グレーゾーン パステル総研お悩み相談室 対応

【お悩み相談室】全然言うことを聞かない子どもにイライラして一日中叱っています…。

更新日:

息子は発達障害グレーゾーンの6歳です。全然言うことを聞かないのでイライラしてしまい、「早くして!」「やめて!」と1日中叱っています。どれだけ叱っても言うことを聞いてくれず、ストレスがたまる一方です。どうすれば穏やかに子育てができるようになるのでしょうか?

 

6歳・男の子のママ

何度言っても言うことを聞いてくれない子どもと過ごすのは本当にストレスが溜まりますよね…。でもお母さんがある力を持つことで、イライラから開放されて穏やかに子育てができるようになるんですよ!

 

発達科学コミュニケーション
リサーチャー 森あや

 

【目次】

 

1.全然言うことを聞かない息子にイライラ&ガミガミだった私

 
 
発達障害グレーゾーンの子どもはなかなか指示通りに動いてくれず、イライラすることも多いですよね。
 
 
我が家の息子は発達障害グレーゾーンの小学2年生です。実は発達科学コミュニケーションに出会う前、私は全然言うことを聞かない息子に1日中イライラして叱り続けていました。
 
 
なかなか着替えが進まない息子に「早く着替えて!」
 
・全然公園から帰ろうとしない息子に「帰るって言ってるでしょ!」
 
・すぐに癇癪を起こす息子に「なんで我慢できないの!?」
 
・わざと机に登る息子に「やめて!」
 
 
などとここには書き切れないくらい、1日中ずっと叱り続けていました。しかしどれだけ叱っても息子は言うことを聞いてくれず、私のストレスはさらに増える一方…。
 
 
だから、ご相談者さんのお気持ちはよく分かります。
 
 
「私だって本当は叱りたくないのに!うちの子はなんでこんなに言うことを聞かないの!?」とイライラが止まりませんよね。
 
 
でも「子どもが言うことを聞かない!」と言う悩みは、お母さんがある力を手に入れることで解決するんです。
 
 
お母さんが正しい対応をすればイライラが軽減され、子どもの行動も変わるんですよ。
 
 
そこで今回は、発達障害グレーゾーンの子育てに必要な力とは何か?どうすればお母さんのイライラが解消されるのか?についてお話ししていきます。
 
 
 
 

2.発達障害グレーゾーンの子育てに必要なのはお母さんの〇〇力!

 
 
まず、ご相談者さんに質問です。息子さんに対して「言うことを聞いてくれない!」とイライラするのはどんなときですか?
 
 
以前の私は
 
 
・早く着替えてほしいのになかなか着替えない
 
・公園から全然帰ろうとしない
 
・思い通りにならないとすぐに癇癪を起こす
 
・わざと机に乗って注意しても下りない
 
 
と言った息子の行動に対して、全て「ワガママ」「怠けている」と決めつけて叱っていました。
 
 
つまり私は「こうあるべきだ」と言う自分の価値観を子どもに押し付け、それに従わない息子の行動全てにいちいち腹を立てていたのです。
 
 
発達障害グレーゾーンの子どもは脳の発達が未熟なため、
 
 
・行動が遅い
 
・気持ちの切り替えが苦手
 
・カッとなりやすい
 
・「やめて」と言われると余計やってしまう
 
 
など様々な特性を持っています。つまり私が「ワガママ」「怠けている」と決めつけていた息子の行動の背景には、脳の特性が隠されていたのです。
 
 
だからいくら叱っても、子どもは言うことを聞けるようにはならないんですね。
 
 
そこで発達障害グレーゾーンの子どもを育てるお母さんに身につけてほしい力は、子どもの行動を分析する力です。発達科学コミュニケーションでは、子どもの行動を
 
 
①好ましい行動
 
②まだできない行動
 
③好ましくない行動
 
④許しがたい行動
 
 
4つに分類することで、目の前にいる我が子にすべき対応は何か?を考えていきます。子どもの行動がどれに当てはまるのか分かればあとは正しい対応をするだけなので、子育ての軸が持て、イライラも軽減されていくのです。
 
 
お母さんの対応が一貫性を持つことで、子どもも混乱することがなくなります。
 
 
ちなみに「好ましくない行動」と言うのは息子の場合だと
 
 
・すぐに癇癪を起こす
・わざと机に乗る
 
 
などの行動が当てはまります。「好ましくない行動」への正しい対応法についてはこちらの記事で解説していますので読んでみてくださいね。
 
 
 
この分析方法を知ったとき、私は今まで重大なミスを犯していたことに気付きました。
 
 
それは「まだできない行動」と言う観点が全くなかったことです。
 
 
息子がなかなか着替えないのも、公園から全然帰ろうとしないのも、本人のやる気の問題じゃなかったんだ、今はまだできないだけなんだ。そう気付きました。
 
 
だから私は、どうやってサポートしてあげればいいのかを考えることにしたのです。
 
 
 
 

3.「できないこと」に必要なのは適切なサポートです

 
 
そこで私は、目の前の我が子をよく観察することから始めました。
 
 
今までワガママと決めつけていた行動の裏にはどんな理由が隠されているのか?を探した上でサポート方法を考えることにしたのです。
 
 
「まだできないこと」へのサポートには 
 
 
・子どもが取り組みやすい環境を整えてあげる
 
・分かりやすい言葉で指示を出す
 
・できているところをしっかり褒めてあげる
 
 
などの方法があります。
 
 
例えば息子の「朝なかなか着替えられない」と言う行動には
 
 
・エンジンがかかりにくい
 
・気が散りやすく、遊びたくなってしまう
 
 
などの原因があることが分かりました。そこで
 
 
・朝起きたら「ちゃんと目を開けれたね!」と褒めてギュッと抱きしめる
 
・着替えは枕元に置いて寝室で済ませる
 
・「パジャマを脱ごうね」「靴下を履こうね」など分かりやすく指示を出す
 
 
などの対応をすることにしました。さらに「今日は行動がいつもより遅いな…」と感じた日は
 
 
「シャツに頭を通せたね!」
 
「右手を通せたね!」
 
「左手も通せたね!」
 
 
などと細かすぎるくらいこまめに褒めて息子のやる気を引き出すようにしました。
 
 
こんな風に、息子はどうしてこのような行動を取っているのか?を考えて対応することでコミュニケーションがスムーズになり、指示が通りやすくなりました。
 
 
さらに適切なサポートをすることで、「できた!」と言う成功体験を積むことができ、「まだできないこと」がだんだんと「できること」に変わっていったのです。
 
 
 
 
いかがでしたか?言うことを聞かない子どもにイライラする毎日から解放されるためには、
 
 
・子どもの行動をきちんと分析すること
 
・できないことには適切なサポートをすること
 
 
の2つが必要です。
 
 
相談者さんも「分析力」を手に入れて、息子さんと笑顔で過ごしてくださいね! 
 
 
子育てのイライラが解消する秘策を多数お伝えしています!
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:森あや
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-グレーゾーン, パステル総研お悩み相談室, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.