ADHD 対応

発達障害のお子さんに緊急対応!危機感が薄いADHDの子への対応とお休みの意味を伝えるタイミング

更新日:

突然の状況変化で発達障害の子どもは不安になりやすく、対応に追われるご家庭もあると思います。一方、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の子は逆に危機感が薄い子も多いです。子どもたちへの対応と「お休みの意味」を話すタイミングをお伝えします。
 

【目次】

 

1.突然の休校!発達障害・グレーゾーンの子には落ち着いて対応しましょう

 
 
先日、政府から全国小中高の休校要請が出されました。臨時休校の対応に追われているご家庭も多いことと思います。
 
 
お住いの地域によって対応は異なると思いますので、最新の情報をぜひチェックしてみてください。
 
 
我が家は、中3男子、小6女子とW卒業でしたが、先週が最後の登校となりました。卒業式は、先生と卒業生だけで行うという案も出ていますが、今後の動向によってどうなるかわかりません。
 
 
いずれにしても保護者は卒業式に参加できません。残念ではありますが、子どもたちはもっと残念なはず。子どもたちの心も揺れています。
 
 
お母さんは、仕事もあるし、子どものこともあるし、焦ったりイライラすることもあると思います。
 
 
ですが少しだけ落ち着いて、お子さんとの接し方を考えてみてください。限られた時間でも構いません。
 
 
お子さんと過ごす時間を落ち着いて過ごせる時間にしてあげてください。
 
 
 
 

2.こんなとき我が家のADHDっ子は?!

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもたちは、突然の事態にさまざまな様子を示します。
 
 
不安の強いタイプのお子さんは、「目に見えないこと」「わからないこと」にとても不安を感じます。そして事態が終息しても、その不安を長く長く引きずる特性があります。
 
 
一方、危機感が薄いタイプの注意欠陥・多動性障害(ADHD)のお子さんたちは、「よっし!休みになったぜ!どこに遊びに行こうかな」と衝動にかられてコトの本質を見落として行動しようとすることもあります。
 
 
我が家の中3ADHD男子は典型的で、「おれ、明日、自転車で○○まで行ってくるわ!」とまさに危機感が薄い。
 
 
本人を守るためなのはもちろんですが、それだけでなく、周りにいる弱い人を守るためのお休みであることもしっかり伝えていきたいですね。
 
 
 
 

3.発達障害・グレーゾーンの子どもたちへの対応のポイントはこれ!

 
 

①脳に伝えたい情報は少なくする

 
 
では、どうやったらお母さんの「伝えたいコト」が子どもに届くのか。それは、情報量が多すぎないこと。これがポイントです!
 
 
臨時休校の対応で日中お子さんに留守番をさせるなら、「何かをさせなくちゃ!」「しっかり活動させなくちゃ!」と思って出かける前に、
 
「今日は勉強してね」
「ドリルここまでやっておいてね」
「ご飯食べたら片付けてね」
 
などなど、矢継ぎ早に指示を出して出かけていませんか?
 
 
そして…帰宅するとたいだいやっていないので(笑)イライラして、「やりなさいって言ったでしょ?!」とまた指示のオンパレード。
 
 
そうなると子どもの脳は処理のキャパシティを超えるので、一番伝えたい、そして本当に伝えたい大事なメッセージすら「却下」してしまいます。
 
 
ですからこういうときこそ、伝えたいメッセージが最優先です。
 
 
脳がストレスを感じるのは、処理量を超える情報が入ってきたとき。ストレスを感じた脳は処理をストップします。
 
 
ただでさえ、子どもたちは普段とは異なる環境に戸惑いを感じています。
 
 
お母さんからの司令・命令が溢れすぎないよう、そして一緒に過ごす時間は楽しい時間になるよう、お子さんと関わってみてください。
 
 

②大事な話をするタイミング

 
 
お母さんがお仕事に行っている間、ずーっとずーっとゲームばかりやっていたとします。
 
 
それでも帰宅したら…
 
「今日はなんのゲームやったの?」「勝てたの?」「へー、すごいね」
 
関わってあげてから、行動の切り替えを促してください。
 
 
「今日はいっぱいゲームやったんだね。よし!じゃあ、それが終わったら一緒にご飯作ろうか!」
 
「じゃあ、1ゲームやったらお風呂掃除をお願いしちゃおうかな」
 
などと、切り替えをうまく促してあげるといいと思います。
 
 
そんなゆとりのある状態で「大事な話」をすれば、子どもたちもしっかり受け止めてくれるはずです。
 
 
 
 

③ピンチはチャンス

 
 
そうは言っても、今の時点で親子関係がギクシャクしているおウチもあるかもしれません。
 
 
お母さんにとっては予想以上の前倒しスケジュールで、春休みが始まる地域もあるわけです。「この先続く長い春休みを乗り切るのは正直、しんどい…」という方もいるかもしれません。
 
 
そんな方は、お子さんとの接し方を見直す良い機会です!ピンチをチャンスに変える。子育ては待ったなしです。
 
 
お母さんたちが不安な様子やイライライした様子を見せずに、お子さんたちの安心・リラックスを考えながら、親子ともに笑顔で過ごせるよう計画を立ててみましょう。
 
 
長期休暇といえば『夏休み』が代表的ですが、今回は通常の夏休みとは勝手が違います。
 
 
通常の夏休みであれば、子どもたちの脳の活動量をUPさせるために、あらゆるレジャーや学びの場や遊び場へ子どもたちを連れていく!というプランで対応することができました。
 
 
ところが、今回はそれとは状況が異なります。思うように外出することも、楽しい場所にでかけることも、難しくなる恐れがあります。
 
 
こんなときこそお母さんは落ち着いて、普段はできないお家の中でできることを一緒に見つけたり、子どもへの接し方を見直してみたりするものいいかもしれませんね。
 
 
突然のピンチもチャンスに!発達障害・グレーゾーンの子への対応術をお伝えしています。
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

 
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-ADHD, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.