コミュニケーション 発達障害

旦那さんの理解が得られなくても大丈夫!ママがしつけを変えれば発達障害の幼児はぐんぐん成長します!

更新日:

子育てでよくある発達障害・幼児のしつけのお悩み。旦那さんの協力が得られなくても、一緒に過ごす時間が長いママのコミュニケーションを変えるだけでお子さんはグッ!と成長するんです。
 

【目次】

 

1.「旦那さんの理解が得られない」と悩んでいるママへ

 
 
発達科学コミュニケーションの個別相談や、わたしの元でトレーナーの勉強をしているママたちからは、日々たくさんの子育ての悩みを聞いています。
 
 
そんな中、一生懸命子育てしようとしているママが抱える問題として「旦那さんの理解が得られない」というお悩みをよく聞きます。
 
 
ママがどんなに色々な本やセミナーで「良い子育て」について学んでも、パパがそれを台無しにするようなコミュニケーションを取ってしまったり、そもそも「そんなことする必要ない!」と話を聞いてくれなかったり…
 
 
個別相談を受けることは内緒です、とお話しされる方も実はとても多いのです。
 
 
「ご主人はお子さんについてどうお考えなのですか?」とわたしがお聞きすると、ちょっとバツが悪そうに、「実は主人には相談に来ることも言ってないんです…」とお話しされる方が多いです。
 
 
いやいやいや!と思うわけです。全然バツ悪そうにする必要ありませんからね!
 
 
 
 

2.発達障害・幼児のしつけの方針はパパと揃えたほうがいい?

 
 
子育て神話の中に夫婦の子育ての方針は揃えるべき!という考え方が根強くあるように思います。
 
 
もちろん、パパとママが足並みを揃えて子育てできるほど、素晴らしいことはないです。
 
 
しかし!
 
 
パパとママはもともと他人。考え方が違うのは当然のこと。そこを「パパにもしつけのやり方を揃えて欲しい!」と一生懸命伝えても、大人が自分のやり方を変えるのって本当に難しいです!
 
 
結局、
 
 
妻「わかってもらえない!」vs夫「心配しすぎ!」
 
 
と分かりあえずに終わること、多くないでしょうか?
 
 
もしも、「あるある〜」とあなたがうなずいているなら…どうぞ、ご安心くださいね。
 
 
夫婦の足並み揃えなくても大丈夫なんです!
 
 
 
 

3.ママが起こすコミュニケーションの変化は旦那さんではなくお子さんです

 
 
まず、「旦那さんが理解してくれるか?」ではなく「ママであるあなたがどうしたいか?」をしっかり考えてみましょう。
 
 
日常で主にお子さんと接するのは誰ですか?
 
 
そのコミュニケーションがお子さんの長所を伸ばすようなものになっている自信はありますか?
 
 
それぞれのママとお子さんにぴったりのコミュニケーションスタイルは発達科学コミュニケーション(発コミュ)の中で見つけることができます。
 
 
ママ一人がやり方を変えるだけで、十分お子さんの脳に変化を起こすことは可能です。
 
 
なぜなら、脳が育つのに大事なことは質より量だから!!
 
 
特に幼児の脳はこの傾向が強く、発達障害・グレーゾーンの特性があれば顕著です。
 
 
つまり、正しい親子のコミュニケーションをお母さんが身につけて毎日お子さんに接するだけで、子どもの脳は良い方に育つのです。
 
 
そう、頻度の問題なんです!
 
 
ママがしっかりたっぷり発コミュを使って、お子さんの脳をより良く発達させるコミュニケーションと取っていれば、仮にパパが
 
 
・夜帰ってきて子どもを叱りつける
 
・週末に厳しくしつける
 
 
なんて対応をしても、それに負けない脳の強さがお子さんの中で育つのです!
 
 
 
 

4.お子さんの脳を発達させ続けるママになる!

 
 
お子さんの長所をのばすためには、「まず我が子を知る」というスキルがママには必要です。
 
 
発達科学コミュニケーションの講座の中では、ママが我が子の発達を見極める目を身につけることができます。
 
 
これからのお子さんの成長過程で出てくる問題に直面したときも、お母さん自身がお子さんを理解することができます。
 
 
だからこそ、「今この子に必要な支援を私が差し伸べることができる!」という自信が身につくわけです。
 
 
 
 
科学的に効果のあるテクニックを使える自信にあふれたママ、これほど子どもの強力なサポーターはいませんよね。
 
 
ぜひママの手で、お子さんの脳を一生伸ばし続ける本物の力を身につけてください。
 
 
そうすれば、どんな学校へ入っても、どんな先生と出会っても、どんな環境変化が起こったとしても、
 
 
ママがいればお子さんをしっかり伸ばしていける
 
 
そう思いませんか?
 
 
外側に求めても、あなたのお子さんの答えは見つかりません。
 
 
ママであるあなたが、お子さんの未来の可能性をしっかり引き出してあげてくださいね。
 
 
お子さんの可能性を引き出すヒントはこちらにもたくさんあります!
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:石澤かずこ
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-コミュニケーション, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.