学習障害 発達障害

文章を読むのが苦手!?発達障害・学習障害のお子さんがスラスラ読めるようになる簡単テクニック!

更新日:

お子さんの文章の読み方、気にならないですか?変なところで区切る、逐次読みしてしまうなどは、目の動きに苦手がある発達障害・学習障害のお子さんによく見られる特徴です。読むのが苦手なお子さん誰にでも使えるちょっとしたコツをお伝えします!
 

【目次】

 

1.音読するとき、変なところで区切る読み方や逐次読みをしていませんか?

 
 
お子さんは、おしゃべりは何の問題もなく上手なのに、文章を声に出して読むとき変なところで区切ったり、逐次読みしたりで、内容の理解ができていないということはないですか?
 
 
変なところで区切る読み方というのは、例えば「ゆうえんちへいく」という文章があった場合、「ゆうえん ちへ いく」など単語の途中で切ってしまい、単語のまとまりとして読めていない状態です。
 
 
また、逐次読みと言うのは、単語として捉えるのではなく一文字ずつ読んでしまう読み方のことです。
 
 
どちらも発達障害・学習障害のお子さんによくみられる特徴ですが、今回は誰にでも応用できる対策方法をお伝えしたいと思います!
 
 
では、そもそもなぜ、このような読み方になってしまうのでしょうか。
 
 
実は、これは目の動きに特徴があるためかもしれません。
 
 
 
 

2.スムーズに文章を読めないのはなぜ?

 
 
ひらがなを読むとき、だいたい小学校3年生くらいまでには、単語として捉えながら読むことができるようになってきます。
 
 
一つ一つの文字は認識できているし、単語も知っているのに、文章になると読むのが難しくなる場合は、目の動きに苦手がある場合があります。
 
 
発達障害・学習障害で読むのが苦手な子は、チラッチラッと眼球が横に動いてしまい、言葉のかたまりを認識するのが苦手な場合があるのです。
 
 
文章をパッと見て単語として捉えられないので、変なところで区切る読み方や逐次読みなどになってしまい、読んでいても意味を理解できなかったりしてしまいます。
 
 
学校で多くの時間を過ごす子どもにとって、学校での生活は心の大半を占めることも少なくありません。
 
 
学校は学習がメインの場所なので、学習が苦手なお子さんにとっては傷つき体験をすることが多く、自信をなくしてしまったり、学習が嫌いになってしまったり、学校へ行くこと自体嫌になってしまったりすることがあります。
 
 
また、読むことの苦手ゆえに内容が入らず学びの面白さを十分に感じられないかもしれません。
 
 
ですから支援をしてあげるとき、学校で発達障害・学習障害のお子さんが嫌な経験をしないような工夫を考えてあげることも大切です!
 
 
では、お子さんの読み方の苦手に気づいたら、お家でどんな工夫ができるでしょうか?
 
 
 
 

3.予習がカギ!発達障害・学習障害の子にも効くちょっとした工夫

 
 
今回は、簡単にできる方法を2つご紹介しますね!
 
 

①マーカーで単語にしるしを入れる

 
 
1つ目は単語の部分をマーカーなどでマーキングしてあげる方法です。
 
 
こうすることで、パッと見ても単語が一括りとして分かるので、読みやすくなります。
 
 

②文節を線で区切る

 
 
文や単語の区切るところが分からないお子さんには「/」を入れるなどして、休むところを分かるようにしてあげてください!
 
 
 
 
 
読み方がネックとなって内容が入らないということを防ぐため、教科書など授業でやるところを予習として一度読んでみて、引っかかってしまうところにマーキングや区切りを入れておきましょう。
 
 
そうすれば、授業中みんなの前で読むときにも、間違えて恥ずかしい思いや嫌な思いをすることがなく過ごせます。
 
 
そして、授業の内容も入りやすくなります。
 
 
このように、読み方の苦手を知ってあげて支援をしていくと、発達障害・学習障害のお子さんがスムーズに学習に取り組みやすくなります。
 
 
しかし、そのような工夫をしても、学校で傷ついてしまうお子さんもいらっしゃいます。
 
 
だからこそ、お母さん・お父さんがお子さんの一番の理解者、一番の応援者であって欲しいと思います!
 
 
「学校では嫌だったけど、やっぱり頑張ってみるか!」と前向きな気持ちにさせるのは、お母さん・お父さんの関わり方次第です。
 
 
お家で自信をつけてあげる関わりや、読み方の苦手を補うための親子の良いコミュニケーション!これが何より重要です!
 
 
読み方に苦手があっても、学ぶ楽しさを味わう方法はたくさんあります。
 
 
発達障害・学習障害のお子さんの脳に合った学びのサポートを、見つけていきましょうね!
 
 
発達障害・学習障害のお子さんに合ったサポート方法をメールでお伝えしています。
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:水本しおり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 

-学習障害, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.