グレーゾーン 中学校生活のリアル 中学生

今やっておきたい!発達障害・グレーゾーンの子どもが『中学の壁』を乗り越えられるようになる方法

投稿日:

小学校と比べて中学は大きく環境が変わります。発達障害・グレーゾーンの子にとって『中学の壁』は高いです。発達障害の子どもをもつお母さんに『中学の壁』に備えて春休みの今やっておきたいことをお伝えします!
 

【目次】

 

1.中学は苦手の多い発達障害・グレーゾーンの子どもには厳しい社会

 
 
私には、4月から高校生になる発達障害・グレーゾーンの息子がいます。息子が中学に上がったとき、「環境が変わればなんとか頑張るんじゃない?」という根拠のない他力本願的な考えでのんびり構えていました。
 
 
ところが、ことはそう簡単には運びませんでした。中学に入ると一気に「評価社会」に突入します。高校進学に向けて「内申点」が必要になるからです。
 
 
学力も、部活動も、生活態度も、すべて「評価」されます。
 
 
小学校までは何か苦手があっても「元気のいい子」「面白い子」「1つに詳しい博士タイプ」など存在を認めてもらえていた発達障害・グレーゾーンの子どもが、中学に入ってみんなと同じことができないことで今まで以上に指摘されたり、注意されたりすることが増えていくのです。
 
 
 
 

2.発達障害の子どもに「やったらできる」と思う力を育てておく!

 
 
不登校の人数も小学6年生と中学1年生を比較するとなんと2.5倍!
 
 
それだけ発達障害・グレーゾーンの子どもたちが中学という新しい環境でストレスを感じるリスクも高いということです。お母さんが思っている以上に中学は発達障害・グレーゾーンの子どもたちが自信を失いやすい環境だと知ってください。
 
 
では発達障害の子どもの中学進学後のために今できることは何か?
 
 
それは「やったらできる!」と思う力を育てておくこと。
 
 
そのためにチャレンジしてほしいことを1つご紹介します。
 
 
 
 

3.お母さんに作っておいてほしい脳のパイプ

 
 
それは… 発達障害・グレーゾーンの子どもに「聞いて」→「動く」という脳のパイプを作っておくこと。
 
 
お母さんからするともう中学生なんだから言われなくてもやってほしい!自分で考えて動いてほしい!と思うことがあると思います。
 
 
ですが、やってほしいのはその一歩手前。お母さんが指示を出したらお子さんがそれを聞いて動く「聞く」→「動く」の脳のパイプをしっかり作ってあげること。それを習慣化してほしいのです。
 
 
 
 
中学に入って先生や先輩や同級生の話を聞いて、動く、まずはこれができることが集団生活の中で大事です!
 
 
もっといえばその先の高校、大学、社会人など環境が変わるたびに多くの人と関わるようになります。そうなったときにも役に立つチカラなのです。
 
 

4.思春期の子の「素直さ」の育て方

 
 
「聞いて」→「動く」に必要なものがあります。それは思春期の子の「素直さ」です。
 
 
お家でお子さんに声をかけたら「うるせー」「うざい」「クソババア」なんて言いませんか?もしお子さんにそんな様子があれば「素直さ」がまだ育っていない証拠!
 
 
この春休みは、発達障害・グレーゾーンのお子さんへの要求値を上げすぎずに当たり前のことを当たり前に肯定する。ちょっとくらいできないことはスルーしてお子さんがポジティブに過ごせる環境を作っていきましょう。
 
 
自己肯定感が上がってきて初めて「素直さ」が復活します。慌てずあせらず今やることに注力して対応していきましょう!
 
 
中学の壁を乗り越える方法を解説しています!
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-グレーゾーン, 中学校生活のリアル, 中学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.