グレーゾーン パステル総研お悩み相談室 対応

【お悩み相談室】マイペースすぎる発達障害の子どもの将来が不安で、つい叱ってしまいます。

投稿日:

息子は発達障害グレーゾーンの7歳です。空気を読まずに行動する、自己主張が強いなど周りを気にしないマイペースな様子に悩んでいます。このまま成長したら自分勝手な大人になってしまうのではないかと不安で、ついつい叱ってしまいますが全く効果がありません。どうすればいいのでしょうか?

 

7歳・男の子のママ

発達障害の子どもはマイペースな行動が目立ち、「わがまま」「自分勝手」に見えてしまうことも多いですよね。そこで今回は、子どもの「マイペース」を強みに変える秘策についてお話しします。

 

発達科学コミュニケーション
リサーチャー 森あや

 

【目次】

 

1.我が道をゆく息子vsしつけようとする私

 
 
発達障害グレーゾーンの子どもは
 
 
 
落ち着きがなく、すぐに気が散る
 
・状況に合わせて行動できない
 
・自己主張が強い
 
・場違いな発言をしてしまう
 
・関心のないことには見向きもしない
 
 
などマイペースな行動が目立つことが多いですよね。
 
 
我が家の息子は発達障害グレーゾーンの小学2年生です。よくも悪くも「自分がどう考えるか」を優先するタイプなので以前は、
 
 
・やりたいと思ったら何がなんでもやる
 
・納得できないことはやらない
 
・自分のルールを優先する
 
 
という様子が悪目立ちしていました。そんな息子を見て私は「このまま成長したら、どんどん自分勝手になってしまうのでは?」と不安になり、
 
 
「我慢しなさい!」
 
「そんなワガママは許されないよ!」
 
「これは決まりなんだよ!」
 
 
となんとかして、息子をみんなと同じようにさせようとしていた時期がありました。しかしどれだけしつけても、息子のマイペースは一向に改善されず、反抗的な態度を取るように…。
 
 
だから、相談者さんのお気持ちはよくわかります。
 
 
実は発達障害グレーゾーンの子どものマイペースな行動には、脳の特性が大きく関係しています。つまり困った行動の原因は、本人の努力不足でも性格の問題でもないのです。
 
 
ところが、マイペースな行動は「自分勝手」「ワガママ」などと誤解されやすい傾向があります。
 
 
発達凹凸の仕方は人それぞれです。特性の出方は個人差が大きいので、発達障害と気づかれずに誤った対応をされ続けたまま大人になってしまうケースも多いんです。
 
 
その結果、叱られたり、失敗経験を重ねることで「どうして自分はみんなと違うんだろう」と生きづらさを抱えて自分を責めたり、うつなどの二次障害を引き起こしてしまうこともあります。
 
 
ところが、周りの人が特性を理解して適切な対応をしてあげれば、大人になってから能力の凹凸を活用して社会で生きていくことができるんです。
 
 
「マイペース」は子どもが一生使える武器になるんですよ!
 
 
そこで今回は、発達障害の子どもの「マイペース」を強みに変える秘策を紹介します。
 
 
 
 

2.どうして発達障害の子どもはマイペースに見えるの?

 
 
ではどうして発達障害の子どもはマイペースに見えてしまうのでしょうか?ここでは自閉症スペクトラム(ASD)タイプによく見られる、主な理由を2つお話しします。
 
 

◆空気が読めない

 
 
発達障害の子どもは目に見えないものを想像したり、抽象的な言葉を理解することが苦手です。
 
 
そのために
 
 
・状況に合わせて行動できない
 
・場違いな発言をする
 
・友達との距離感がうまく取れない
 
・一方的な会話になってしまう
 
・言葉の意味を文字通りに受け取ってしまい冗談が通じない
 
 
など空気が読めない行動が目立ち、対人関係がうまくいかないことが多くあるのです。
 
 

◆こだわりが強い

 
 
発達障害の子どもはこだわりが強かったり、融通が利かないという特性があります。
 
 
そのために
 
 
・自己主張が強い
 
・納得できないことはやらない
 
・関心のないことには見向きもしない
 
・マイルールが多い
 
・急な予定変更を受け入れられない
 
・行動の切り替えが苦手
 
 
など「自分勝手」と思われてしまう行動が目立つのです。
 
 
ところがこの「空気が読めない」「こだわりが強い」という特性は、見方を変えると
 
 
「周りに流されずに自分の信念を貫くことができる」
 
「どんなことに対しても疑問を持つことができる」
 
 
という強みであると考えることもできます。
 
 
これからの時代はAIが台頭して、既存の職業はどんどんなくなっていくと言われています。
 
 
今までのように「人に言われたことをやっていればいい」という時代は終わり、「周りに流されずに自分の頭で考える」ことが求められるようになるのです。
 
 
つまり「空気を読まずに自分のこだわりを貫く」という力は、これからの時代に必要とされる能力なんです!
 
