コミュニケーション 対応

朝の苦手な発達障害のお子さんこそ朝活してみませんか?春休みに親子関係をグーンと良くするコミュニケーション術

更新日:

朝の準備が苦手な発達障害のお子さん、多いですよね。そこでご提案!春休み中、親子で一緒に朝活にトライしてみてください。脳が活性化して親子関係も良くなる、とっておきの方法、教えちゃいます!
 

【目次】

 

1.朝の苦手な発達障害の子も家族みんなが朝からご機嫌♪に過ごせる秘訣

 
 
いつも忙しい朝の時間、ついついイライラして気がついたら、ママは指示出ししかしていなかった…!なんてことありますよね。
 
 
発達障害のお子さんは朝の準備が苦手な子も多いですから、指示出しばかりされていたら、どんどん朝が嫌いになってしまいます。
 
 
「うちも朝からご機嫌に過ごせる家族になりたいなー」と思ったことはありませんか?
 
 
大丈夫です。なれます!その秘訣はズバリ!…
 
 
家族のコミュニケーションです。
 
 
子どもの心をつかんでいる家庭には「笑い」があります。
 
 
楽しい会話ができているってことですよね。楽しい会話ができていると、子どもは割と素直に動きます。
 
 
そこで、ご提案です! この春休み中、親子で一緒に朝活に取り組んでみませんか。
 
 
時間に余裕のあるお休みの日から始めることで、良いコミュニケーションの習慣ができて、親子関係もグーンと良くなりますよ!
 
 
 
 

2.親子関係を良くするちょっとしたコツ

 
 
発達障害の子の脳が活性化して親子関係も良くなる、いいことづくめの朝活なんですが、ちょっとだけコツがあるんです。
 
 
一つめは、お子さんが楽しいと思えるものを選ぶこと!
 
 
二つめは、大人にあまり負担がかからないものであること、です。
 
 
脳を発達させるには、楽しみながら活動すること継続させることが大事です。
 
 
お子さんにもママにも無理が生じないような活動を選んでくださいね。
 
 
次に、発達障害のお子さんたちにおすすめの朝活をご紹介しますね。
 
 
 
 

3.発達障害の子どもにおすすめの朝活、集めました!

 
 

◆パズル

 
 
最初におすすめしたいのは、パズルです!!
 
 
ガッツリ外で全身を動かさなくても、手や指を使うことで脳に刺激を与えることができるんです。
 
 
まずは、お子さんが楽しんでできるレベルのものでやってください。
 
 
考える、ピースを握る、ということで脳が活性化するのはもちろんですが、「ここにはまるかな~」というワクワクした気持ちで取り組めるのも大きなメリットです。
 
 
しかも、仕上がった状態が視覚的に確認できるから、達成感もありますよね!
 
 
知っていますか?楽しく活動すると、発達障害の子の脳はとーっても伸びるんです!
 
 
親子で楽しんで、ついでに脳も発達させちゃいましょう!
 
 

◆バランスゲーム

 
 
二つ目のおすすめはバランスゲームです。
 
 
ブロックを倒れないように順番に積み重ねていくアレです。盛り上がりますよねー!
 
 
ハラハラ、ドキドキ感がたまりません。
 
 
大人も楽しめる朝活なので、発達障害のお子さんだけでなく、大人の脳だって活性化されますよ。
 
 
ぜひやってみてくださいね。
 
 

◆草むしり

 
 
最後にご紹介するのが、草むしりです。
 
 
え!草むしり?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、これ、お庭があるお家で、外遊びが好きな子だったら夢中でやりますよ。庭もきれいになって一石二鳥!
 
 
朝、太陽の光を浴びることは、とくに目覚めの悪いお子さんなら、試してみる価値が大いにアリます!
 
 
というのも、太陽の光を浴びると、体内時計がリセットされて活動状態になります。
 
 
太陽光には、眠りのホルモンである「メラトニン」の分泌をストップさせる効果があるからなんです。
 
 
爽やかな朝は、想像しただけでも気分がよくなりますね。
 
 
春休み、暖かくなってきた日の朝、窓をガラッと開けて、朝から親子で元気に活動してください!
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
 
春休みに親子の良いコミュニケーションができると、新学期からも良いスタートがきれますね。
 
 
みなさん、ぜ楽しい朝活を発達障害のお子さんと親子一緒に楽しんでみてください!
 
 
発達障害のお子さんとの親子関係が良くなるヒントを毎日配信しています。
 
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:須藤ゆかり
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-コミュニケーション, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.