グレーゾーン 発達障害

お母さんが家庭でできる!発達障害・グレーゾーンの子どもの忘れ物対策とは?

更新日:

整理整頓が苦手、忘れ物が多い…発達障害・グレーゾーンのお子さんに多くみられるお悩みですよね。でもあきらめないで!お母さんが家庭でできる対策で、お子さんの学校生活をフォローできちゃう方法を伝授します!
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンの子ども、忘れ物が多いのはなぜ?

 
 
新学期に向けて、学校生活でのお子さんの「できないこと・苦手なこと」が気になりはじめる時期ではないでしょうか?
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもに多くみられる「整理整頓が苦手」は、学校生活にも大きな影響を与えます。
 
 
●忘れ物をしてしまう、忘れ物が多い
●学校においてあったはずの教科書がなぜかない
●学校からの大事なお手紙が家に届かない
 
 
などなど、こんなお悩みを抱えているお母さんも多いのではないでしょうか。
 
 
そうなると、朝の登校前の準備タイムは、
 
 
「今日は何の科目があるの?」
「え?連絡帳書いてないから、今日の授業がわからない?!」
「教科書持った?ノート持った?」
「今日先生に出す手紙、持った?」 
 
 
と、こんな状況に陥いってしまいがちですね。コレ、お母さんにとっても、お子さんにとっても、辛い状況なのです。
 
 
実は、不注意忘れ物が多い発達障害・グレーゾーンの子どもは、朝の覚醒が悪いケースが多いのです。
 
 
覚醒が悪いというのは、起きて体も動かしているけれど、脳そのものが働いていない状態です。
 
 
そんな状態のお子さんに、あれ持った?これ持った?の機関銃トークを繰り広げるのは、 お母さんもストレス、子どももストレス、なワケですね。
 
 
でもここであきらめないで!
 
 
 
 
親は学校生活のことまではなかなかフォローしきれないですが、それでも家庭で子どもの背中を押してあげることはできますよ。
 
 
だから我が家では、忘れ物対策&ガミガミを軽減するためにこんなフォローをしています。次の章でご紹介していきますね。
 
 

2.発達の特性にあったサポートで「できる」を増やしていきましょう!

 
 
そんな息子の忘れ物対策とは…
 
 
教科書、ノート、資料集、プリント用ファイルなどは、バラバラに持たせずに教科ごとのファイルケースを作ってその中に一括投入
 
 
国語のある日は、国語のファイルケースをまるっと1つ持っていくというスタイルです。
 
 
「国語の用意をして!」とひとことで言っても分解してみると、実はやることがたくさんあるのです。例えば…
 
 
・ノートを持つ
・教科書を持つ
・補助教材があれば持つ
・宿題を持つ
 
 
これを1教科だけでなく、5教科~6教科分毎日用意するとなると、発達障害・グレーゾーンの子どもにとってはかなりの情報量
 
 
頭の中で情報整理ができず、途中で放棄してしまう、ということが起きやすいわけです。
 
 
だからまずは情報量を減らすために、教科ごとの資料は1つのファイルケースにまとめる。 国語といわれれば、カバンに入れるのはとりあえず1つ。
 
 
こうやって情報量と作業をシンプルにしてあげると、子どもの負担感も減って行動に移しやすくなります。
 
 
そして、準備ができたら「よし!できたね」と言って、できたことを認めてあげましょう。 これで少しずつ自信がつけば、準備への抵抗感も下がりますし、習慣化しやすくなりますね。
 
 
ち・な・み・に!
 
 
この方法にはデメリットもあります。それは…「重い」ということ(笑)。使用頻度が低い資料も常にファイルケースに入っているので、とにかく重い!
 
 
ですので、みなさんにこの方法を推奨するわけではありません!
 
 
我が家では息子の「整理整頓が苦手」という特性と、「体力がある」という特性をミックスして、このスタイルにたどり着きましたが、一番大事なことはお子さんの得意・不得意をお母さんが理解してあげることです。
 
 
そしてできそうなことを見つけ、それをサポートしたり、伸ばしたりしてあげることです。
 
 
 
 
 
お母さんのサポートで発達障害・グレーゾーンの子どもの「できる」を増やして、新学期をスムーズにスタートできることを応援しています!
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもを家庭で伸ばす方法についてメール講座でお伝えしています!ぜひご登録ください。
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

 
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.