 
ここで1つの例として、アップル社の創始者であるスティーブ・ジョブズの話を紹介したいと思います。
 
 
彼は子どものころ、自己主張が強く協調性に欠け、何をするにも自分が正しいと思うことにこだわるタイプでした。そのため、学校も大嫌いだったそうです。
 
 
そんな彼は大人になりアップル社を立ち上げ、世界初の誰でも簡単に操作できるパソコン「Mac」を世に送り出します。
 
 
実は当時のコンピューターというのは専門知識がある人だけが使うものでした。そのため周りの専門家は
 
 
「素人でも使えるパソコンの開発なんて無茶」
 
「Macの開発は技術的に無理」
 
 
と口々に批判をしていました。しかしジョブズは「世界を驚かせるような製品を作り出す」という自分の目的のために周りになんと言われようとMacの開発を押し進めたのです。
 
 
まさに「空気が読めないこと」と「こだわりが強いこと」が才能になった例ですよね。
 
 
世間のルールを「当たり前」とは思わずに、自分で問題を設定して答えを探し続ける。こんな力を我が子にも授けてあげたいと思いませんか?
 
 
さらにジョブズは、自分の特性がどの分野で輝くのかをしっかり理解していた、とも言われています。
 
 
子どもには将来、自分の扱い方を理解して、特性を強みとして使いこなせるようになって欲しいですよね。
 
 
 
 

3.「マイペース」を強みにする秘策とは?

 
 
発達障害の子どもの「マイペース」が短所として見られてしまうのは、空気の読めなさやこだわりの強さが原因でコミュニケーションでつまずいてしまうからです。
 
 
つまり、「マイペース」を強みに変えてあげるためには、お母さんの声かけで子どものコミュニケーション能力を伸ばしてあげることが必要なんです。
 
 
そこで今回は、マイペースな子どものコミュニケーション能力を伸ばすポイントを2つ紹介します。
 
 

◆子どものこだわりを尊重する

 
 
1つ目は子どものこだわりを尊重してあげることです。
 
 
発達障害グレーゾーンの子どもはマイルールを作ったり、自己流のやり方を押し通そうとすることがよくありますよね。
 
 
私たち大人はついつい否定しがちですが、まずは子どものこだわりを肯定してあげてください。
 
 
・「なんでこうやってやるの?」と関心を示す
 
・「へー、そうなんだ。なるほどね!」と共感を示す
 
 
などとまずは子どもの考えを聞いてみてください。
 
 
また、発達障害の子どもは見通しを持つことが苦手なために、こだわりを貫くことによって安心を得ようとしている面もあります。
 
 
「こうすると安心なんだね」
 
 
と一言共感してあげるだけでも、子どもの気持ちはぐっと落ち着きます。
 
 
子どものこだわりは脳の発達が未熟なことが原因です。まずはこうやってお母さんが受け入れてあげることで、少しずつ状況に合わせて自分のこだわりを譲ることができるようになってきますよ。
 
 

◆感謝を伝えて正解をインプットする

 
 
2つ目にやってほしいことは、感謝を伝えて正解をインプットしてあげることです。
 
 
例えば
 
 
・お手伝いをしてくれたら「ありがとう!とっても助かるよ!」
 
・「大丈夫?」と聞いてくれたら「ありがとう!〇〇君は優しいね!」
 
 
などと感謝を伝えることで子どもは「こうすると相手は嬉しいんだ!」と正解をインプットすることができます。
 
 
さらに「自分の行動で相手に喜んでもらえた!」という成功体験を積むことができるので子どもに自信をつけ、行動力を引き出すこともできるんですよ。
 
 
 
 
さて我が家の息子ですが、相変わらずマイペースではあるものの、
 
 
・私が家事をしているときは「後でいいんだけど」と枕詞をつけてお願いをしてくるようになった
 
・進んでお手伝いをしてくれるようになった
 
 
など状況に合わせて行動できることが増えてきました。
 
 
さらに、こだわりの強さが行動力へと結びつき
 
 
・夏休みの自由研究では大好きな象について調べたいと、図書館で本を借りたり博物館に行ったりする
 
・説明書通りではなく、自分でアレンジしてプログラミングのロボットを組み立てる
 
 
など自分の興味関心を一層深めるようになってきたのです。
 
 
お母さんが適切な対応をすれば、子どもが本来持っている力をどんどん生かしてあげることができるんですよ。
 
 
いかがでしたか?マイペースな発達障害の子どものコミュニケーション能力を伸ばす秘訣は
 
 
・子どものこだわりを尊重する
・感謝を伝えて正解をインプットする
 
 
ことの2つです。相談者さんも、お子さんのコミュニケーション能力をアップさせて「マイペース」を強みに変えてあげてくださいね!
 
 
子どもの強みをぐんぐん引き出す対応を多数お伝えしています!
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:森あや
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-グレーゾーン, パステル総研お悩み相談室, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.