Nicotto パステルキッズの明るい未来 不登校 発達障害

【Nicotto!限定】不登校で初めての進級。発達障害の小学生女子の気持ちと対応策は先生にこう伝える!

更新日:

原因不明な不登校の小学生女子を育てるママが、初めて迎える進級。周りや学校からの「4月から学校どうするの?」というプレッシャーをはねのけ、発達障害の子どもの気持ちを引き出し、先生に特性を理解してもらうためのワザをお伝えします。
 

【目次】

1.学校は行かなくてはいけないところなのか?!
2.不登校になってから判明した事実!
3.4月から小学校はどうするの?〜小学生女子の気持ち
4.先生に発達障害の子どもの特性はこう伝える

 

1.学校は行かなくてはいけないところなのか?!

 
 
3月、いきなり始まった長い春休み。不登校中のお子さんはどう過ごしていますか?
 
 
お母さんは、どんなお気持ちですか?
 
 
不登校の娘がいる我が家は、昼間娘を連れて歩いても「学校ではないの?」と言われることがないので、しほっとしています。娘も、気持ちは同じのようで、みんながお休みなので後ろめたさを感じることがないのか、活き活きと過ごしています。
 
 
昨年の4月から、小学3年生の娘は原因はわからないまま不登校になりました。
 
 
小学生では、何がイヤで、なぜ学校に行きたくないのか、本人もよくわかっていないことが多いです。親は、原因がわかれば対応策も考えられると、気持ちを引き出そうとします。
 
 
しかし、原因がわからなくても、
 
 
「不登校は無理やり行かせてはいけない」
 
 
これは本当です。
 
 
家にいる子どもの様子を見ていると、「学校に行かなくても、1日の出来事から学び、成長をしている」とつくづく思います。
 
 
4月に娘は4年生へ進級します。
 
 
そこで今回は「不登校の子どもの進級はどうするの?」と思った私が進級に対する娘の気持ちや学校との連携を考え行動した方法をお伝えしていきます!
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, パステルキッズの明るい未来, 不登校, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.