グレーゾーン 発達障害

「はじめてが苦手」な発達障害・グレーゾーンの子どもが挑戦できるようになるお母さんとの会話とは?

更新日:

はじめてのことに不安が強く、なかなか行動に移せない発達障害・グレーゾーンの子どもたち。でも大丈夫。そんな慎重なお子さんもお母さんとの会話で、「できないよ」から「やってみる!」に大変身させることができますよ。
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンの子どもが「はじめてが苦手」な理由

 
 
普段、子どもの様子を見ていて、もうちょっと頑張ればできそうなんだけどな、ということはありませんか?
 
 
たとえば自転車の練習をしていて、もう補助輪を外しても大丈夫だろうな~というとき。
 
 
でもなかなか勇気の出ないわが子を見て、なんとかしてあげたい!と思うお母さん、多いと思います。
 
 
実は発達障害・グレーゾーンのお子さんは、はじめてのことに対して慎重な子が多いんです。
 
 
なぜかというと、やったことがないこと、自分の知らないことにすごく不安を感じる、という脳の特性があるからなんです。
 
 
この「不安」からくる「はじめてが苦手」をそのままにしておくと、最初の一歩が踏み出せません。そうするとできる事がなかなか増えずに、自分自信が持てなくなります。
 
 
ですから、ますます最初の一歩が出なくなってしまう…という悪循環になってしまいがちです。
 
 
本当はやればできる実力があるのに、それでは本当にもったいないですよね!
 
 
このタイプのお子さんが行動できるようになる一番効果的な方法が、実はお母さんの声かけにある、と知ったらやってみたくなりませんか?
 
 
不安の強い発達障害・グレーゾーンのお子さんこそ、お母さんの接し方次第で大きく伸びます。
 
 
子どもは毎日接する人の影響をとても受けやすいので、お母さんがお子さんのやる気を引き出す声かけができれば、どんどん子どもは成長していくんですよ。
 
 
今日はわが子が「ある言葉」をきっかけに自転車に乗れるようになった方法を大公開。
 
 
そのエピソードから、不安が強く慎重な発達障害・グレーゾーンの子どもが「行動できる子」に変わる方法をお伝えしますね。
 
 
 
 

2.我が家の息子が自転車に乗れるようになった方法を大公開!

 
 
私の息子は年長さん。発達に凸凹のあるタイプです。
 
 
ある年のお誕生日に、息子はじーじに念願の自転車を買ってもらいました。前から自転車に憧れを持っていたんです。
 
 
とっても嬉しそうに乗っていましたが、「ずっと補助輪をつけたままでいい!」と言っていました。なぜなら息子は不安が強いタイプ。
 
 
「はずして乗れなくなったらどうしよう」
「はずして転んだらどうしよう」
 
 
と心の中では不安でいっぱいだったんですね。
 
 
でも母としてはもうそろそろいけそうだな、ということは見ていてわかります。そこで息子にこんな声かけをしました。それは…
 
 
「多分できると思うんだけど…補助輪外してみない?」
 
 
 
 
この声かけをきっかけに、息子は「やってみようかな」という気持ちに少しずつなってきました。そして「ぼく、できたらすごい?」と、前向きな姿勢にもなりました。そして
 
 
「安定してきたね!」
「前より長い距離乗れたね」
 
 
など、できていることに注目する声かけもこまめにしたので、息子は自信がついて練習が楽しくなり、自分から「ぼく練習したい!」と言うようになりました。
 
 
ここまで来ればもう大丈夫!本人にチャレンジしよう、という気持ちが出てきて、時間はかかりましたが上手に乗れるようになりました。
 
 

3.不安が強く慎重な子どもをノリノリにさせる声かけと会話のコツ

 
 
もうおわかりになりましたね?不安が強く慎重な子どものやる気を引き出す言葉はズバリ、
 
 
「多分できると思うんだけど」
 
 
の一言です。こんな一言でいいの?と思われたかもしれませんね。
 
 
なぜこのシンプルな言葉が、子どもに響くのでしょうか?
 
 
それは、この言葉がハードルを下げてくれる言葉だから。
 
 
不安の強いお子さんは、決して出来ないわけではないし、出来なくてもいい、と思っているわけでもないんです。ただ、ちょっとの勇気が出ないだけ。
 
 
だから、気持ちのハードルをお母さんの声かけで下げて、勇気を出す最初のお手伝いだけしてあげれば、あとはお子さんが自分で頑張っていけます。
 
 
「なんでなやらないの?みんな出来てるよ」と言いたいところをちょっと抑えて
 
 
「多分できると思うんだけど」
「やってみよう!」
 
 
と根気よく声かけをしてみてくださいね。
 
 
 
 
親子でポジティブな会話をしながら練習しているうちに、きっと、少しずつお子さんもやる気を出してきてくれると思います。そんながんばるわが子を見て、お母さんもきっと感動しちゃうと思いますよ!
 
 
ぜひ、お試しください。
 
 
簡単に読めて知識も身につく!子どもを成長させる声かけのヒントをメール講座でお伝えしています。ぜひご登録下さい。
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:須藤ゆかり
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.