対応 発達障害

ノートをとるのが苦手な発達障害の子は「記憶」が関係しているかも?お子さんの困りごとはお母さんのサポートで減らせます

投稿日:

発達障害の子たちは、記憶に関係する部分が苦手なことが多いと言われています。もしかしたら、学校の授業でノートをとれないのもそれが原因かもしれません。学校での困りごとを減らすためにお母さんができる対応策についてお伝えします!
 

【目次】

 

1.お子さんは授業中ノートをとるのに困っていませんか?

 
 
お子さんの普段の様子を見ていて、「頼んだことをすぐに忘れる」「一度に2つ以上のことを処理するのが苦手…」と思うことはありませんか?
 
 
発達障害の特性がある子どもは、記憶することが苦手な傾向があります。そんなお子さんは、家だけでなく学校でも困っているかもしれません。
 
 
学校で遭遇する困りごとには、どんなものがあるでしょうか?例えば授業中、先生の話を聞きながらノートをとる場面を例に挙げてみましょう。
 
 
一見簡単なようですが、このとき脳は複数の作業を同時進行しています。
 
・先生の話を”聞く”
・聞いた内容を”短期的に記憶する”
・記憶した情報を”整理する”
・整理した情報を”アウトプットする(書く)”
 
 
こうやって分解してみると「ノートをとる」という行動をするだけでも、意外とたくさんの作業を脳の中で同時に処理していることが分かりますね!
 
 
作業や動作に必要な情報を一次的に記憶・処理する能力をワーキングメモリと呼ぶのですが、同時進行が苦手な子はこのワーキングメモリをつかさどる脳の部分に凸凹があると考えられています。
 
 
脳の中で、記憶や学習に関係する場所を「海馬」と呼びますが、発達障害の多くの子どもたちはこの「海馬」の形成に特徴があるそうです。
 
 
要領が悪い、ぼーっとしているなど、性格の問題として扱われることも多いのですが、それは違うんです!脳の特性なので本人が頑張って努力しても難しい、ということを覚えておいてください。
 
 
その理解をうっかり忘れてしまうと、「なんでできないの!!」とついついお母さんのイライラがヒートアップしがちなので要注意です。
 
 
 
 

2.発達障害で記憶が苦手な子への対応

 
 

◆家でお母さんができる対応

 
 
では、記憶やワーキングメモリが弱い子にはどのような接し方をしてあげるといいのでしょうか?
 
 
お家の中であれば、お母さんが意識して指示を1つずつ出してあげるのがオススメです。指示は「細かく、1回に1つの指示を出す」のがポイントです!
 
 
例えば、お子さんが朝起きたとき「顔を洗ったら、着替えて、脱いだパジャマはたたんでね」と一度に言うのはNGです。
 
 
してほしい行動を、顔を洗う、服を着替える、パジャマをたたむ、に分けて指示しましょう。
 
まず「顔を洗おうね」と声をかけます。
 
洗い終えたら肯定して、次に「服に着替えようね」と声をかけます。
 
着替え終わったら肯定して、次に「パジャマをたたもうね」と声をかけます。
 
たたんだら肯定する、という感じです。
 
 
ここで言う「肯定」とは、発達科学コミュニケーションでお伝えしている「褒める」「認める」こと!褒められる・認められることで、お子さんの脳のネットワークが強化されていきますよ。
 
 

◆学校での対応

 
 
次に、学校ではどうでしょうか。
 
 
小学校で担任の先生との連携ができている場合は、先生に相談して「指示の内容は1回につき1つだけにしてもらう」などの対応策を見つけられると学校生活で困る場面が減って良いですね。
 
 
お子さんの対応が難しくなるのは中学校進学後かもしれません。通っている学校によって環境が異なると思いますが、一例として息子の例でご紹介しますね。
 
 
息子は、都内の区立中学校の通常級に通っています。中学に入ると、
 
①教科ごとに先生が異なる
②教科によって教室の移動が増える
③教科ごと、バラバラに宿題がでる
 
という環境に変わります。
 
 
①教科ごとに先生が異なると何が起こるかというと…全教科の先生に子どもの特性をお伝えして、同じクオリティの対応をしてもらうのは難しいワケです。
 
 
②教室の移動が増えると何が起こるかというと…次の授業は何か、教室はどこか、必要な教科書やノートは何か、宿題は何かなど、複数の情報を整理して行動に移すことが必要になります。
 
 
すると、教科書は持ったけどノートは忘れてきたとか、宿題を持たずに行くといった、先生に叱られやすい状況ができてしまうワケです。
 
 
③教科ごと、バラバラに宿題が出ると…情報をまとめて整理するのが苦手なので、結局、1日を通じてどんな宿題が出たか忘れてしまう。だから、宿題をやらずに次の授業を迎えてしまう。
 
 
その結果、先生に叱られ、成績表の評価はグーンと下がり…という状況に陥りやすいのです。だからこそ、記憶の苦手な発達障害の子どもには早めの対応が必要なのです。
 
 
 
 

3.まとめ——お母さんができる2つの対応策——

 
 
こうやって考えてみると、発達障害の特性がある思春期の子は自信を失いやすい場面がたくさんあることが分かりますよね。
 
 
そして、記憶に関係する発達特性による困りごとも多いのが分かると思います。というわけで、早めの対応としてお母さんにやっていただきたいことが2つあります!
 
 
 
 
1つ目は、できていることに注目して肯定すること。何度もしつこいですが、とっても大事なことなので何度もお伝えしています!
 
 
当たり前のようなちょっとしたことでも、お子さんが「できた」ことを認めてあげてください。
 
 
褒めるのが難しい場面なら、「着替えて」と指示したとき、取りかかろうとしたその瞬間を逃さず、「ズボンを脱いでいるんだね」と行動に移したこと自体を肯定するのも有効なんですよ。
 
 
2つ目は、必要に応じて「苦手」のフォロー体制を整えること。これは家庭だけでできることもあれば、学校への相談が必要な場合もあります。
 
 
学校へ相談するときは、「一度に複数の指示を与えられるとこなすのが難しい」のは発達特性であることを理解してもらった上で、対応策を見つけられるといいですね。
 
 
発達障害の特性を持つ子、記憶に関して発達凸凹のある子どもたちが自信を失わずに学校生活を乗り切るには、お母さんの「理解」がとっても大事です。
 
 
どんな方法で対応すべきかさらに知りたい方は、ぜひパステル総研の情報を活用してくださいね!
 
 
発達凸凹の子を成長させる情報が満載!ぜひご登録ください。
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

 
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-対応, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.