グレーゾーン 中学校生活のリアル 中学生

通常級でガンバル発達障害・グレーゾーン新中学生のためのお母さんのサポート術

更新日:

もうすぐ新学期。中学校に進学される発達障害グレーゾーンのお子さんも多いのではないでしょうか。お子さんが通常級でガンバルために、お母さんができるサポート術をお伝えします!
 

【目次】

 

発達障害・グレーゾーンのお子さんが中学校に入学後、お母さんにまずやってほしいこと!

 
 
4月から中学進学のお子さんも多いのではないでしょうか?
 
 
私は、中学校とのやりとりに苦戦したいろんな記録を遡っていて、発達障害グレーゾーンの息子が通常級で頑張るには、いろんな壁があったな、と改めて振り返っておりました。
 
 
もちろん自治体によって、もしくは同じ自治体であっても学校単位で、対応のバラツキはあります。それでも、お母さんたちに4月の入学後にまずやってほしいのは、「お子さんの特性を学校の先生に伝える」こと。
 
 
先生に伝えるためにはお母さんがお子さんのことをよく知っている必要があります。
 
 
 
 
お子さんの特性による苦手に気づかないまま”努力でなんとかなる”と思っているとしたら…それはちょっとリスキーかも!
 
 
教育現場の先生の多くは発達のこともグレーゾーンのことも「知らない」と思ってください。理解のある先生もいますが、確率は高くはないと思います。
 
 
先生も知らずに学校で毎日誤った対応をする…
家でお母さんも知らずに誤った対応をする…
 
 
このダブルの誤った対応でこじらせまくったのが我が家です。同じ失敗を皆さんにはしてほしくない!だから通常級でガンバル新中学生のためのママのサポート術をお伝えします。
 
 

2.思春期グレーゾーンのお子さんがつまずきやすい「小学校とのギャップ」とは? 

 
 
まずお母さんに知ってほしいのは、思春期グレーゾーンのお子さんがつまずきやすい「小学校とのギャップ」です。
 
 
小学校までは担任の先生の手厚いフォローで頑張っていたパステルキッズも 中学になって教科ごとに先生が変わるため思うように「理解」してもらえなかったり「フォロー」してもらえなかったりします。
 
 
発達障害グレーゾーンのお子さんの中学進学つまずき3大ポイントを簡単に説明しますので、「うちの子、どの辺に困りごとありそうかな〜」とチェックしてみてくださいね。
 
 

◆①行動面・生活面の壁

 
 
忘れ物が多い、時間を守れない、授業への意欲関心が低い、委員会活動などへの関心が低い…こんな生活面全般の行動が成績として評価されるのが中学校です。
 
 
特に発達障害グレーゾーンのお子さんは、“できること”もあるのでその分、“できないこと”が目立ってしまいがち。ただ手を抜いている、サボっている、やる気がない、反抗的、などと勘違いされることが残念ながら増えてしまいます。
 
 

◆②対人関係の壁

 
 
思春期になると、周囲のお友達の「心の成長」が加速します。それによって ミスコミュニケーションが起こりやすくなるのがこの時期です。
 
 
特にアスペルガー傾向のあるお子さんは、本人が意図しない発言で嫌われてしまったり、コミュニケーションに自信が持てなくなって人付き合いが怖くなったりします。
 
 
・一方的に話してしまい、相手に嫌がられる
・思ったことをそのまま言葉にしてしまう
・自分の考えをうまく話せない
・社交辞令や冗談を真に受けてしまう
・空気が読めないと言われる
 
 
など、お子さんもうまくいかないストレスを抱えやすいので注意が必要です。
 
 
 
 

◆③勉強の壁

 
 
勉強の苦手がある子どもたちは「やる気がない」わけではありません。
 
 
・集中力が続かない 
・同じことを何度やってもできない
・宿題を提出しない
・授業を聞いていない
・成績が伸びない など。
 
 
発達の特性と絡む勉強の苦手さは子どもに負荷をかけすぎないのが鉄則。成績も大事ですが、そればかりにこだわりすぎず、子どもの「得意」「がんばりたい」の気持ちをしっかり育てましょう。
 
 
どうですか?気になるポイントや「あー、うちの子、これだわ」なんていう気づきはありましたか?まずは、気づくのが第一歩です。
 
 
では、いかにこの春休みにお母さんがラクに、手を抜きながら、ストレスを最小限に、子どもが「動ける」ように仕向けるか。お伝えしていきます!
 
 

3.お母さんが頑張りすぎず楽な方法で、「子どもを動かす」方法はこれ!

 
 
次に、お子さんの「苦手」ランキングを考えてみましょう。このランキングが見えてくればサポートの方法も見えてきますよ!
 
 
お母さんたちがお子さんの「苦手」「できていないこと」にイライラする理由。それは「一番できていないこと」からやらせようとするから。
 
 
ここでちょっとワークをやってみましょう。頭の中でお子さんに対してイライラすることを10個思い浮かべてください。そして、難易度の低い→高いの順番で並べ替えます。
 
 
難易度が低いというのは時々はできている、とか声をかければできる、とかそういうもの。これが難易度が低いもの。
 
 
逆に難易度が高いというのは何度言ってもやらなくて毎回親子バトルになっちゃうようなこと。一緒に過ごす時間が長くなるとあれもこれもできていないことが目に入って来ると思いますが 一度にやらせようとしてはダメです!
 
 
難易度レベル1(難易度低い)に入っているものを1つか2つこれができるようにサポートするところからスタートです。
 
 
例えば食事の後の食器をさげる…これならできそうということであれば、声をかけてやってくれたらしっかりしっかりしっかり肯定してあげてください。
 
 
これが2回に1回しかできなくても3回に1回しかできなくてもできたときだけしっかり認めてあげる。感謝を伝える。できないときは?叱る必要も否定する必要もありません。
 
 
「今日はできなかったんだな」と思って終わり。また次の日も次の日も優しく、明るく、声をかけてみてください。
 
 
そして数日してそれができるようになってきたら…また次に難易度の低いことで声をかけたり動けるようにサポートしたり ステップアップします。
 
 
 
 
「はーっ?そんなことチンタラやってたらいつになったら勉強にたどり着くんですか?!」と思うかもしれません。
 
 
いつになったら苦手なことに向き合うチカラを子どもが身につけるのか…。それはお母さんの肯定の力が伸びてきて親子関係が安心できるものになってきたときです。
 
 
勝手にその時期がやって来るわけではありません。
 
 
だから、お母さんにもほんのちょっぴり対応を変えてもらう必要があります。だけど、忙しく時間に追われるお母さんが頑張りすぎるのは正直しんどいものです。
 
 
頑張りすぎずに今できる一番ラクなところから着手しましょう!それでもこの先1ヶ月後、3ヶ月後、子どもたちが新・中学生活を前向きに頑張れるようになるものなのです。難易度レベル1からちょっとだけ子どもを動かすという視点です。
 
 
発達障害グレーゾーンの子のやる気を取り戻すには順番があります。
 
 
今やらなくていいことをちゃんと見極めて新学期を迎えさせてあげましょう!
 
 
「やらなくていいこと」を決めることについては、『思春期の発達障害・ADHD傾向のお子さんをお持ちのお母さんへ。お子さんを理解し、「やらないこと」を決めるのが、中学進学の一番の準備!』に詳しく書いてありますので、参考になさってくださいね!
 
 
思春期発達障害・グレーゾーンお子さんが、中学校の通常級でガンバルためのサポート術をお伝えします!
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-グレーゾーン, 中学校生活のリアル, 中学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.