子さんの特性を知って、学校の先生に根気強く伝え続けることも大切です。 
 
 
支援を活用しないにしても学校の担任の先生には、我が子の“取り扱い説明書”を共有してみると良いでしょう。 
 
 

◆対策2 お子さんの「自信」をお家で満タンにしてあげておく!

 
 
中学校に入ると、勉強も生活態度も基準に沿って「評価」される環境に変わります。この「評価」が実は曲者で、子ども自身の自信を失わせる原因になるのです。
 
 
外で自信をつけることができない子は、どこで自信をつければいいのでしょうか?
 
 
それがズバリ「家」なのです。
 
 
グレーゾーンの子の支援は現在の日本では十分とは言えません。家庭に丸投げされているのが現状です。
 
 
だからこそお母さんに子どもの発達を加速させる対応をマスターしてもらいたいのです。
 
 
発達に欠かせないのが自信。自信がない子は自立できません。将来を見越した時に一番大切になるのは子どもの「自信」す。
 
 
もし今、お子さんの発達の課題が原因で、親子関係がギクシャクしているのなら、迷わずにお子さんを伸ばすための対応を手に入れてほしいと思っています。
 
 
具体的にどうすればいいの?と思われた方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。
 
 
中学校生活はたったの3年しかありません。その時になって焦らないように、今から準備を進めてみませんか?
 
 
まとめ 明るい ビー玉
 
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
困りごとにとらわれない!「得意」を伸ばす対応がわかる情報配信中です。
▼ご登録はこちらから!

-中学校生活のリアル, 中学生, 発達障害, 進路の選び方
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.