学習障害 対応

発達障害の子の行動の切り替えをグーンと早くする対応策——お子さんに効く予告の見つけ方!

更新日:

発達障害のお子さんがゲームやYouTubeをなかなかやめないとき、どう対応していますか?切り替えが遅いのは脳の特性ですが、家や学校で困ることもあると思います。そんなときに役立つのが「予告」!お子さんに合った予告の見つけ方を徹底解析します!
 

【目次】

 

1.ゲームやYouTubeが止まらない!行動の切り替えが遅いのに困っていませんか?

 
 
「ご飯だよ!」と呼んでもゲームやYouTubeに夢中でなかなか行動してくれず、対応に困ったことはないですか?
 
 
我が家の小学校4年生の長男も、発達科学コミュニケーションを始めるまでは、
 
ゲームをしだすと止められない。
無理やり取り上げるものなら大暴れ。
親の言うことなど耳にも入っていない。
 
という状態でした。
 
 
何かに夢中になることはいいことですし、動画の視聴によって得られる情報は貴重なものも多いと思います。
 
 
ですが、長時間の視聴はやはり気になりますし、何より生活リズムが崩れてしまうのは避けたいですよね。
 
 
まして、家族そろって次の予定があったりすると、約束どおりにゲームを切り上げ、次の行動に移ってくれないと本当に困りますよね。
 
 
いったいどうして発達障害・グレーゾーンの子は切り替えが苦手なのでしょうか?
 
 
 
 

2.発達障害の子が切り替えて行動するのが遅いのにはワケがあります!

 
 
なかなか切り替えてくれないと、「なんでお母さんの言うことを聞いてくれなんだろう」「予定に遅れて他の方にご迷惑をかけても平気なのかしら」という心配が出てくると思います。
 
 
しかし、発達障害・グレーゾーンの子の切り替えが遅いのには理由があります。発達障害・グレーゾーンの子は、次のようなことが苦手であるといわれています。
 
 
先のことを想像すること
・環境やスケジュールの変化に対応すること
感情をコントロールすること
 
 
これは脳の特性によるものなので、お母さんの言うことを聞きたくないわけでも、団体行動を乱したいわけでも、予定に遅れたいわけでも決してありません!
 
 
お母さんの言うことを聞きたいけどできない、という状況なのかもしれないのです。ですから、もし脳の特性を理解できれば、その特性に合った対応の仕方も分かります。
 
 
今やっている行動を切り替えて、次の行動に移すのが遅いお子さんの場合に特に効果的な対応は、「予告」することです!
 
 
子どもが何かに取り組んでいるけど次の行動に移る必要があるときは、「あと10分で出かけるよ!」などと、あらかじめ伝えてあげてください。
 
 
でも、予告しても聞いてくれないこともありますよね。そこで大事なのは、子どもが納得する予告の「方法」や「回数」を見つけるということです!
 
 
次に、あらかじめ伝えても効果がないときに試せる、発達障害の子の行動の切り替えをグーンと早くする予告の3つのパターンをお伝えしますね。
 
 
 
 

3.行動の切り替えがグーンと早くなる対応3パターン——子どもに効く予告の見つけ方!

 
 

①時間で予告する

 
 
行動の切り替えをスムーズにする予告のパターンの1つ目は、時間で予告することです。ここでのポイントは、切り替えて欲しい時間の前に何度か予告するということです。
 
 
例えば、
 
1回目「あと30分でご飯ができるから、ご飯ができたらゲームやめてご飯にしようね」
 
2回目「もうすぐご飯できるから、あと10分したらゲームやめてご飯にしようね」
 
という感じです。
 
 
時計がよめない、時計をあまり意識しないというお子さんは、目覚まし時計などをそばに置いて「長い針がここまできたらね!」などと視覚的に分かりやすくしてあげるといいですね!
 
 
うまくいかないときは、予告する時間の長さを変えて対応してみてください。5分前の予告ではうまくいかなくても、10分にしたら切り替えられた!ということはよくあります。
 
 
お子さんにとって納得して切り替えられやすい時間を試しながら見つけてくださいね。
 
 

②回数で予告する

 
 
時間の予告で行動の切り替えがまだ遅い場合に試して頂きたい2つ目のパターンは、回数で予告する方法です。
 
 
「アニメをあと1本見たらお風呂にしようね!」
「あと3回やったらおうちに帰ろうね!」
など、具体的な回数を提示するのです。
 
 
もし効果がなければ、回数を増やしたらどうか、逆に減らしたらどうか、など色々と試してみてくださいね!
 
 
 
 

③カウントダウン(またはカウントアップ)しながら予告する

 
 
それでも行動の切り替えがサッとできないときの3つ目のパターンは、カウントダウンしながら予告する方法です。
 
 
例えば、発達障害の中でも特に注意欠陥・多動性障害タイプのお子さんには「20数える間にこの本を片付けられるかな?」とわくわくドキドキを加えたカウントダウンが効果的ですよ!
 
 
また、カウントダウンされることに不安を感じるお子さんもいらっしゃると思います。その場合はカウントアップで対応してみてくださいね。
 
 
「何秒でできるかな?数え始めるね、いーち、にーい、さーん…」「お!今日は4でもうできたね!早くなったね!」という感じです。
 
 
このように、発達障害・グレーゾーンのお子さんの切り替えが遅いことに困っているときは、その子の脳の特性に合った予告の方法や回数を色々と試しながら、見つけていきましょう!
 
 
「納得のいく予告の仕方は子どもによって違う」ということを意識してくださいね。
 
 
時間で予告、回数で予告、カウントダウン(カウントアップ)で予告、それぞれの時間や回数を変えながら試してお子さんが納得のいく予告パターンが見つかるといいですね!
 
 
お子さんに合った予告パターンで対応して、ゲームやYouTubeからの切り替えをスムーズにしていきましょう
 
 
このようなすぐにできる発達障害・グレーゾーンの子どもの困った行動に対応する方法をメール講座でお伝えしています!ぜひご登録ください。
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

 
 
執筆者:水本しおり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 

-学習障害, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.