パステル総研お悩み相談室 対応 発達障害

【お悩み相談室】発達障害の子どもの癇癪はどうすればなくなりますか?

更新日:

息子は発達障害グレーゾーンの6歳です。ちょっとしたことで癇癪を起こし、大暴れします。いつ癇癪が起こるか分からず、毎日ビクビクしています。癇癪を起こさなくなる日が来るのでしょうか…?

 

6歳・男の子のママ

お子さんが癇癪持ちだとお母さんも辛いですよね。そこで今回は発達障害グレーゾーンの息子のひどい癇癪に悩まされた過去を持つ私がお答えします。

 

発達科学コミュニケーション
リサーチャー 森あや

 

【目次】

 

1.激しすぎて手がつけられない!息子の癇癪に悩まされた過去

 
 
私の息子は発達障害グレーゾーンの小学1年生です。
 
 
実は幼稚園の頃は激しい癇癪持ちで、ちょっと気に入らないことがあるとすぐに大暴れしていました。
 
 
外なのにひっくり返って大泣きをする、家の中では手当たり次第物を投げるなど、かなり壮絶な毎日を送っていました。
 
 
だから相談者さんの辛いお気持ちはよく分かります。いつ癇癪が起こるかわからない我が子とビクビク過ごすのは本当に疲れますよね…。
 
 
そして家の中ならまだしも、外で癇癪を起こされると周りの目も気になります。我が家の息子は家だろうと外だろうとお構い無しに大暴れするタイプだったので、
 
 
「なんでこんなにワガママなの?」
「お母さんの育て方が悪いんじゃないの?」
 
 
などと言われたことも…。子どもが癇癪持ちだと、こんな風に責められる機会も増えるので、お母さんのストレスはものすごく大きいんですよね。
 
 
でもこれだけは必ず知っておいてください。子どもの癇癪はお母さんのしつけや育て方が悪いからではありません!
 
 
発達障害グレーゾーンの子どもは癇癪を起こしやすい特性を持っているんです。
 
 
ところで相談者さんは、普段お子さんとどのようなコミュニケーションを取っていますか?
 
 
実は以前、私は息子とこんなやり取りばかりをしていました。
 
 
例えば
 
 
「このおもちゃがほしい!」→「この間、他のおもちゃを買ったでしょ!」
・「お腹すいた!」→「ちょっと待って!」
・「片付けたくない!」→「自分で散らかしたんでしょ!」
 
 
とこんな感じです。
 
 
これ、普通の子どもだったら「仕方ない」と諦める場面ですよね?ところが発達障害グレーゾーンの子どもは脳に特性があるため、こんなちょっとしたやり取りが激しい癇癪に繋がってしまうんです!
 
 
 
 

2.発達障害グレーゾーンの子どもが癇癪を起こしやすい理由とは?

 
 
発達障害グレーゾーンの子どもは脳の発達が未熟なため、苦手なことが多くあります。そこで今回は癇癪の原因となる3つの特性をお話ししますね。
 
 
①自分の気持ちを言葉にすることが苦手
 
 
発達障害の子どもは自分の気持ちを頭の中でまとめることが苦手です。だから「嫌だ!」という感情をうまく伝えることができずに癇癪という表現方法を取ってしまうんです。
 
 
②融通が利かない
 
 
発達障害の子どもはこだわりが強い傾向があります。そのために自分の思い通りに行かないと不安でいっぱいになってしまうんです。
 
 
③カッとなりやすい
 
 
発達障害の子どもは感情のコントロールが苦手です。そのために、何か気に入らないことがあるとすぐに手が出たり物を投げてしまったりするんです。
 
 
どうですか?先ほどもお伝えしたように発達障害の子どもが癇癪を起こしやすいのはお母さんのしつけのせいではなく、こんな風に色々なことが苦手だからなんです。
 
 
では私は、どのようにして息子の激しい癇癪から解放されたのでしょうか?
 
 
 
 

3.あのひどい癇癪持ちはどこへ!?子どもが落ち着くテクニックを公開!

 
 
私が息子の癇癪をなくすためにやったこと、それはズバリ「予防」です。
 
 
一度癇癪が起こってしまうと、収めるのには体力も気力も必要ですよね。だから私は「どうすれば癇癪が起こらないようにできるのか?」を考えることにしたんです。
 
 
そこで私は息子の発言に対して2つのことを徹底するようにしました。
 
 

◆①絶対に否定しない

 
 
子どもが癇癪を起こす場面というのは大抵「自分の思い通りにならなかったとき」です。
 
 
とは言ってもなんでもかんでも子どもの要求に応えるわけにも行きません。
 
 
そこで、子どもがこちらの話を受け入れやすいように、まずは子どもの発言を否定せずに認めてあげる必要があるんです。
 
 
例えば我が家の例だと
 
 
・「このおもちゃがほしい!」→「わー、これかっこいいね!どうしてほしいの?」
・「お腹すいた!」→「じゃあご飯いっぱい食べられるね!」
・「片付けたくない!」→「そっか、今日幼稚園で頑張って疲れちゃったんだねー」
 
 
という感じで、とにかく息子の発言を否定しないようにしました。
 
 

◆②見通しを持たせてあげる

 
 
そして子どもの発言を受け入れたら、次にやることは見通しを持たせてあげることです。例えば
 
 
・「じゃあ、このおもちゃはお誕生日まで待とうね」
・「お母さん、頑張って10分でご飯の準備するね!」
・「じゃあお母さんと一緒に片付けよう!」
 
 
という感じで息子に具体的な解決策を提示するようにしました。
 
 
子どもは自分の気持ちに共感してもらうと、人の意見を受け入れやすくなります。まず最初に子どもの発言を肯定してあげることで、そのあとのやりとりがぐっとスムーズになるんです。
 
 
さらに癇癪というのは分かりやすく言うと「脳の悪いクセ」です。
 
 
つまり普段から肯定的なコミュニケーションを取ることで脳が発達していくと、子どもの感情が爆発するようなことがだんだんなくなっていくんです。
 
 
 
 
こんな風にコミュニケーションを続けるうちに、あんなにひどい癇癪持ちだった息子はすっかり落ち着きました
 
 
今では、私がついイライラしてしまっていると「お母さん、トゲトゲが生えてるよ!」なんて優しく指摘してくれます(笑)
 
 
お母さんが適切な対応をとれば、発達障害グレーゾーンの子どもの癇癪はちゃんと解消できるんですよ!
 
 
子どもの癇癪を解消する秘訣は
 
 
・子どもの発言を否定しないこと
・見通しを持たせてあげること
 
 
の2つです。ぜひ今日から始めて、お子さんの落ち着きを取り戻してあげてくださいね。
 
 
子どもの行動を落ち着かせるコミュニケーションを多数配信しています!
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:森あや
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-パステル総研お悩み相談室, 対応, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.