中学生 発達障害

子どもを勉強嫌いにしない!〜発達障害の子の宿題問題について〜

更新日:

長期休暇の度にお母さんを悩ませる、発達障害の子の宿題問題。「提出できた!」という成功体験を重ねることで勉強に対する嫌悪感を払拭し、新しい視点でお子さんを伸ばす方法をお伝えします!
 

【目次】

 

1.長期休暇の発達障害の子の宿題問題

 
 
春休み、夏休み、冬休み…。長期休暇の終わりが近づくと、お子さんの宿題の「残り」が気になる方もいるのではないでしょうか?今日は、発達障害の子の宿題問題についてのお話です。
 
 
ながーい休み。
「もっと早くからやっておけばよかったのに…」
「いつも最後になって慌てるのよね…」
 
 
とお母さんが感じるのも無理はありません。だからと言って勉強が苦手な発達障害キッズたちには、今から完璧に仕上げるのはちょっと負荷が高いかも。
 
 
頑張ってやりきれればまだラッキーですが親子ゲンカに発展したり 「もう学校なんかいきたくない!」と言われたりしては本末転倒!もしお子さんから「ギブアップ!」のオーラが出ているときお母さんの要求値をちょっと下げてあげてみてください
 
 

 
 

2.宿題問題を解決する、まさかの方法!

 
 
我が家でやったまさかの方法をいくつかご紹介します。
 
 

①やらない箇所を決める!

 
 
発達障害のある子たちは見通しをもつのが苦手な子も多いです。自分で、解けるか解けないかわからない大量の問題を目の前にして
 
 
「さあ、やりなさい!」  
「あれも、これも、残っていますよ!」
 
 
なんて言われたら軽くパニックになるのも無理ありません。だから国語が得意なら国語だけやる!とか、算数の中でも文章題が苦手なら計算問題だけやる!など頑張りポイントを決めてあげてください
 
 
「これだけやればOK!」 がわかっているほうが発達障害の子たちは取り組みやすかったりします。
 
 
そうなると勃発するのが 「やらなかった宿題はどうすればいいんですか?」 問題です。残ったものについては以下のような対応術があります。
 
 

②苦手な宿題の対処方法

 
 
♦︎その1、お母さんが答えを教えてあげる
♦︎その2、ドリルの答えなどがあれば答えを写す
♦︎その3、お母さんがやる
♦︎その4、やらなくてよし!とする
 
 
さあ、どれにしますか? 「どれも無理です!」と思っているお母さん、多いと思います。  
 
 
私も、発コミュに出会う前は 「宿題やらない」とか 「答えを写す」とか 「絶対にありえない!派」でしたので、今、パステル総研を読みながら戸惑っているお母さんのお気持ちが痛いほどよくわかります!
 
 
ところが結果的に上の1〜4をやったことで今、中学3年の息子は勉強をする習慣がついています
 
 
・どれだけ塾にたくさんのお金を払っても、
・厳しく言って聞かせても、
・長時間勉強させようとしても、
 
 
変わらなかった息子が、今、やっているのです。
 
 
♦︎その1、お母さんが答えを教えてあげる
 
 
これは、熱心なお母さんにはおすすめしない方法です。なぜなら、教えている間についエキサイトして最後には「どうしてわからないの!」となってしまうケースがあるからです。つい「言いたくなる」というタイプの方は、その1はやめておきましょう。  
 
 
♦︎その2、ドリルの答えなどがあれば答えを写す
 
 
「答えを写して勉強になるのですか?」と思うとかもしれません。ただ、わからないのに適当に呪文のような回答を書くのであれば私は答えを写すことをおすすめします
 
 
最初のうちは答えの「意味」を理解していないかもしれません。それでいいです。最初に目指すのは「提出できた!」という成功体験です。子どもたちの行動とその時に起きた感情はセットになって記憶に残ります。
 
 
勉強が嫌だ!と思っている子に無理やりやらせることだけを続けると、勉強=嫌なもの が強化されてしまいます。だから「提出した!」ことをしっかり肯定してあげるところから、勉強=嫌なものの記憶を書き換えていく作業をしてもらいたいのです。
 
 
勉強を自力でやるとか、コツコツやるとか、お母さんが求めているものに近づくためには一見遠回りのようですが、要求値を下げることがコツになります
 
 
写すことで目や手を動かしますので脳の活動量はUP!
 
 
「嫌だー!といってやらない状態」VS 「写しながらだけど脳を使っている状態」 どちらのほうが脳の活動量が多いかは想像できますよね。発コミュで「行動」にこだわるのには実はちゃんとした理由があるからなのです。    
 
 
♦︎その3、お母さんがやる
 
 
というのも要求量を下げるという意味では一緒です。「提出した」という成功体験を作って勉強に対する嫌悪感を払拭するところからスタートします。  
 
 
♦︎その4、やらなくてもよし!とする
 
 
これは、お母さんのハードルが少し高いかもしれません(笑)。要求値を下げるという意味では実はこれも1つの方法なのです。その代わり
 
 
・少しでもできたところはしっかり肯定してあげる
・勉強以外のことでも毎日の当たり前の行動をしっかり肯定してあげる
 
 
こうやってお子さんの自信を育むことからチャレンジしてみてください。やらなかったからと言って罰を与えたり、厳しい言葉を浴びせたりしないであげてくださいね。
 
 

 
 

3.「この先の人生をどう歩ませたいか」の視点を持ちましょう

 
 
発コミュの子育ては「今」だけを見ていません。1ヶ月後、半年後、1年後、5年後… この先の人生をどう歩ませたいのかその視点で子どもの脳を伸ばしていくことをします
 
 
発達の凸凹は「脳の特性」でもありますので、今すぐ成長するものばかりではありません。でも、ゆっくりでも成長していくのです。それを潰さずに伸ばす、それが発達障害の子の子育てに必要な視点です。
 
 
我が家の息子が13歳(中1)の時に発達の検査を受け「成長のステージとしては8歳くらいだと思って接してください」と言われました。 衝撃!マイナス5才です。  
 
 
当時の息子の困りごとを、今、冷静になって振り返れば「そうですよね」と思えますが、なんとか今の困りごと地獄から脱却したいと思っていた私にすれば、他の子と同じようには成長していかないのかな、という不安が先立ちました。
 
 
5才遅れてこの先ずっと生きていくのか…という不安
 
 

 
 
ところが、今はどうでしょう!息子は確実に成長しました。マイナス5才と言われていた子が、受験に合格し、春から高校生になります! すごくないですか! 
 
 
長期休暇明けは、不登校の子が増えるのはよく知られていますよね。新学年、新しいクラスでの生活が始まる春休み開けは、特に発達障害のお子さんは、登校しぶりや不登校に気をつけてあげなくてはいけない時期です。
 
 
発達障害の子の「学校に行きたくない」にはその特性と絡んださまざまな「苦手」が影響しています。だから、宿題バトルで辟易としているお母さんには新しい視点でお子さんを伸ばす方法を知って欲しいと思います。せっかくの新学期を笑顔で迎えましょう!
 
 
「この先の人生をどう歩ませたいか。」未来を見据えて、子どもの脳を伸ばす方法をお伝えします
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者: 清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-中学生, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.