コミュニケーション 発達障害

発達障害の子の「スマホ・ゲームがやめられない」は、お母さんの非常識な対応で解決!

更新日:

スマホ・ゲームをダラダラとやっている発達障害の子に悩まされていませんか?イライラして、「勉強しなさい!」などと言っても逆効果です。子どもの気持ちを切り替える非常識な方法は、ゲームを注意しないこと!その意味と対応策をお伝えします。
 

【目次】

 

1.発達障害の子どものダラダラモードを前向きに切り替えよう!

 
 
全国各地でコロナの影響で入学式や始業式が中止になっていますね。まだまだ先行き不透明ですが…
 
 
先日届いた、息子の高校からの封書の中には「春休みが伸びたから 課題を追加しちゃうよ! よろしく!」という手紙が入ってました(笑)そろそろ、ダラダラモードから前向きモードに切り替えたいですよね!
 
 
今回は「ダラダラモード」の中でも、お母さんたちがこの休みに頭を悩ませているスマホ・ゲームからの切り替えのヒントをお伝えします。
 
 

 
 

2.発達障害の子のゲームの切り替えには〇〇が必要な理由

 
 
コロナの件もあって、外出もままならないので、運動量が落ちて発達障害の子の脳の活動量も低下中。それに加えてゲーム。ゲームって、自分で考えなくても次から次へと画面にアレコレ映し出されるので、実は脳は楽チンなのです。
 
 
脳がそんな「やる気なしモード」の時に、何か行動を起こさせよう、とか切り替えを促そう、としてあれこれ言っても脳が働いていないので、ポジティブに動き出すことができません!
 
 
そんなときに
「勉強しなさい!」
「手伝いしなさい!」
「部屋を片付けなさい!」
 
 
と言っても子どもの行動が切り替わることは…あまりない…ですよね!
 
 
切り替えを促したい時は「まあ、やってもいいけどね」ということを用意して「誘う」これがコツで、意味があります。勉強も、手伝いも、片付けも あくまでも「大人がやってもらいたいこと」なわけです。
 
 
本人の意思と反した行動に「やって、やって」と言ってもなかなか行動は切り替わりません。じゃあどうするかというと、楽しいこと、興味のあることを、うまく使って切り替えさせてあげる!
 
 
大事なのは「切り替えられた」という経験をどうやって積ませてあげるかに意味があります。
 
 
「おやつ用意したよー」とか 「面白いDVD借りてきたけど一緒にみない?」とか 「今日、あなたの好きな唐揚げ作るけど一緒にやらない?」とか。
 
 
ゲームに勝るものはないかもしれないですが、「まあ、やってもいいよ」と思えることを用意して、「切り替えられた」という経験を1回、2回、3回…と増やしていくと、それが次第に「ゲームを終える」という習慣につながっていきます。
 
 
お子さんも楽しくできそうなこと、お子さんの負担感が少ないことで、切り替えた経験を積ませてあげてくださいね!さあ、では、早速このやり方で…!と思うかもしれませんが…。
 
 
お母さんの意識が完全に「ゲーム」にロックオンしているなら、ちょっと待って欲しいのです!なぜか?
 
 
子どもたちが、ゲームにドハマりしていてやめにくいという状況の時に、それに対して直接的に対応しようとするのは実は難易度が高いからです。それよりも先に着手したいのは…ゲームをやっていない時間にお子さんとどう関わっているか!これに意味があるのです。
 
 

 
 

3.ゲームを注意しない?指示が届く非常識な方法と意味とは

 
 
日常の肯定の量が増えていない、もしくは、やっているけど発達障害の子どもに届いていない、これが子どもたちに指示が通らない理由でもあります。
 
 
いつも怒られてたり、注意されてばかりいると、発達障害の子どもの自己肯定感は下がりっぱなしです。
 
 
素直に大人の指示に耳を傾けるどころではありません。だから、お母さんの指示を「受け取りやすい」脳の環境をつくるために普段の肯定の量を増やしておきましょうね!まずは、お子さんの出来ていることに注目して、そのまま口に出すことから始めてみて下さい
 
 

 
 
例えば、「起きたんだね」「もう、お風呂入ったんだ」など、お母さんからしたら当たり前!と思うことを、どんどん口に出して伝えましょう。これだけで、肯定になります。
 
 
気になるのはゲームだけど!ゲームから着手しない!ちょっと非常識だと思うかもしれませんが、急がば回れ!です。行動の切り替えが上手になれば、行動量もUPするので脳も働きやすくなります!新学期に向けてのウォーミングアップをすすめましょう!
 
 
行動の切り替えが苦手な子どもに指示が届くマル秘テクニック多数紹介中
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-コミュニケーション, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.