対応 幼児

子どもがスッと動き出す~発達障害・グレーゾーンのお子さんの行動力を引き出すマル秘声かけ術~

更新日:

お子さんが指示にしたがってくれない!何度言っても動かない!こんな風に悩んでいませんか?ここでは行動が遅い発達障害・グレーゾーンのお子さんの行動を促す、声かけのポイントを解説します。
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンのお子さんは行動が遅い?

 
 
子どもに話しかけて反応がないと
 
 
「…聞こえてる?」
 
 
と、さらに声をかけたくなりますよね。
 
 
お母さんがお子さんに行動してほしいときって「いま」であることが多いから、とりあえずすぐに何か反応がないと
 
 
「遅~い!!」
 
 
イライラしてしまいがちです。
 
 
イライラなどの「感情」は声に影響があらわれやすいので、そこからネガティブな親子のコミュニケーションがスタートすることは本当に多いです。
 
 
でも、お子さんの行動力を引き出すためにお母さんにやってほしいことはただひとつ。
 
 
それはズバリ、動ける声かけ!です。
 
 
行動をうながす前に必ずやってほしいことはこちらの記事で解説しています。
 
 
 
そして特に発達障害・グレーゾーンのお子さんは、行動や気持ちの切り替えがとっても苦手です!
 
 
・わざとやらないのではなくできない・分からないことが多い
 
・よく分からないから動き出すまでの時間も遅い
 
 
お母さんが声かけをしてからお子さんが動き出すまでの時間には、お子さんの脳の情報処理速度があらわれているんですよ。
 
 
 
 

2.子どもの脳が発達するカギは行動にある

 
 
子どもの脳は、行動することで発達をします。
 
 
お子さんとの会話をスムーズにスタートさせることに成功したあとにお母さんにやって欲しいことは、お子さんの行動力を引き出すこと!
 
 
行動やコミュニケーションによって脳へ届けられた刺激は、そのままお子さんの脳の栄養となります。
 
 
だからこそ、お母さんの言葉を聞いてスッと動ける「素直さ」の回路を作りたいというわけです。
 
 
でもこのとき、ちょっと待ってください!
 
 
お子さんがお母さんの言葉を聞いてスッと行動に移せないとしたら、そもそも疑って欲しいのです。
 
 
『お母さんのその声かけ、お子さんは理解できていますか?』
 
 
理解する脳」と「行動する脳」は別の場所にあります。 理解する脳が反応しないと、その奥に情報がすすんでいかず処理されません。
 
 
つまり、わかる言葉でわかるように声をかければ、お子さんの素直な行動を引き出すことになるのです。
 
 
例えば、
 
 
・「お片づけしなさーい」
 
・「お風呂入りなさーい」
 
・「お着替えしなさーい」
 
・「ご飯だよー」
 
 
……この声かけでお子さんがスッと指示にしたがえていないとすれば、その指示の出し方問題があるかもしれません。
 
 
 
 

3.指示は分解できるんです!

 
 
お子さんが
 
 
・イマイチ指示にしたがってくれない
 
・何度言っても動かない
 
 
というとき、ぜひ試していただきたいことがあります。
 
 
それは、指示を分解するということ。
 
 
とてもシンプルなんですが、実はこれ、意識していないととっても難しいです。
 
 
特に、よくおしゃべりができるお子さんに対しては、ついつい大人の理解度でざっくりと大きな指示を出してしまいがち。
 
 
でも、子どもの言語の脳はまだまだ未発達です。
 
 
喋っていることと理解できることの間に発達のギャップがあるのが、幼児の特徴でもあります。
 
 
ここに、発達障害・グレーゾーンのお子さん特有の「曖昧な表現の理解が苦手」という特性が重なります。
 
 
すると「片づけてね」のひと言だけではお母さんが何を要求しているのか?を理解することさえ難しいのです。
 
 
だから!本人がわかるまで指示を分解します。
 
 
 
 
例えば「片づけてね」の指示を分解すると
 
 
・「このクマさんをカゴに戻そうね」
 
・「トランプはここに入れようね」
 
・「積み木はこの箱に入れてね」
 
・「絵本を集めてね」
 
・「絵本を集めたら、本棚に入れてね」
 
 
となります。
 
 
こんな風に、お子さんがスッと行動できるところまでシンプルな指示に分解するのです。
 
 
指示の分解は、素直に動ける子どもに育てる『秘訣』でもあります。
 
 
子どもの中に素直に行動する力が育っていれば、お母さんだけでなく幼稚園や小学校の先生の言葉も理解して、すぐに行動に移すことができる子どもになるんです!
 
 
ぜひ、指示の分解を取り入れてストレスのない子育てをかなえてくださいね。
 
 
子育てがうまくいかないと悩んでいるママに効果的なコミュニケーション術が毎日届きます!
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:石澤かずこ
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-対応, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.