対応 発達障害

発達障害女子の反抗期対応バイブル!男子とは違う対応で「こじらせ感」を解消!

更新日:

発達障害女子のお母さん、お子さんへの対応を調べてもなかなか改善しないということはありませんか?実は男の子とは違う、女の子ならではの対応が必要なのです。反抗期でこじらせている子に効く、お家でできる対応をお伝えします。
 

【目次】

 

1.発達障害の対応、反抗期の女子に効かないのはなぜ?

 
 
反抗期女子ってややこしい!と、子育てに悩んでいるお母さん。もしかしてまだ男子向けの育児書を読んでいませんか?
 
 
女子は男子とは別次元の「ややこしさ」を持っています。どっちがいい・悪いではなく、困りごとの現れ方が違うということです。
 
 
男子の方が困りごとが目立つから対策もたてやすい!一方、女子は…というと困りごとになかなか気づきにくくその対応策も世に出回りにくいのです。特に女子の9歳〜13歳という時期は難しい時期です。
 
 
その難しい発達障害女子の「こじらせ期」は男子と異なるスペシャルなお母さんの対応が必要なのです。
 
 
男子の困りごとやトラブルが目立ちやすかったことから、かつては「発達障害は男子のほうが多い」という誤った認識もありました。(今は半々と言われています)
 
 
そんなこともあって、発達検査の基準は男子の行動を基準につくられ、発達障害の本も「男子の発達障害」をベースに書かれているものが多かった…。
 
 
だから発達障害女子のママからすると、どこに相談しても何を調べても、いまひとつピンとこない!…そんなことが起きていたのです!だからこそお母さんには、発達障害の反抗期女子に合った対応術を知ってもらいたいと思います。
 
 

 
 

2.こんな様子が見られたら要注意!反抗期こじらせ女子のサイン

 
 
もしお子さんにこんな様子がみられたら、それは「こじらせ期」のサインです。
 
 
・常にイライラしている
・お母さんが何を話しかけてもすぐにキレる
・プライドが高くてできない自分を、必要以上に責める
・友人関係に悩んでいる
・以前は”優秀”だったのに、急に自信を失いはじめた
・感情的になることが多い
 
 
いかがですか?複数にわたり当てはまっている、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
 
「あれ?」と思うサインにお母さんお父さんが気づいたときには、すでに「こじらせ」が進んでいる状態です。
 
 
長年、困りごとを抱え込んできて抱えきれなくなったものがサインとして出ているので「がんばればできる!」「努力で乗り切れる!」と軽く考えると、あっという間に困りごとが悪化します
 
 
こんなお子さんのSOSサインをいち早くキャッチして、我が子に合ったサポートができるお母さんになりましょう!
 
 
学校生活を一年間頑張って来たこの時期は、エネルギー切れを起こしている発達障害の子も多い季節です。この時期のお家での対応が、お子さんの新学期の頑張りを大きく左右します。
 
 
でも大丈夫!どんな困りごとでも効く対応はあるのです。ではお家でどう対応するのがよいのでしょうか?
 
 

 
 

3.エネルギー切れになる前に!お家で充電させてあげる方法

 
 
こじらせ始めると、子どもの心は不安定になります。「お母さんに嫌われているんじゃないか」と思い始めると、お母さんのどんな言葉も届きにくくなり、コミュニケーションのつまづきも増えてきます。
 
 

 
 
そこで使ってほしいのが「気持ちをのせた言葉」です。 例えば「早く寝なさい」と言いたいところを体が疲れただろうからそろそろ寝る?」と言い換えてみてください。
 
 
こうすることで「あなたのことを大切に思っているのよという気持ちを言葉にのせることができるのです。 普段の会話の終わりも「おもしろかったわ」「いい話聞いちゃった!」と言って終わりにしてみてください。
 
 
コミュニケーションできて「楽しかったよ」という気持ちがお子さんに伝わります。お子さんにとって家が安心できる場所になり、エネルギーが充電されていくのです。
 
 
春は進学・進級と1年のうちでも一番エネルギーを使う時季。おうちでしっかり充電して、この春をスタートさせてくださいね。
 
 
本でもなかなか書かれていない、反抗期女子の対応法、こちらでお伝えしています。ぜひご登録ください!
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

 
 
執筆者:清水畑 亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-対応, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.