グレーゾーン コミュニケーション 年末年始

マイペースに見える障害・グレーゾーンの子どもは冬休みの「遊び」でやる気を引き出そう!

更新日:

発達障害・グレーゾーンの子どもが、マイペースに見えるのは脳の特徴が関係しています。「自分で考えて」ということそのものが難しいタイプの子には、指示出しが効果的!さらに体験型の遊びを取り入れて、子どものやる気を引き出しましょう。
 

【目次】

 

1.発達障害の子どもがガッツを出して奮起しない理由

 
 
もうすぐ冬休みですね。長期休みに入る前にまとめのテストがある子も多いのではないでしょうか?お子さんはテストに向けてどんな様子ですか?
 
 
「前回より良い点とるぞ!」「練習問題、間違えて悔しい!」と口にする子、全くそんな発言をしない子、さまざまだと思います。
 
 
さて、今日は「子どものやる気」についてのお話です。「うちの子がガッツを出しているところを見たことがない!」というお母さんはおられませんか?
 
 
私も息子が、部活の試合で「次こそは勝つぞ!」や、テストで「次こそはいい点とるぞ!」など、奮起している場面に遭遇したことはありません。
 
 
長期休みの間も、宿題の「量」とか「期限」をまったく気にせず毎日のんびり過ごします。
 
 
学校が始まっても変わらずのマイペース。せっかくやった宿題の提出だってうっかり忘れ、定期テストがせまっていても焦る気配も見せません。 
 
 
結局、家でも学校でも、「ちゃんとしなさい!」と言われる始末…。お母さんのイライラは募るばかりですよね。 
 
 
「超」のつく負けず嫌いの私には、息子が奮起しない理由がいつもわからず、「えーっ!どうしてその状況でガッツを出そうとしないんだ?!」と感じていました。
 
 
もどかしくて、「もっと気合い入れなよ!」なんて言ってしまうこともありました。
 
 
でもここで、知っておいてほしいことがあります。ガッツが出せないのは気合いのせいではありません!決して意図的に怠惰にしているわけでは無く、発達障害の特性の1つなのです。 
 
 
発達に凸凹のある子の中には、ガッツが見えやすい子もいますが、いつまで待ってもガッツが見えてこない子も結構多いのです。 
 
 
 
 

2.脳の特徴がマイペースに影響?!

 
 
子どもが自分からやる気を出さない理由の1つには、脳の特徴が影響しています。 学習障害(LD)や、自閉症スペクトラム(ASD)の子どもには、マイペースな子どもが多いです。 
 
 
そのような子の脳は、感情をつかさどる部分の発達がゆっくりしていて、特に、他人の気持ちよりも自分の気持ちを感じる部分が弱いという特徴があります。  
 
 
怠けているわけではないのに、自分の中に燃え上がるようなファイトがそもそも湧きにくかったり、湧いていても、自分でそれをキャッチする働きが弱かったりします。そのためにマイペースな感じに見えてしまうのです。
 
 
実は以前の私は、子どもの年齢が上がるにつれ、「自分で考えて行動してほしい」という子どもの理想像を描いていました。
 
 
もちろんそれができる子どもは自分で考え、実行することで、成長と自信を手にしていきます。
 
 
でも、発達の特性のある子どもの中には「自分で考えて」ということそのものが難しいタイプの子がいます。 
 
 
それを知らずに「難易度の高いことを求めてできなかったときに怒る」これが昔の私の姿でした。
 
 
発達科学コミュニケーションを学び、子どもの特性を理解して初めて、子どもができること以上を要求する対応では効果がないことを知ったのです。 
 
 
 
 

3.マイペースな子には、ストレスを与えない指示出しを!

 
 
では、そんな子どもにはどうやって向き合っていくのが良いのでしょう?
 
 
接し方のコツは、子どもにストレスを与えない指示出しをすることです。
 
 
まず大切なのは、「どうしてできないの?」「何度言ったらわかるの?」というお母さんの感情を封印することです。 
 
 
感情に流されず淡々と次にやることの指示を出し、1つずつ出来るたびに褒めましょう♪お母さんがフラットモチベーションを保つことで、子どもは行動に移しやすくなります。
 
 
さらに行動に移したことで、褒められる。この繰り返しが子どもにチカラを発揮させるシンプルなコツです!
 
 
怒ったり急かしたりせず、お母さんも淡々と1つ1つにフォーカスして「次はこれだよ」と指示を出しましょう。
 
 
正しいやり方ですれば、指示を出すことは悪いことではありません! 
 
 
指示ばかりの会話はもちろんNGですが、肯定的なコミュニケーションを重ねた上の、わかりやすい指示は子どもを発達させるのに必須です。 
 
 
 
 

4.子どものやる気を呼び起こすには、体験型の遊び!

 
 
子どもに指示を出すといわれれば、すぐに勉強に関する指示が思い浮かぶかもしれません。勉強の遅れがある発達障害・グレーゾーンの子なら、お母さんは勉強をさせようと焦りがちですよね。 
 
 
でも、勉強が苦手な子どもに、勉強を強化するだけの声かけをしてもやる気を見せてはくれません。
 
 
ではどうしたらいいのか?子どものやる気を呼び起こす方法、それは「遊び」です!
 
では、なぜ遊びが大事なのか?どんな遊びを選ぶのが良いのか? 
 
 
「遊び」には、「言葉を使った言語系の遊び」と「言葉を使わない非言語系の遊び」の2種類があり、どちらも大切です。 
 
 
でも、勉強が苦手な子どもの脳をガラッと発達させたいと思ったら、屋内で体をあまり動かさずにする言語系の遊びより、屋外で目や体を使って感じる非言語系の遊びがおすすめです。
 
 
非言語系の遊びとは、アスレチック・キャンプ・釣り・収穫などいわゆる「体験型の遊び」です。
 
 
「空気を読む」「はっきりと言葉で示されないことを理解する」など、発達がグレーの子どもたちが、どちらかと言えば苦手にしていることを伸ばすことができます。
 
 
発達障害の子どもは、コミュニケーションを始めとした様々な社会経験が少ないため、自分の気持ちや感情を意識する機会が少なくて、マイペースになっているとも考えられます。
 
 
非言語の脳の領域は、残念ながら年齢が上がれば上がるほど日常の生活では刺激しづらく、どうしても苦手が苦手なまま残りやすくなってしまいます。 
 
 
だからこそ冬休みには、初詣餅つきなどの行事やウィンタースポーツなど、非日常の体験をするチャンスを活かしてほしいと思います。 
 
 
遊びの提案も指示の1つです。普段使っていない脳の領域を刺激して、マイペースな子どものやる気を引き出しましょう! 
 
 
昔の私は、長期休みが来るたびに息子の宿題の計画を立て、スケジュール通りに子どもにやらせようと躍起になっていたタイプです。 
 
 
でも、息子の脳にとっては逆効果になることがあると知り、方針を変え、体験型の遊びを意識的に取り入れるようになりました。 
 
 
自分では良かれと思ってやっていることも、発達科学コミュニケーションの観点から見ると、逆効果のコミュニケーションになってしまっていることが意外と多いことを、知ってほしいと思います。 
 
 
 
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
効果的な指示の出し方も発達科学コミュニケーションで学べます!
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

-グレーゾーン, コミュニケーション, 年末年始
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.