グレーゾーン 小学生 年末年始

冬休みの宿題お悩み解決!発達障害グレーゾーンのお子さんも楽しくサクッと宿題が終わるコツを伝授

更新日:

長いようで短い冬休み、忙しいのに宿題もたっぷりでますよね。発達障害グレーゾーンのお子さんは一人ではなかなか進まず、子どもも大人もイライラして落ち着かないものです。今回はそんな悩みを解決するあなたのお子さんにピッタリの方法をご紹介します。
 

【目次】

 

1.宿題が多くて困っている子ども達のお母さん、今年こそはスムーズに終わらせたいですよね!

 
 
冬休みはクリスマスから始まり、大掃除や年末年始の行事ごとで何かと忙しいですね。そして年を越してからの三が日はあっという間に過ぎて、ほっと一息ついたらもう3学期が始まります。
 
 
長いようで案外短い冬休みの期間。学校から出された宿題の量が思った以上に多くて、頭を抱えているお母さんもおられるかと思います。
 
 
しかも冬休みの宿題は、普段家では取り組むことがない「書道・書き初め」があり、準備と片付け、部屋が墨で汚れてしまうかも…と考えるとため息が出そうになりますね。
 
 
このたくさんある学校からの宿題、どうやって進めていったら、発達障害グレーゾーンで集中力が続かない子ども達が、すんなりスムーズにやりきることができるでしょう。
 
 
 
 

2.発達障害グレーゾーンの子ども達が宿題をやりたがらない理由は何?

 
 
冬休みの宿題、実は夏休み以上に取り掛かりにくいお子さんもいます。2週間の冬休みには楽しい行事がいっぱいですよね。
 
 
「クリスマスプレゼントでもらったゲームやりたいなぁ」
「お正月おばあちゃんの家で、いとこの〇〇くんと何して遊ぼうかな?」
「お年玉では何を買おうかなぁ」
 
頭の中はクリスマス気分→お正月気分で、宿題どころではありません。そんな中、いくら大人が言っても、なかなか宿題ははかどらないのです。
 
 
発達障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)グレーゾーン、脳の発達が不十分「先の見通しが立てづらい」ことがあります。
 
 
そんな子ども達にとって「宿題」の先に見えるものは漠然とし過ぎていて、やる気につながりづらいのです。
 
 
これを解決できる方法は、「小さな目標」を作ってあげる事。小さくても目標があると、子ども達は行動しやすくなります
 
 
 
 

3.冬休みに入ったら最初に何をする?ワクワクをプラスしましょう!

 
 
冬休み前にはきっと学校で、「冬休みの計画表」を書いてくるのではないでしょうか。我が子の小学校では毎回計画表に、
 
 
・宿題の一覧とめあて
・健康のめあて
・出かける時のめあて(約束)
・冬休みの予定
 
などを書いてきます。
 
 
冬休みに入ったら、まずこの「計画表」をお子さんと一緒に確認して、やるべき事がどのくらいあるのかを話す時間を作ります。
 
 
見通しが立てにくい発達障害グレーゾーンのお子さんは目で見てわかるものがあると取り組みやすくなります。
 
 
ここで重要なポイントが一つ!
 
 
この計画表にお子さんのワクワクする事、例えば「ゲームや遊び」、「やりたい事、行きたい場所」を付け加えましょう!
 
 
直接書き込むと、学校に提出するときに問題になるようなら、付箋を活用して付け加えてみましょう。
 
 
実は我が家はこの計画表、学校から持って帰ってきても、見直す事もなく存在すら忘れてしまうことが多くありました。そして、休みの最後になって慌てて「しまった!反省書かないと!」となってしまっていたのです。
 
 
しかし!この計画表に子どものワクワクする「特典」を少しプラスするだけで、子ども達は自分の予定を確認したくなっちゃいます♪
 
 
学校で一度は計画を立てながら「よっしゃーやるぞ!」とやる気になっていたはず。ランドセルの中で眠らせておくのはもったいない!
 
 
ワクワクをプラスしながら振り返り、目につくところに貼る事で、発達障害グレーゾーンの子ども達も自ら予定を確認してくれます!
 
 
 
 

4.脳の発達を促して宿題をサクッとこなす為にママは、〇〇でサポート!

 
 
宿題をサクッとこなすために、ママの「サンドイッチテクニック」でサポートしちゃいましょう!
 
 
冬休みの宿題を楽しく、サクッと終わらせるためには、自分で作った「ワクワク計画表」を見て今日やることをボードに書きましょう!
 
 
このときのポイントは、ボードに書くのは宿題だけでなくワクワク特典も必ず書く事です!
 
 
例えば、
 
おやつを食べる
・書き取り1ページ
UNO1回
・プリント1枚
ゲーム15分(マリオカート)
・本読み
ゲーム15分(ポケモン)
 
 
そして、1つ宿題したら1つ特典(赤字をするようにします!そうです。特典サンドイッチどんどん宿題ができちゃいますよ♪
 
 
この特典サンドイッチ、続けていると自ら行動するようになり、脳の中で行動回路ができる特典の数が減っても行動できるようになってきます。
 
 
行動する事で作られる私たちの脳の回路。回路が作られて何度も行動する事で、回路はよりしっかり太くなり、簡単にできるようになります。そうするとスピードもアップしますよ!
 
 
 
 

5.発達障害グレーゾーンのお子さんもみるみる宿題が終わります

 
 
苦手な宿題を楽しく取り組めるようになるには、特典付きのちっちゃな成功体験でバッチリ解決ですね!
 
 
発達障害グレーゾーンのお子さんは特に、このちっちゃな成功体験が自信となり、行動する力となっていきます。
 
 
特典サンドイッチで、1つ宿題できたら「褒められて・ご褒美の特典」がもらえたら、子ども達はどんどん宿題をやってくれます!
 
 
行動すればやがて脳の回路ができて、特典なしでもできるようになります。大人になって社会に出るときまでに、この回路を太く丈夫に作ってあげることで課題を難なくこなせる力へと繋がっていきますね。
 
 
小学生の宿題の目的は学力アップだけでなく、「脳の回路作り」もその一つ。
 
 
今年の冬休みは「特典サンドイッチ」でサクッと宿題を終わらせて、脳の回路を太くしちゃいましょう!
 
 
 
 
執筆者:広瀬 裕子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
イライラを笑顔に変える発コミュ流子育て法、公開中です!
▼ご登録はこちらから!

Nicotto!塾生募集中

-グレーゾーン, 小学生, 年末年始
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.