グレーゾーン 発達障害

思ってたのと違う…そんな子育てが笑顔に変わる!発達障害・グレーゾーンアスペルガータイプの子どもの困り感を減らすためにお母さんのできること

更新日:

 

発達障害・グレーゾーンアスペルガータイプの子どもは集団生活が苦手なことが多いですよね。園でもなかなかうまくいかない…。そんな息子が急成長したのには理由があります。困っている子どもをお母さんの力で笑顔にかえていきましょう!
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンアスペルガータイプの子育ての現実。息子の園生活で先生に期待していたこと

 
 
私は、5歳の男の子と3歳の女の子を育てています。私は、看護師として約10年、子どもから大人までの看護をしてきました。
 
 
その中で、体のことはもちろん、心のことも学んできたので、子育てに活かせるとワクワクしながら子どもを育てを始めました。
 
 
ところが、思っていた理想とは、違う現実が待っていたのです。私… 長男のことが、全然分からない。
 
 
私が思う男の子は、
 
・元気いっぱいでどこでも走り回る!
・仲間とおもいっきり遊ぶ!
・危険なことでもチャレンジしてしまう。
・ケガもたくさんするんだろうなぁ…
 
そう思っていました。
 
 
ところが、どっこい。児童館や公園などへ連れて行っても私から離れず…。
 
 
それなのに、話し出したら止まらない。それも、ネガティブなことばかり。しかも記憶力は抜群!でも、行動はいつもワンテンポ遅れてしまう。
 
 
それでも、集団に入ればなんとか、うまくいくと思っていた私…。しかし、何もできなかった我が子…。
 
 
そんな我が子でも、園の先生が上手に促してくれればできるようになる!先生にお任せすれば…と思っていました。でも現実は、違いました。
 
 
園の先生は、
 
「切り替えができないんです…」
「指示が一度で入らないようで、ほかの子はできることなんですけど…」
「できるのに、やらないんですよね…」
 
など、できなかったことや今日あったことを教えてくれるだけ。
 
 
私が何を家庭でやったらいいのか?どうしたら、今の状態を改善できるのか?ということは教えていただけませんでした。
 
 
そりゃそうです!先生は、教育のプロであって発達支援のプロではないですもんね。
 
 
今思えば当たり前ですが、その当時の私は、先生を頼りにして、すがっていたのです。先生から、子どもが成長するための一手をくれるものだと信じていたのです。
 
 
 
 

2.発達科学コミュニケーションに出会い、私が変わったことで息子が成長したこと

 
 
発達コミュニケーションと出会う前の私はというと、何も変わらない子どもを見てイライラ。
 
 
どうして、みんな私に何も教えてくれないの!?途方にくれていたそのとき、発達科学コミュニケーションと出会いました。
 
 
発達科学コミュニケーションで学んだことを実践していると、まず私自身が落ち着いて余裕をもって子どもと接することができるようになりました。
 
 
すると、息子が急成長したのです!息子が夢中になれることも見つけることができ、息子の得意分野をもっと伸ばしたい!
 
 
私が、なぜここまで変われたのかというと、他人任せではなく、私自身が知識を身につけて、この子を伸ばしていくしかないと気づことができたからです
 
 
私が学んで変わらなきゃいけない!私がやるしかない!と変わることができました。
 
 
そして、息子の今後を楽しみに思えるようになっていたのです。
 
 
 
 

3.発達科学コミュニケーションを学び、園での先生とのコミュニケーションを通して感じたこと

 
 
それからは、園での息子の生活を先生に聞き、息子の気持ち・特性を考慮た上でどうしたら園での生活が楽しく過ごせるかを、先生とともに対策・対応方法を考えるようになりました!
 
 
親と先生が連携して取り組むことができ、息子は園での苦手なことも少しずつ取り組むようになりました!
 
 
また、困ることが出てきたら、その都度、話し合うようにしました。
 
 
大切なことは、なによりもコミュニケーションを取ることなのです
 
 
日々、先生とコミュニケーションをとりながら情報を共有していくことです!先生とお話する中で、感じたことがありました。
 
 
先生も一人一人の子どものことを、一生懸命考えて下さっている。それでも、発達支援については、知識が十分とはいえない。だからどうしたらいいか、悩んでいることが多いということ。
 
 
近年、発達障害・グレーゾンの子が急増してるといわれています。一見、問題のないように見られることも多いですが、困っているのは、子どもなのです。
 
 
まさに息子は、周りの人には迷惑をかけたりするタイプではありません。しかし、本人の心の中は、不安でいっぱいだったり、自信がなかったり…。
 
 
そういった状態になっていることを分かってあげられるのは、一番そばにいるお母さん!あなたです。
 
 
このタイプって、一筋縄ではいかず難しいと感じているお母さんは多いと思います。
 
 
そんなお母さんたちに、少しでも早く、子どもの得意を見つけて、笑顔で子育てをしてほしい、頑張っているお母さんに知ってもらいたい。
 
 
私は、本当に子どもの発達についての勉強をしてよかったと思っています。
 
 
お母さんが自分の子どもの専門家になる!
 
 
そんなお母さんが増えていったら、子どもの毎日は、イキイキ、楽しいものになっていくのではないでしょうか。
 
 
子どもの一番近くで頑張っているお母さん!子どもの得意をどんどん伸ばしていきましょう♪お母さんと子どもの明日が笑顔になるように応援します。
 
 
 
 
執筆者:今村 裕香
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
アスペルガータイプの子どもの困り感を減らし笑顔で過ごせるためのポイント公開中!
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.