グレーゾーン 発達障害

笑うと怒って泣いてしまう女の子!ASD 傾向の発達障害・グレーゾーンに多い感覚過敏を緩和させる対応

更新日:

発達障害・グレーゾーンのASD 症状の1つ、感覚過敏。家族や他人が笑うと、自分が笑われていると過剰に反応し怒って泣いてしまう女の子がいます。今回は人が笑うことに過剰に反応してしまう感覚を緩和させる対応をご紹介します。
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンに多いASD症状の感覚過敏とは

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもに多い感覚過敏。皆さんは感覚過敏と聞いて何を思い浮かべますか?多くの方は音・匂い・感触とかが一番先に思い浮かぶのかなと思います。
 
 
しかし、感覚過敏はこのメジャーなものばかりではありません。他人の表情や言動を過剰に受け取ってしまう感覚過敏もあるのです。特に周りの反応に敏感な繊細な女の子に多くいるように思います。
 
 
感覚過敏とは外の世界の刺激を必要以上に受け取ってしまうことです。私たちは毎日たくさんの情報を受けながら生活しています。その中で、自分に必要なもの、不必要なものを脳が適切に情報処理するようになっています。
 
 
その情報処理がうまく行われないと、外の刺激に対して過剰に反応してしまうんです。この過剰に反応することが感覚過敏と言われるものです。
 
 
生まれつき脳の発達に凸凹がある発達障害の子どもの中には、この感覚過敏が強く出ることがあります。今回は、他人からの情報を過剰に受け取り、笑うと怒って泣いてしまう子どもの緩和策をご紹介します。
 
 
 
 

2.笑うと泣いて怒る我が家の娘の事例

 
 
我が家の娘は現在幼稚園の年中さんです。不安の高いASD 症状があり、周りが笑うと過剰に反応して泣いて怒るということが度々あります。初めは、何で泣いているのかが全く分からず、その場しのぎの対応をずっと続けていました。
 
 
家族でテレビを見ていて急に笑うと怒って泣き出す!娘のやっている仕草や言動が可愛くて笑ってしまうと怒って泣く!このようなことが続きました。
 
 
しかも、娘の場合には、自分から笑わせようと行動したときにはこちらが笑っても泣いたり怒ったりしませんでした。家族である私たちも状況がつかめず、特に対応もしてきませんでした。
 
 
あるときに娘が「みんなが笑うから家から出かけたくない!」と言い出しました。そのときに初めて、娘のこの辛い気持ちを何とかしなくちゃ!と思ったんです。
 
 
今考えたら、娘は娘でこの怒って泣いてしまう感情はどうにもならなく辛いものだったのだなと思います。
 
 
 
 

3.決して大人がやってはいけないNG行動

 
 
周りも悪気があって笑っているわけではない!しかし、それを過剰に受けてしまう子どもに、周りの大人がやってはいけないNG行動をお伝えします。
 
 
例えば、子どもが急に言い放つ言動が面白いときってありますよね。それを聞いて大人は大爆笑する。それを受けて子どもが泣いたとき、何の説明もせず、その場しのぎの言葉で押さえつけることはNGです。
 
 
「子どもがいうことが可愛いから大人は笑うんだよ!怒らなくてもいいじゃん!」
 
 
子どもは別に笑わせるつもりで言ったわけではない!ということです。大人でも真剣にやったこと、話したことを笑われたら気分が悪くなりますよね。子どもも同じなんです。
 
 
私たち大人は子どもだからという理由に甘えることなく対等に接することが大切です。子どもが真剣に言ったときには面白くても真剣に聞く姿勢が求められます。
 
 
そして発達障害・グレーゾーンの子どもは笑われたことにより馬鹿にされた!と思い、ひどく傷つきます。
 
 
子どもの心が理解されずにずっとこの状態が続いてしまうと、他人とのコミュニケーションも取りたくなくなります。笑われた…というネガティブな感情だけが蓄積されていってしまうんです。
 
 
また不安の強いASD 症状がある女の子の場合には、そのときの不安の高さにより感覚過敏が強くも、弱くもなる傾向にあります。
 
 
本来、笑うという行為は素晴らしいものです。それをネガティブに受け取り、嫌な感情だけを持ち続けてしまうというのはもったいないですよね。
 
 
 
 

4.寄り添いながら緩和を促す

 
 
ではどのように対応してあげたら良いのでしょうか?それは、子どもに状況の説明をしてあげることです。
 
 
まずは、何で笑っているのかの状況を子どもが理解できるように1つ1つ丁寧に説明します。
 
 
もし、泣いてしまってどうにもならない場合には、お子さんが落ち着いてお話を聞けるようになってから状況の説明をしてあげてくださいね。
 
 
 
 
説明して何で笑っているのかを子どもに理解させてあげることが大切です。笑った状況をいちいち説明するの?少し違和感を感じられた方もいるかもしれません。
 
 
しかし、説明を繰り返すことにより、子ども自身も状況を理解し、泣いて怒らなくてもいいんだ!という思いが整理できてくるのです。
 
 
整理することをお手伝いしてあげることで、状況を理解する力が少しずつ育ち始め、だんだんと対応力や、周りとの共感力も伸びてきます。
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもは、周りからは理解が得にくいような感覚過敏を持っている場合が多くあります。
 
 
自分ではどうすることもできず本人が一番辛い思いをしているんですよね。周りが理解し対応することで、子どものその先の行動につなげてあげることができます。ぜひ試してみてください。
 
 
我が子に行った対応があなたの困りごとの解決のヒントになれば幸いです。
 
 
気難しい女の子の育児のヒントをメール講座でお伝えしています!
▼ご登録はこちらから!

Nicotto!塾生募集中

 
 
執筆者:みずおち梨絵
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.