グレーゾーン 幼児

発達障害の子育てと仕事の両立に限界を感じたら!あなたが望む未来を描いてみて下さい

投稿日:

働くママは0、1歳で保育園に預ける人が多いですが、私もその1人でした。発達障害・グレーゾーン幼児の子育てと仕事を両立させようとすると、様々な壁にぶつかり、限界を感じることもあります。今回は私の経験から両立について考えることをお伝えします。
 

【目次】

 

1.仕事をやめる?続ける?発達障害幼児を育てる私に待っていた厳しい現実

 
 
私は息子が生まれて1カ月で仕事をはじめました。 そのため、0歳で保育園に預けていたんです。
 
 
担任の先生は、ベテランの方だったので安心して預けられると思っていたのですが、息子はなかなか慣れませんでした。 そこで、その先生から言われたこと。
 
 
「3歳までが一番大事なとき。 お母さんが仕事をして、子どもを預けるのは可哀想よ。こんなに泣いているじゃない。もっとお家でみてあげないと
 
 
私は、納得できませんでした。
 
 
保育園は何のためにあるの?
仕事をする母のためにあるのではないの?
 
 
心の中で反発する一方、 当時の私は、子育てにまったく自信がありませんでした。自分が気にしていたことをあらためて指摘され、母親として自分はすごくいけないことをしているのかもしれないと、悩みました。
 
 
私が仕事をしなければ、 この子を家でずっと見てあげられるかもしれない。 泣かせなくてすむのかもしれない。悩んだ結果、私は仕事を休み、息子を家で育てることにしました。
 
 

 
 

2.保育園に預けることで得られるメリットとは?働くママを苦しめる、思い込みを捨てよう

 
 

◆①仕事を辞めて育児をした私が思うこと

 
 
それから1年間、息子と過ごしてみて思ったことは、 時間の長さではないということ。
 
 
長い時間一緒にいれば、良い子育てができるのか? 私の答えはNOでした。私のような仕事をしたい人間には明らかに、この状態は合っていませんでした。
 
 
ずっと一緒にいると、どんなに子どもが可愛くてもストレスがたまってしまう。 適度に離れている時間があったほうが、心にゆとりをもって接することができることがわかりました。
 
 
短い時間でも、メリハリをつけて子どもとしっかり向き合うほうが、私自身楽しく子育てができますし、子どもも楽しそうです。
 
 

◆②ママだけが負担しなくてもいい積極的な理由

 
 
働くことを決断したママに対する厳しい言葉… 「0歳から保育園なんて、可愛そう」
 
 
こんな言葉が飛び出してくるのは、一昔前までは、子どもは家でみるのが当たり前だったからです。女性がしっかり家でお世話をするのが当たり前な時代でした。
 
 
まだ、そこから抜けきれていない人が多いので、 働くママにとっては、くじけそうになってしまうくらいつらい言葉をつきつけられることがあります。
 
 
さらに! 子どもが発達障害・グレーゾーンだったりすると、なおさら。 「仕事している場合じゃないでしょ」といった感じになります。
 
 
たしかに、子どもの愛着形成のために、産まれてから数年間は身近な人から愛情をたっぷり受けることが大切といわれています。 しかし! 愛情を与える人は母親だけである必要はない、ということが研究で明らかになっています。
 
 
子どもは、保育園で多くの大人と関わる機会を持つことにより、言葉や行動を真似たり、吸収していきます。
 
 
保育園では、たくさんのプロ(先生)が子どものお世話をし、遊んでくれるわけですから、どんどんいろんなことを吸収していけるわけです。
 
 
保育園に預けることに引け目を感じずに、ちゃんと一つの選択肢だと思ってもらいたいと思います。
 
 

 
 

3.自分らしく働いていく、そんな人生を歩みたいママへ

 
 
発達障害幼児の子育てと仕事の両立に直面しているママは、色んな一昔前のあたりまえと闘っています。 でも、母親だから自分の好きなことを我慢する、もうそんな時代ではありません。
 
 
今は発達障害の子育ての壁にぶつかり、限界を感じているから、自分が仕事をすることですべてが悪い方向に行くように思えてしまうかもしれません。
 
 
でも、あなたが 「仕事をして、こんな自分になりたい」 という夢があるのであれば、 誰かに遠慮することではないと思うのです。
 
 
ママが「働く」ということは、
子どもにとって悪影響なのでしょうか?
家族を犠牲にすることでしょうか?
会社に迷惑をかけることでしょうか?
 
 
そんなことはない!と私は思っています。
 
 
発達凸凹キッズを育てるママはもっと自由でいいのです
 
 

 
 

4.私に子育ての軸を与えてくれた「発達科学コミュニケーション」

 
 
私は、発達障害・グレーゾーンの息子を育てながら、自営業を5年間やってきました。 そして、今、発達科学コミュニケーションのリサーチャーとして活動しています。
 
 
もちろん、色々な葛藤がありました。 子どもにとって、私が働くことは本当に良いことなのだろうかと何度も立ち止まって考えてきました。
 
 

 
 
そして、今、親子のコミュニケーションでぐんぐんとたくましく成長している発達障害・グレーゾーンの息子を見て思うことがあります。
 
 
私が人生を真剣に生き、学び、挑戦し、失敗を繰り返して成長していくから、今の息子がある。 息子はきっとこれからも自分なりに一生懸命成長していってくれると思います。
 
 
発達障害の子育てをしているママ、
子育ての夢
仕事の夢
あなたが今抱いている想い
を実現して欲しいと思います。
 
 
子育ての軸が持てる発達科学コミュニケーション。そのエッセンスを公開中です↓↓
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

 
 
執筆者:須藤ゆかり
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 

-グレーゾーン, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.