グレーゾーン 発達障害

冬休み明けの登園しぶりを防ぐ!不安の高いASD傾向のある発達障害・グレーゾーンの幼児の心を満たす対応とは

更新日:

発達障害・グレーゾーンの幼児がいるお母さんの心配の1つに冬休み明けの登園しぶりはありませんか?大好きなお母さんとずっと一緒に過ごす楽しい冬休みが終わり、子どもの不安が高まる時期です。そんな時に効く子どもの心を満たす対応をご紹介します。
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンの幼児の登園しぶりはなぜ起きる?

 
 
発達障害・グレーゾーンの幼児に多い登園しぶり。特に休み明けの新学期は幼稚園の門の前でお母さんにしがみついて泣いている子をよく見かけます。
 
 
登園しぶりをする理由はさまざまですが、特に不安の高いASD傾向の強い幼児は長い休みを安心できる家庭で過ごし、休み明けに園に行くことに不安を感じていたりします。
 
 
また、大好きなお母さんと離れるのが嫌だという場合や、休みの気分が切り替えられず登園しぶりに繋がることもあるでしょう。
 
 
たとえ慣れた幼稚園でさえ、長期の休みが入ることにより振り出しに戻ってしまうことも!
 
 
お母さんとしては、冬休み明けともなれば一年の3分の2を過ごし慣れ親しんだ先生やお友達がいるのに、なぜ今さら登園しぶりを?と思いますよね。
 
 
しかし、発達障害・グレーゾーンの不安の高い子どもはそんな今さらなんて言葉は通用しないんです。
 
 
今回は、今さらなんて言葉は無縁の登園しぶりをする子の不安を和らげる対応をご紹介します。
 
 
 
 

2.娘の登園しぶりに悩んだ日々

 
 
我が家の娘は現在幼稚園の年中さんです。不安の高いASD傾向があります。
 
 
娘は幼稚園でも有名な登園しぶりの常連でした!そんな我が子は入園後にはもちろん、長期の休み明けには儀式のように登園しぶりをしていました。
 
 
幼稚園に行く日は泣き叫び、身支度もしない、とにかく行きたくない!を繰り返す毎日。
 
 
寝る間際に娘から「明日行きたくない!」と言われ、その言葉を聞くたびに翌日が怖くて冷や汗をかいていたのを思い出します。
 
 
今さらなんて言葉は通用しない!というのは娘のためにある言葉のように感じています。
 
 
幼稚園に行きたくない理由を聞いてもいまいちぴんとこない理由ばかり。これではどう対応していいのか困りますよね。
 
 
実際、発達障害やグレーゾーンのお子さんは自分の思っていることを言葉にして伝えることが苦手な場合があります。
 
 
幼児は頭の中や心の中で感じている不安を、言葉にして伝えるだけの語彙力や表現力がまだまだ未熟なんですよね。
 
 
しっかりした理由があればその理由を取り除く対応をしてあげたらいいのですが、特に明確な理由がないお子さんの場合にはまず不安を緩和させてあげるのが最優先です。
 
 
 
 

3.不安の高いASDっ子の心を満たす対応

 
 
不安を緩和させてあげる方法!それは、愛情の充電!です。この愛情の充電はいつでも、どこでもお子さんにしてあげることができます。
 
 
やり方をご説明します。
 
 
まずお子さんをお母さんの膝の上に座らせて「愛情の充電、ピピピピピー」などと言いながら抱きしめます。
 
 
しばらく抱きしめたあとお子さんに「ママの愛情、充電満タンになった?」と聞いてあげます。また、途中の溜まり具合を何回か聞いていってあげてもいいですね。
 
 
お子さんが「満タンになった!」と言ったら、「いつでも充電してあげるからね。足りなくなったらおいで!」と伝えます。
 
 
ここで重要なのは充電が減ったらまた満タンにしてあげるよ!と伝えることです。これを何日か繰り返すと子どもの情緒も落ち着いて不安が緩和されてくるんです。
 
 
お母さんの愛情が足りていると子どもが外で頑張れる活力になります。普段からたくさんの愛情を注がれているかとは思いますが、さらなる愛情を充電してあげてください!
 
 
いつの間にか安定して、お母さんが忘れた頃にお子さんが「充電減ったから満タンにして!」などと言ってくるかもしれませんね。
 
 
登園しぶりに悩んだ頃は娘に毎日行っていました。安定して幼稚園に行けている現在も娘に愛情の充電を続けています。
 
 
お母さんの愛情をたっぷりと感じ、お子さんが安心して幼稚園で楽しめるといいですね。
 
 
登園しぶりに悩むお母さん、ぜひ試してみてくださいね。応援しています!我が子に行った対応があなたの困りごとの解決のヒントになれば幸いです。
 
 
 
 
執筆者:みずおち梨絵
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 
登園しぶりに悩むお母さんを応援します!
▼ご登録はこちらから!

Nicotto!塾生募集中

-グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.