グレーゾーン 発達障害

発達障害の子どもを叱りすぎて疲れていませんか?行動が遅い子に効果的な2つの言葉とは

更新日:

地域によってはコロナウィルスの影響で未だ続く長期の休み。発達障害の子どもと過ごす時間が長くなり、叱る回数が増え疲労困窮の毎日を送っているお母さんも多いと思います。今回は行動が遅い子どもをやる気にさせるオススメな言葉かけを2つお伝えします。
 

【目次】

 

1.行動の遅い発達障害やグレーゾーンの子どもの育児に疲れていませんか?

 
 
発達障害やグレーゾーンの子どもの育児をしていると、なかなかスムーズに1日を送るのが難しい場面に遭遇しますよね。一筋縄ではいかない毎日が多いことも確かです。
 
 
また今日も叱りすぎた…という日々を繰り返していませんか?
 
 
子どもの特性や苦手も頭ではわかっているはず。母親だから心から理解して対応してあげたい。こんな想いをお母さんなら誰しも抱くのではないでしょうか?しかし、目の前の子どもは色々とやらかしてくれる…
 
 
例えば、勉強をしないでゲームばかりしている!身支度しないでずっとゴロゴロ!これからやるよが口癖で何もしない!忙しく家事をこなすお母さんからしたら行動の遅い我が子はイライラの原因に。
 
 
今日は叱らずに優しく諭そう!と固く誓ったもののお母さんだって余裕がある時ばかりではないですよね。ましてや地域によってはコロナウィルスの影響で未だ続く長い休校や休園。
 
 
ずっと一緒にいる時間が長いからこそ子どもの態度や状況が逐一お母さんの目に映り込んでくる。叱る回数が多くなるのもわかります。
 
 
本当は叱りたくないのに…同じこと何回も言いたくないのに… 今回は行動の遅い発達障害やグレーゾーンの子どもの育児に疲れきっているお母さんに、お子さんを叱る場面でもお子さんをやる気にさせるオススメの言葉かけをお伝えします。
 
 
 
 

2. ずっと叱り続けてしまうことで親子関係にも影響が。

 
 
突然ですが、1日のうちでお母さんが行動が遅いお子さんに対し早くして!と叱る回数は何回くらいあるでしょうか?
 
 
私はかなりのガミガミお母さんでしたので、午前中には数えるのも面倒になるくらい子どもを叱っていました。
 
 
しかし、1日に何十回も叱られていると子どもはどうなるでしょうか?
 
 
お母さんの言葉を自然に耳に入れなくなってしまったり暴言を浴びせてくるようになってしまったり、萎縮して自主性が失われてしまったります。
 
 
逆にお母さんは、子どもに何度も伝えているのになんで?という気持ちが大きくなり、ますます叱る回数が増えてくることも。
 
 
叱る必要のないことですら、前からのイライラを引きずっていたりするのでついつい強く感情をぶつけてしまうこともあるのではないでしょうか?
 
 
お母さんが感情をぶつけお子さんが言い返してきたり、無視していたりしたら親子喧嘩が勃発してもおかしくない状況になることは想像できます。
 
 
イライラすることはお互いにエネルギーを使います。疲れて当然ですよね。いい親子関係は、良質のコミュニケーションがあってこそです。
 
 
では、どんなふうに行動が遅いお子さんに声をかけたらいいでしょうか。
 
 
 
 

3.子どもをやる気にさせる!お母さんも冷静になれる!オススメの言葉2つ

 
 
子どもに叱ることを前提で声をかけるのではなく、まずお子さんの気持ちや意見を聞く声かけをしてみてくださいね。
 
 

◆いつやる?

 
 
1つ目の言葉は「いつやる?」です。
 
 
たとえ、行動が遅かったとしてもお子さんがいつやるのかを自分で決めて、お母さんが待つことで発達障害やグレーゾーンの子どもの自主性を促す効果があります。
 
 
今まではいつやるかをお子さんが答える隙もなく、お母さんが捲し立てるように叱ることもあったのではないでしょうか。
 
 
お子さんが自分で考えて責任を持ち、行動するのを繰り返すことで子どもの本当の意味での自主性につながっていきます。
 
 
子どもに聞いた答えのそのときまで待ってあげてくださいね。あまりにも先の時間で伝えてきたら、○時までの間で決めてくれる?と一言添えて待てばいいと思います。
 
 

◆どうしたの?

 
 
2つ目の言葉は「どうしたの?」です。
 
 
これはお母さんが子どもの状況に理解を示す声がけです。
 
 
例えば子どもが何か行動をしようとして止まって遊び始めてしまったとしますよね。イライラしていると「いい加減にしてよ!もう早くして!」と言ってしまう日常の場面。
 
 
そこで「どうしたの?」と初めにかける言葉を変えるだけでお母さんも冷静になれます。そして、叱られることが前提の言葉ではなくなったので、子どもも自分の身に起こったことをお母さんに話しやすくなります。
 
 
子どもの口から状況を聞いて、その上でどうしたら良かったのかを伝えるといいですね。
 
 
繰り返すことで、お母さんは自分の話しをちゃんと聞いてくれるんだという安心にも変わっていきます。また、自分の状況を客観的に見るという訓練にも繋がります。
 
 
いかがでしょうか?行動が遅い子どもに、開口一番発する言葉を変えるだけで、まずお母さんが冷静になれます。
 
 
何かを伝えたいと思ったときには一番初めにかける言葉のチョイスは大切ですよね。初めの印象でその後の結果も変わってきます。
 
 
お子さんも、自分の話を聞いてくれるお母さんの姿勢に態度が変わってくるはずです。
 
 
 
 
ぜひ、今日からお子さんにかける言葉を変えてみてください。良質な親子関係を心より応援しています!一緒に頑張りましょう!
 
 
声がけ一つで良質な親子関係が築けます!
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:みずおち梨絵
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.