コミュニケーション 対応

発達障害のあるなしにかかわらず、親子のコミュニケーションをスムーズにして、正直な子どもに育てよう!

更新日:

我が子が嘘をついている!?と思った時、あなたはどんな対応をしますか?怒ったり叱ったりしなくても、親子のコミュニケーションをスムーズにするだけで、子どもが嘘をつくことはなくなりますよ。
 

【目次】

 

1.ショック!我が子が嘘をついている!?

 
 
突然ですが、あなたのお子さんは嘘をつきますか?嘘をつくことって、一般的に「悪いこと」ですし、純粋で可愛らしい我が子が嘘をつくようになったなんて!とショックを受けてしまいますよね。
 
 
まさしく、私がそうでした。発達障害・ADHDグレーゾーンの4歳になった娘が、明らかに嘘をついている!
 
 
些細なことだけれども、今すぐ、「嘘はいけません!」と正さないと、いつも嘘をつくような子になるのではないか…。ショックと将来の不安でいっぱいでした。
 
 
「嘘」と一口に言っても、
 
・願望や空想の嘘(例:お人形さんが喋ってるね)
・叱られないようについた嘘(例:僕じゃなくて弟がやったの)
・相手に心配をかけないようにつく嘘(例:痛くないよ!大丈夫だよ!)
・関心を引くためにつく嘘(例:100点とったけど、そのテスト落としてきちゃった)
 
など、様々な種類があります。中には、親が「許せない!」と感情的に思ってしまうほどの嘘をつく場合もあるかもしれません。
 
 
そもそも、なぜ子どもは嘘をつくのでしょうか?
 
 
大人は経験から知恵を働かせ、解決方法を調べたり考えたりして問題解決できます。しかし、子どもには問題を解決する能力がありません。それで、自分を守るためについ、嘘をついてしまうのです。
 
 
子どもの嘘を目の当たりにしたとき、大人は「小さな頃から正直な子に育てなければ」という思いから、語気が強くなってしまいがち。でも、その対応ではかえって逆効果かもしれません。
 
 
では、どのように対応したら良いのでしょうか?叱ったり怒ったりしなくても、親子のコミュニケーションがスムーズであれば、子どもは正直に成長していきますよ。
 
 
 
 

2.正直な子に育てるカギは、日頃から怒らず叱らず、親子のコミュニケーションをスムーズにすること

 
 
今の話は明らかに嘘だな…と思った場合にも、責めるのではなく、まずは「へー、そうなんだね〜」と聞き流し、詳しく話してくれるのを待ちます。
 
 
「正しい」「間違い」のジャッジをしないことがポイントです。
 
 
また、特に幼児の場合、言語の発達が未熟ですので、言葉で完璧に説明できるわけではありません。
 
 
子どもの話をすべて鵜呑みにするのではなく、幼稚園での出来事ならば、先生に相談して事実を確認するなど、第三者からの情報も得て考えることも大切です。
 
 
そして、一番大切なことが、「ママに話してくれてありがとう」と、伝えること。たとえ話の中身は認められない内容だったとしても、話をしてくれたという事実を肯定します。
 
 
子ども自身、本当は違うけど…という違和感を抱え、怒られるのではないかと思いながら話していることもありますので、ママから「ありがとう」と穏やかな返事がくるととても安心します。
 
 
我が娘は、明らかに買った覚えのないシールを幼稚園から持ち帰り、「これは自分のものだ」と言い張りました。
 
 
そのとき、「ふーん、そうなんだ」と内容をジャッジすることなく話を聞き、「持って帰ってきたこと、ママに話してくれたんだね。」と伝えました。
 
 
本人も嘘をついていることはわかっているので、そわそわとしていました。
 
 
こちらがどんな話も受け入れるような雰囲気を作っておくと、「誰も持ち主がいなかったから、可愛いシールだと思って欲しくなっちゃったんだ」と、わけを自分から話してくれました。
 
 
ここですかさず、「そうだったんだね、欲しかったよね。よく話してくれたね!」「でも、〇〇ちゃんのではないから、明日先生に返そうね。」と伝えました。
 
 
すると、すっと納得したようで、結果次の日、自分で返しにいったのです。
 
 
子どもが、「怒られるかな…」と思うような話しにくいことでも正直に話してくれるようになるためには、日常の親子のコミュニケーションがスムーズであることが大切です。
 
 
「お母さんにはどんなことを話しても、私自身が嫌われることはない」という安心感を持っている子どもは、一見怒られそうな内容の話も嘘なく話してくれるものです。
 
 
日頃から、話の内容ではなく「話してくれたこと」に注目して、肯定し、親子のコミュニケーションをスムーズにしていきましょう!
 
 
 
 
執筆者:貞永りか
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
親子のコミュニケーションをスムーズにする方法、ここにあります!
▼ご登録はこちらから!

Nicotto!塾生募集中

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-コミュニケーション, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.