ADHD 幼児

発達障害・ADHD傾向のきょうだいがいても、〇〇ルールを使ってきょうだいまるっと育てていきましょう!

更新日:

発達障害・ADHD傾向の子どもがいると、ついその子ばかりに目が行き、他のきょうだいを忘れがち…。そんなお悩みはありませんか?好ましい行動に注目して肯定のチャンスを逃さずにいれば、大丈夫!きょうだいまるっと育てていく方法、お伝えします。
 

【目次】

 

1.お姉ちゃんがADHD傾向、つい姉ばかりに目が行ってしまい…。

 
 
我が家には、4歳の娘と1歳の息子がいます。二人ともとても活発なタイプですが、娘は特におてんばで、いわゆるADHD(注意欠陥多動症)グレーゾーンです。
 
 
赤ちゃんの頃から行動が激しく衝動的で(思い出すと、新生児の頃からズリズリ動いていました)、一瞬でも目を離すと危なっかしい…
 
 
幼稚園に入園し4歳になり、そんな特性も随分落ち着いてきた娘。でも、この4年間、目で、足で、娘を追いかける能力を身につけた私。現在1歳の息子を抱っこしていても、「あれ、〇〇くんどこ⁉︎」と探してしまうほど、息子のことを忘れがちなのです。
 
 
発達障害やグレーゾーンの子どもに限らず、上の子のことを気にかけるあまり、下の子のことを後回しにしてしまう…そんなお悩みをお持ちのお母さん、きっといらっしゃるのではないでしょうか?
 
 
 
 

2.発達障害・ADHD傾向のお子さんには、肯定的な注目を増やすことが大切!

 
 
ADHD傾向のお子さんは、決して本人には悪気はないのですが、激しさや衝動性から行動が目立ちやすいです。そして、行動が目立つということは、誤解を受けて叱られやすいのです。
 
 
そんな特性をもつ彼らにとって大切なことは、肯定的な注目を増やすこと!
 
 
脳は、情報を受け取ったらまず、ポジティブな情報かネガティブな情報かをラベリングします。そして、ポジティブな情報は耳を傾け、ネガティブな情報はシャットダウンします。
 
 
「〇〇しないよ」「それはダメ!」という言葉を浴びせられやすいADHD傾向の子どもは、自信をなくしがちですし、否定的な言葉やお母さんの怖い表情(=ネガティブな情報)を見ると、それだけで脳はシャットダウンしてしまうのです。
 
 
逆に、好ましい行動にのみ注目して、「それいいね!」「上手だね!」「頑張っているね!」という肯定的な言葉を笑顔(=ポジティブな情報)で伝えてあげると、驚くほどスッと受け入れますし、こちらの話を聞こうという気になってくれます。
 
 
肯定的な注目を増やすことで上の子が落ち着いた状態を作り、下の子にも同じように肯定的な言葉のシャワーを浴びせてあげましょう。
 
 
我が家の場合、最近では、娘の弟への声かけがとても上手になっていて、私が気づかないことまでしっかり見て、よく褒めてくれています。
 
 
 
 

3.〇〇ルールがオススメ!褒めのチャンスをどんどん作りましょう

 
 
肯定的な注目を増やす、とは言え、そんなに褒めることなんてありません!とお思いのお母さん!大丈夫です。私が子どもたちに実践したテクニックを一つご紹介します。
 
 
その名も、「25%ルール」です。
 
 
何かが完璧にできた時を待って褒めるのではなく、今やっていることをこまめに褒めることで、褒めるチャンスを増やすのです。100%ではなく25%ずつに分解して褒めるイメージです。
 
 
例えば、「お着替え持ってこられたね!」「もう上の服脱いだんだね!」「シャツ、向きを間違えずに上手に着られたね!」「ズボンはあっという間に着替えちゃったのね!すごいなあ!」といったように、できていることを言葉にして伝えて、やる気をさらにアップさせていくのです。
 
 
息子はまだ1歳なので、自分一人でできることはまだまだ少ないですが、この「25%ルール」を使うことで、褒め逃しがなく、今できていることをたくさん肯定してあげられています。
 
 
子どもたち二人がいるときにこの声かけをすると、競い合うようにあっという間にやり遂げていることもありますよ。
 
 
肯定的な注目を増やして、きょうだいまるっと発達させていきましょう!
 
 
 
 
 
執筆者:貞永りか
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
発達凸凹があっても、きょうだいまるっと発達させるワザ、公開中です
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-ADHD, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.