グレーゾーン 中学生

「10秒」関わるだけ!発達障害の思春期の子どもの自己肯定感をUPさせるコツとは?

更新日:

思春期になるとあからさまな褒めを嫌がる、コミュニケーションが難しいなどの理由で褒めることが難しくなります。そこで今回は「10秒」関わるだけで思春期の発達障害の子どもの自己肯定感をUPさせるコツをお伝えします。
 

【目次】

 

1.思春期の子どもを褒めるのは難しい!?

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもを成長させるために必要なことは「褒める」ことです。
 
 
ところが、この「褒め」がうまく行きにくいのが思春期の特徴でもあります。
 
 
あからさまな褒めを嫌がることも多く、せっかく褒めても「わざとらしい!」なんて言われてしまったり…。お母さんもどう褒めればいいのかわからなくなりますよね。
 
 
さらに、思春期になるまで親子関係をこじらせてきてしまった場合だと、お母さんが何かしゃべろうとしただけで、
 
 
「うるさい!」
「黙れ!」
「・・・」←完全無視
 
 
などの反応をされることもあるかもしれません。
 
 
コミュニケーションを取ろうとすればするほど、反抗される。そんなお子さんに対して「肯定」をしようと思っても、そもそもコミュニケーションが成立しないので、どうしようもありませんよね。
 
 
だからと言って、肯定することをやめてしまうと思春期の発達障害の子どもたちの自信はなかなか回復しません
 
 
ではこんな風に、褒めがうまく行きにくい思春期の子どもには、どうやって関わってあげればよいのでしょうか?
 
 

 
 

2.「10秒」関わるだけ!思春期の発達障害の子どもの自己肯定感をUPさせるコツとは?

 
 
お母さんが肯定的なコミュニケーションを取ろうとしてもなかなかうまく行かない…こんな思春期の発達障害の子どもにぜひやってほしいことがあります。
 
 
それは、子どもが関わろうとしてきたチャンスを逃さないことです。
 
 
普段から反抗的な態度が目立つ思春期の子どもでも、1日1回くらいは子どもからコミュニケーションを取ろうとしてくる場面があるはずです。お母さんにはそのチャンスを逃さず、しっかり対応してあげてほしいのです。
 
 
発達障害の子どもは、お母さんが忙しいのにも関わらず、空気を読まずに声をかけてくることもあると思います。ついつい面倒に感じて、
 
 
「今は忙しいから!」
「それくらい自分で考えてよ」
「ちょっと、後にしてくれない?」
 
 
なんて対応をしてしまっているお母さんも、もしかしたらいるかもしれませんね。
 
 
しかしそこで「面倒だな」という気持ちをちょっと封印して10秒だけ手を止めてお子さんのやっていること、言っていることに、興味を示して欲しいんです。
 
 
「いいと思うよ」
「やってるね」
「へー、そうなんだ」
 
 
こんなちょっとした関わり合いが、実は思春期の子どもの自己肯定感をグーンとUPさせるのです。
 
 

 
 
先日の我が家での出来事をちょっとだけ紹介します。
 
 
その日は、陸上の大会で、息子はユニフォームにゼッケンをつけていました。
 
 
学校からの手紙には「胸」にゼッケンをつける、と書いてあったのですが、その「胸」の部分には思いっきり「学校名」が書いてある。
 
 
それを隠さない場所につけるとなると、手紙通りにつけることができないし…ということで私に声をかけてきました。
 
 
ご飯の準備をしていた私は「今!?今それを聞くの!?」と思いましたが、10秒だけ手を止めて息子のところへ行き、ゼッケンの位置を見て「うん、いいと思うよ!」と一言声をかけました。
 
 
たった、これだけです。たったこれだけですが、「いいよ!」の一言には
 
 
「あなたのアクションでOKだよ!」
「あなたの考え方ナイスだね!」
「自分で考えてやってるなんてすごい!」
 
 
という「肯定」の効果があるんです。
 
 
注意したいのは「それくらい自分で考えて!」「一人でやって当たり前!」と言わないこと。
 
 
子どもたちは心配なことがある、認めてもらいたいことがあるなど何らかの理由があって関わってきます。
 
 
だから、そのときに「それでOK!」としっかり伝えることで、お子さんの中に「判断の軸・基準」を作ってあげることにもなります。たくさんの「それでOK!」をお子さんに伝えてあげてくださいね。
 
 
冒頭でお伝えした通り、思春期の発達障害・グレーゾーンの子を「褒める」のは難しいんです。
 
 
だからこそ、お子さんが何か聞いてきたとき、関わってきたときがチャンス!手を止めて10秒、関わってみてください。
 
 
「褒め」がうまく行かない思春期の発達障害の子どもにはオススメの「肯定」テクニックです。ぜひトライしてみてくださいね!
 
 
↓↓こちらのメール講座では、思春期の子とのコミュニケーションがスムーズになる方法をお伝えしています!
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-グレーゾーン, 中学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.