中学生 対応

通知表に着目!発達障害・グレーゾーンの中学生への非常識な褒めテクニック大公開!

投稿日:

発達障害グレーゾーンの息子は勉強嫌いで、宿題・提出物を出せませんでした。しかし、私が宿題への常識を手放し非常識な褒めテクニックを続けた結果、息子が頑張り男子への階段を登り始めたのです。今回はその実例を大公開しちゃいます!
 

【目次】

 

1.ママの落とし穴!通知表の数字だけで子どもを評価していませんか?

 
 
一斉休校の真っ最中ですが、学校によっては終業式の半日だけ登校する、という学校もあるようです。
 
 
終業式といえば…そう!通知表です。
 
 
勉強が苦手な発達障害・グレーゾーンのお子さんを持つお母さんにとっては胃が痛いですよね。
 
 
私の息子は、勉強が得意ではないグレーゾーンの中学生。 昔の私は、学期末にもらう通知表の評定を見て、息子をガミガミ叱っていました。
 
 
ちなみに、我が家の息子の通知表をご紹介すると…数学「2」なんです。 中学生のお子さんをお持ちのお母さんはお分かりかもしれませんが、「2」って結構ピンチ!
 
 
そうそう、うちの子もこんな成績じゃ褒められない!と思っているお母さん、いらっしゃいますよね。
 
 
だからって 「あんた!数学「2」でどうするの?」「なんでもっと頑張らないの?」 とガミガミ言うのはもちろんNG。
 
 
視点チェンジして、褒め上手ママに変身しませんか?
 
 
 
 

2.通知表で絶対チェックすべき項目はこれ!

 
 
もうすぐお子さんが持ち帰ってくる通知表。見るべきなのは評定の数字の部分だけではありません!数字以外の項目の評価こそ、注目したいポイントです。
 
 
例えば、息子の通知表の数学の部分だと、
 
「数学への関心・意欲・態度」
「数学的な見方や考え方」
「数学的な技能」
「数量や図形などについての知識・理解」
 
 
この4つの評価(A〜C)によってその科目の評定(5〜1)が決まります。 言うまでもなく評価は「A」が一番よくて、評定は「5」が一番よいです。
 
 
つまり、4つの評価でAがたくさんとれていれば、評定は限りなく5に近づくということです。
 
 
息子の評価はCがずらーりと並んでいます。 でもその中に1つだけ「A」がキラリと輝いていました。
 
 
その「A」はどうやってゲットしたかと言うと、宿題・提出物を出す=意欲・関心・態度よしという判断をしてもらった。これだけです。 
 
 
「A」が1つあっても残り3つがCなので、当然評定としては「2」になるわけなんです。
 
 
でも、「2」という数字だけを捉えて、「あんた!そんなんで受験できると思ってるの?」 と言うか…
 
「A」を見て「よく提出物出したね!」 と言うか…
 
 
これだけで子どものやる気も成長も変わってくるんです。
 
 
この評価基準に関しては、どうしても学校や先生によってバラバラです。ぜひ分析してみてくださいね。
 
 
 
 

3.成績だけにこだわって、子どもの成長を見逃していませんか?

 
 
我が家の息子には、中学3年生になるまで「宿題・提出物を出す」という考えがありませんでした。
 
 
この「宿題・提出物を出す」という成長を促すために、親の常識を手放し息子目線で肯定と応援を続けるという時代がありました。
 
 
気づくか、気づかないか、それくらいの小さな成長を発見するということを続けたのです。 その結果、通知表に「A」をつけることができたのです。
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもたちの成長は、他のクラスメイトと同じペースとは限りません。 得意なことが他のお友達と一緒とは限りません。
 
 
誰かと比較することをやめて、お母さんたちが子どもの成長を見落とさなければ子どもたちは変わっていきます。
 
 
今の成績にこだわりすぎてお子さんの人格否定までしてしまう… なんてことが無いようにしたいですね!
 
 
今、成績が悪かったら人生が終わり、なんてことはありません。 今、学校に行けなかったから人生が終わり、なんてこともありません。
 
 
発達障害・グレーゾーンであっても、学校で評価されなくても、イキイキと過ごす道はたくさんあります。 褒めるのが苦手!とか褒めるところがない!とか言い続けるのは、そろそろ終わりにしませんか?
 
