コロナウィルス対策 パステルキッズの明るい未来 不登校 発達障害

不登校の引きこもり解消のチャンスは今だ!家の中でできる子どもの興味の広げ方 

更新日:

不登校のお子さんが引きこもり、やりたいことがないと自己嫌悪に陥ったりしていることありませんか?「大切な我が子のためになんとかしてあげたい!」そう思う気持ちを過剰に押し付けるのではなく、さりげなくお子さんの興味を引き出すコツがありますよ。
 

【目次】

 

1.不登校でも明るく過ごしてほしい親の気持ち

 
 
先日、私が住んでいる地域の不登校保護者のイベントに参加してきました。
 
 
多くのお母さんが、
 
「学校に行かなくなってから、引きこもりがちになった。」
「引きこもってゲームばかりしている。」
 
と、お子さんを心配していました。
 
 
子どもの不登校を受け入れたお母さんにとって、
 
「学校に行かなくてもいいから元気に過ごしてほしい
「色んなことに興味をもって過ごしてほしい」
 
と思うのが親心。
 
 
しかし現実は、外へ出るのを嫌がってゲームや動画視聴の時間が長くなってしまったり、何かしようと提案しても断られてしまうことが多いのではないでしょうか。
 
 
 
 

2.引きこもりたい子どもの気持ち

 
 
なぜ不登校の子どもは引きこもりになるのでしょうか?
 
 
もちろん、不登校の初期段階で起立性調節障害や頭痛、腹痛などの二次障害が起こっている場合は外へ出て活動する気力も起きないでしょう。
 
 
体の調子はいいのに、外出したがらないという場合、子どもの気持ちを想像してみましょう。
 
 
「みんなが学校へ行って勉強しているのに、その間に好きなことをしたらダメなんじゃないか。」
 
「周りの人は、学校へ行っていない自分をどう思うのだろうか?」
 
「平日に外出したら、『あら?学校はお休み?』と声をかけられて気まずい。」
 
 
など、子どもながらに一生懸命考えているのです。
 
 
我が家の不登校中の息子も、休日は外出しますが平日はフリースクール以外の場所へ外出することはありません。
 
 
本人からも「みんなが学校行っている時間は外出しない!」と宣言されています。
 
 
最初は「せっかく学校へ行かないなら、博物館や図書館に行ってためになることをした方がいいんじゃない?」と思いました。
 
 
そのため、「図書館へ行って一緒に食堂でランチしない?」「博物館で面白そうなグッズ買ってこない?」と、ご褒美作戦で息子を外へ連れ出そうとしましたが、むなしく敗北したのです(笑)
 
 
不登校となり心に傷がついてしまった子どもは、家という安心できる場所で過ごすことで心の安定を保っています。
 
 
さらに発達障害の特性として不安の強さがある子どもの場合は、新しいことをするのに相当のエネルギーが必要となるので引きこもりやすくなっていきます。
 
 
 
 

3.学校の長期のお休みは不登校の子どものビックチャンス!

 
 
引きこもりを無理やり解消するのは、不登校の子どもにとってメリットよりも心に傷がつくデメリットの方が多いです。
 
 
そのため、我が家では平日家にいる時は「引きこもっていて全然オーケー!」と話しています。
 
 
しかし、そんな息子がとっても生き生きとする期間があります。
 
 
それは夏休み、春休みなどの学校が長期間お休みになるときです。
 
 
「みんなもお休み!罪悪感なく休める‼︎」と、平日でもどんどん出かけることができるのです。
 
 
そんな時が成長を促すチャンスです!
 
 
今年は春休みの前に、すでにコロナウイルス感染防止措置のためにお休みが長期間設定されていますよね。不登校の子どもの心理的負担が軽くなる日が多くなりました。
 
 
「不要不急の外出を控えて下さい」と学校からも言われているので「遊びに出かけよう!」というわけにはいきませんが、春休みになったときに活動的に動けるようにお家の中で心の準備をしてあげませんか?
 
 
 
 

4.家庭の中で子どもの興味を広げるオススメは

 
 
家の中で、「子どもが外の世界に出たいな」と思えるような会話やコミュニケーションをとれるといいですよね。
 
 
我が家の息子の引きこもり度が強かったときによかった対応は、DVD鑑賞でした。
 
 
平日、好きな動画を見ることに熱中している息子のそばで、「お母さんDVD見ようかな〜♪」と言って勝手に再生します。
 
 
このとき見る作品は、子どもが好きそうなもので、お母さん自身も楽しめそうなものがおすすめです。
 
 
最初は「ふーん」と言って興味をもっていなくても、DVDが始まって「おもしろそう!」と思うと、子どもも自分のやっていることを一旦やめて一緒に見るようになります。
 
 
不登校の子どもにおすすめなのは、挫折やピンチを乗り越えて前へ歩んでいく様子がコメディタッチに描かれているお話。
 
 
「こんな人もいるんだね。」
「こんなことが起きたら僕ならこうする!」
「DVDに出てきた〇〇に行ってみたい」
「あんなことやってみたいな」
 
 
などと感じて、興味が広がり行動したいという気持ちが沸き起こってきます。
 
 
ここで注意してほしいのは、決して途中で子どもがDVDを見るのをやめてしまったり、最初から全然見ようとしなくても怒ったりイライラしたりしないことです。
 
 
お子さんが一緒に見てくれなかったら、お母さんが一人で楽しんじゃってください!
 
 
「お母さんが見たDVDでこんな面白いところがあってさ〜」と後でお話ししてあげましょう。
 
 
一緒に見れた場合は、「一緒に見てくれてありがとう!お母さん嬉しかったな。」とお母さんの気持ちを伝えてあげてくださいね。
 
 
 
 
一緒に見ることで感動や興奮を共有でき、更にお母さんが喜んでくれることで、誰かと一緒に何かをするということが楽しいことだという風に感じてもらうこともできるんです。
 
 
我が家の息子はDVD鑑賞をしたことで、新しく習い事を始めたり、「こんな仕事もあるんだね、勉強してみようかな」と言うようになったりしましたよ。
 
 
たくさんお家の中で外に出たくなるようなきっかけを与えてあげて、引きこもっている不登校の子どもが少しでも外へ出るチャンスを作っていきましょう!
 
 
不登校の子どもを元気づけるために一歩踏み出す作戦を実行したお母さんの記事も読んでみてください。
 
 
引きこもりがちな子どもと楽しく過ごす秘訣がわかります!
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

 
 
執筆者:すずき真菜
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-コロナウィルス対策, パステルキッズの明るい未来, 不登校, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.