グレーゾーン 発達障害

実録!発達障害・グレーゾーンの不登校の中学生がメキメキ変化したママの対応

更新日:

発達障害・グレーゾーンの不登校の子どもの対応に悩んでいませんか?部屋にこもって好きなことしかしない。中学生なんだから勉強もさせないと…とても焦りますよね。そんなママの要求を手放してお子さんをメキメキ変化させた感動のエピソードをお伝えします!
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンの不登校の子どもの対応に悩んでいませんか?

 
 
発達障害・グレーゾーンの不登校の中学生の子ども
 
 
・全然勉強をやりたがらない
・朝も夜も関係なくダラダラと過ごしている
 
 
そんな様子が心配で、うるさく言ったり、表情やため息でプレッシャーを与えてしまったり。
 
 
しかし、発達障害・グレーゾーンの子どもたちはこのようにネガティブな感情とセットになっている行動を極端に嫌います。
 
 
自分では頑張っているつもりなのに「どうしてもっとやらないの?」というプレッシャーを周囲からも自分の内なる声からも感じやすく、その結果自信もやる気もなくしてしまうのです。
 
 
そんな発達障害・グレーゾーンの中学生のやる気を呼び起こすためにはどうすればいいと思いますか?
 
 
それは、お母さんがネガティブな注目をやめて、子どもに届く声かけをするのが一番です。
 
 
中学生ともなると、この先の進路を考えなければいけない時期ですよね。ですから進学を考えれば、不登校という状況や勉強の進みぐあいが気になるのもわかります。
 
 
しかし、まずは勉強よりも
 
 
「やったらできる!」
 
 
自分を信じて動き出す力を授けることの方が大切なのです。
 
 
次の章では、中学生のときに不登校を経験したお子さんが、お母さんとのかかわりの中で、少しずつ自信をつけ、高校生活をエンジョイ!
 
 
そして「勉強して大学に行きたい」と、メキメキ頑張るようになったストーリーをご紹介します。
 
 
 
 

2.登校も勉強も拒否!の中学生、どうする?

 
 
Mさんの息子さんは、発達障害・グレーゾーンの中学校3年生。中学校という枠組みになじめず、夏休み明けから不登校になりました。不登校になってからは、
 
 
 ・パソコンが好きで部屋にこもる。
 ・学校に関すること(卒業文集の原稿・勉強)は一切やらない。
 
 
という状況が続いていました。息子さんは自分の好きなことは徹底的に追求するタイプ。実はコンピューターグラフィックを学ぶ高校に進学が決まっていました。
 
 
でも、やりたくないことは一切やらないので、このままでは社会と折り合いがつけられなくなってしまうのではないか?ということで相談にいらしたのです。
 
 
Mさんはとても真面目でそしてお子さん想い。その分、お子さんのやらない姿を見ると心配で仕方なくて、いつもイライラしていました。
 
 
発達科学コミュニケーションで一番最初に取り組んでもらうのはできていることに注目して褒めるということです。
 
 
しかしMさんはできていないことにばかり目がいってしまうため、この肯定の実践がうまくできませんでした。
 
 
「ただ部屋にこもっているだけで何もやらないのに褒めるどころではありません!」
 
 
そこで私がMさんにやっていただいたのは、できていないことについて一切触れないということ。ネガティブな注目と発言を一切しないようにしてもらいました。
 
 
だって、ガミガミ言ってもやらないのであれば、否定的なコミュニケーションが少ないほうが良いですよね?
 
 
そしてMさんがガミガミ言うのをやめたら…一体どんな変化があったと思いますか?
 
 
 
 

3.お母さんがガミガミをやめたら大変身!

 
 
それでは、Mさんの息子さんの嬉しい変化についてご紹介します。
 
 

 ◆①部屋にこもってばかりいたのに…

 
 
以前は「部屋にばっかり引きこもるんじゃありません!」と怒っていましたがその言葉は封印。そのかわり、
 
 
朝起きてきたら「おはよう」
ごはんの時間には「ごはんできてるよ」
 
 
など、本人の好ましい行動を言葉にしつつ、あなたのことを見ているよという肯定のメッセージを送り続けました。
 
 
しばらくすると、以前のように親子の会話が成立し、息子さんがリビングで過ごす時間が増えていきました。
 
 
発達障害・グレーゾーンの中学生は、自分と他人を比較し「どうせ俺は…」と自信を失いかけていることが多いのです。
 
 
子どもの自信を回復させるには『「10秒」関わるだけ!発達障害の思春期の子どもの自己肯定感をUPさせるコツとは?』でも詳しく解説しています。ぜひお読みくださいね。
 
 

◆②学校に関すること(卒業文集の原稿・勉強)は一切やらなかったのに…

 
 
提出物はなんとしても取りませないと!と焦るお母さんも多いと思います。でも相手は中学生。「やりなさい!」と叱ってやるわけがありません。
 
 
そこでMさんは方針をチェンジ。卒業文集に関しては指示するのではなくインタビューする形式でサポートしました。
 
 
本人が話す内容をいっさい否定せず、ひたすら聞くということを実践。するとインタビューの中で将来について子どもなりに考えていることがわかり、成長を感じる嬉しい時間にもなったそうです。
 
 
そんな生活の中、息子さんは得意なパソコンでCGの作品作りをするようになりました。Mさんがその作品を担任の先生にみせるとそのクオリティーの高さにびっくり。「すごいね」というメッセージを本人に電話で伝えてくれたそう。
 
 
そしてその電話がきっかけになり、「学校には絶対に行かない」と言っていた息子さんが「俺、今日学校に行ってくるわ」と登校したのです!
 
 
しかし感動はここでおわりません。
 
 
高校生になったMさんの息子さんは、自分を認めてくれる友人や先生とのつながりで自己肯定感も高まり、「しっかり勉強して大学で技術を学びたい」と未来設計をしはじめたそうです。
 
 
すごい変化だと思いませんか?私も大感動です。
 
 
 
 

4.成長を焦らず「今、できていること」を認めよう!

 
 
いかがでしたか?Mさんがそれまでの対応をガラッと変えたことで、息子さんの意識過ごし方もポジティブに変化したことがよくわかったのではないでしょうか?
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもたちの成長は一足飛びにはいきません。スモールステップで「ちょっと頑張ったらできそうなこと」を少しずつ達成して自信をつけていくことが大事です。
 
 
Mさんの息子さんの場合も、不登校だった中学生の時に無理やり勉強させていたり、登校を強要していたら…どうなっていたでしょうか?
 
 
お母さんにはわが子の「今」できることをしっかり把握してもらい、周りとペースが違ってもいいからそれを応援できるようになってもらいたいと思います。
 
 
応援が子どもに届くようにしっかり言葉表情で伝えると、子どもたちに根強く残っている「勉強・学校=嫌なもの」という感情を書き換えていくこともできますよ。
 
 
 
 
 
最後にそれでもどうしても進路が不安で高い要求をしてしまうというお母さんにはリサーチをおすすめします。
 
 
「進学率がいいところ」
「全日制でなくては」
「家から通える」
 
 
などのこだわりを外して調べれば、選択肢はたくさんあることに気づいて安心できるかもしれません。
 
 
お母さんが要求を手放せば、子どものできていることをそのまま褒めることができるようになります。子どもが動き出すのはそれからです。
 
 
お子さんにとっていちばんの応援団長はお母さん、あなたです。まずは自分が変化することに挑戦してみませんか?
 
 
発達障害・グレーゾーンだからこそ、キラリ輝く未来があります!このような体験談をメール講座でお伝えしています。ぜひご登録ください。
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

 
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.