 
そして子どもが変われば学校の先生だって応援してくれるようになります。
 
 
数学で「2」をつけてくれた先生は、息子を呼び止めて 「やる気は買う。あとは実績(点数)が欲しい。次回の定期考査で50点取れたらきっと「3」に上がるよ」 と声をかけてくれたそうです。
 
 
勉強大嫌いで学校では問題児扱いされていた息子ですが、先生方の見方もちょっとずつ変わってきているようです。
 
 
 
 

4.発達障害グレーゾーンの息子が宿題・提出物を出せるようになった実例大公開!

 
 
発達科学コミュニケーション(発コミュ)には1%ルールというスゴワザがあります。
 
 
何かをやろうとしたとき、結果は散々だったけどやった事実があるとき、そこをしっかり褒める! 1%の量しかやっていなくても、1%のクオリティでも肯定する。
 
 
これが発コミュの鉄則です。
 
 
今回、特別に我が家がこの1%ルールを使って、宿題・提出物を出せるようになった実例をお伝えしちゃいます!
 
 

●STEP1:宿題は「書けばよし!」

 
 
基本の計算問題は自力でチャレンジ!でもそれ以外の問題は答えを見てヨシ! 答えを見てもいいから全部書けばOK!
 
 

●STEP2:宿題を「持っていけばよし!」

 
 
書いた宿題をカバンに入れて持っていけばそれを肯定。 たとえ提出を忘れてもそれを責めません。
 
 
不注意すぎて、楽しいことがあるとすぐに気がそれるので忘れることもザラにあります。 それでも、「持って行ったんだね!今日出せなかったんだね…遅れてもいいから出したら?」と声をかけます。
 
 

●STEP3:提出期限を過ぎても「出せばよし!」

 
 
提出期限をすぎたら成績の評価からは外されてしまうかもしれません。でもそれでもいいんです。 出した、という事実を認めてあげる。これでOK。
 
 
 
 
こんなコツコツとした肯定を繰り返したのです。
 
 

5.非常識な褒めテクニックで息子が頑張り男子に大変身!

 
 
発コミュの鉄則である1%ルールに取り組み、コツコツと肯定を続けていた結果、息子がどう変化していったかというと…
 
 
1教科だけでも期限までに提出するようになり…
次第に期限までに出せる教科が増えていき…
ちょっとだけ勉強に興味をもちはじめ、
今までは基礎問題しかやってなかったのに解ける問題が増え…
授業もちょっぴり聞くようになり、
時々はノートを書くようになって、
そのノートを提出するようになり…
 
 
宿題・提出物を出さない息子が、頑張り男子に大変身したのです。
 
 
どうでしょう?相当な「褒め祭り」です!
 
 
注意しなくなったらもっとやらなくなるんじゃない? という思い込みは捨ててください。
 
 
発コミュで目指すのは、明日のテストの点数を無理やりUPさせることではなく、この先の人生で勉強や苦手なことに向き合ったり努力したりできる力を授けることです。
 
 
目の前の成績にこだわるなら叱って無理やりやらせれば10点や20点あげることができるのかもしれません。点が上がればラッキーです。ですが「上がれば」の話です。
 
 
勉強に対して嫌悪感しかない子が、イヤイヤやったテスト勉強で本当に点数が伸びるのか?
次のテストもガミガミ言って乗り切るのか?
そのやり方で半年後、1年後、お子さんは勉強嫌いになっていませんか?
親子関係は良好なままでしょうか?
 
 
ちょっと先の未来まで考えてプランを立てるのが発コミュのやり方です。
 
 
 
 
こうやってコツコツコツコツ肯定を積み重ねて、子どもたちの記憶に行動を定着させます。 できた!という体験を貯金していきます。
 
 
ぜひこの実例を元にどこまで褒められるかチャレンジしてみてください。 ”貯金上手”なお母さんになってくださいね。
 
 
視点チェンジで思春期の子どものやる気を上げるコミュニケーション大公開!
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

 
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 

-中学生, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.