ADHD 一般カテゴリ 対応

発達障害・ADHDタイプのお子さんのやる気を引き出す!ポイントはお母さんの対応と「○○的」な脳を働かせること!

更新日:

 

発達障害・ADHDタイプの子どもは、自分の欲求を抑えられない、注意しても直らない、すぐ怒るなど対応が大変です。この感情的に反応する脳を落ち着かせるには?やる気男子に変身させた親子の体験談とともにお伝えします。
 

【目次】

 

1.発達障害・ADHDタイプ男子の成長ストーリー

 
 
発達障害・注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプのお子さんと向き合うのはお母さんも相当なパワーが必要です。
 
 
言っても言っても全く響かない、同じことを何回言っても聞いていない、できない、しかもケロッとしている。ケロッとしているだけならまだしも、高学年になると注意されたことを逆ギレして、暴言で反撃してくるからもう大変!小さい頃はまだ可愛かったのに…。
 
 
そんな経験をされている方に知ってもらいたい発達障害・ADHDタイプ男子の成長ストーリーをお届けします。
 
 

 
 

2.対応を変えただけ!発達障害・ADHDタイプのお子さん大変身!

 
 
Nさんのお子さんは、発達障害・ADHDタイプの小学生高学年の男の子です。何度注意しても失敗するし、注意すると暴言で対抗してくる。学習面ではケアレスミスが多く、言葉での説明が苦手。勉強嫌いもあって、学校も嫌い。こんなお子さんでした。
 
 
お母さんはというと、いつもトラブルばかり起こす息子さんの将来が心配で、ちゃんと躾をしなければ、という思いで必死に子育てをされていました。
 
 
できないことにばかり注目してガミガミ言い続け、常にイライラしている状態。冷静で頭脳派タイプの弟くんと比べてしまうことも多かったそうです。
 
 
そんなNさんでしたが、発コミュ講座を受講して、お子さんへの対応を変えたらお子さんがガラッと変わりました!
 
 

♦︎素直さを取り戻し行動力がUP!

 
 
<発コミュ受講から1カ月>
 
 
お母さんの声かけに、お子さんが素直に反応するようになりました。学校に行く準備や、行動の切り替えもスムーズにできるようになりました。お母さんが声をかけなくても自発的に体操着を出してくれることも!
 
 

♦︎苦手な勉強にも取り組むように!

 
 
<発コミュ受講から2カ月>
 
 
スモールステップでやったこと、当たり前のことを褒めていったら苦手な勉強にも取り組むようになりました
 
 
最初のうちは間違いばかりだったけどそれでもOK!「やった」事実をしっかり肯定していったら「勉強=嫌なこと」から「勉強=やってもいいぜ!」に変わりました。「どうせ俺なんて…」というネガティブ発言がなくなって、お手伝いも積極的にやってくれるようになりました。
 
 

♦︎言葉で説明するチカラがついてきた!

 
 
<発コミュ受講から3カ月>
 
 
発達障害・ADHDタイプである息子さんは、以前、言葉を整理して説明するのが苦手で「あのね、えっとね…」という会話が多かったそうですが、言葉や気持ちを整理して説明できるようになりました
 
 
状況を把握するチカラも伸びてきて、学校の出来事を順を追ってわかりやすく説明してくれることが増えました。学校でもガンバリ男子になり、なんと全校で表彰されるようになりました!
 
 
こんな成長をみせてくれたのには、お母さんの「変化」が大きく影響していました。
 
 

 
 

3.お子さんの大変身でお母さんにも変化が

 
 
「今まで、何をそんなにイライラして怒っていたのか」と自分でも思うくらい、以前と比べてイライラしなくなりました。小さなことでも認めてあげられるようになって、親子のコミュニケーションがスムーズになりました子どもをいっぱい応援できる母親になりたいと思います!
 
 
 Nさんに発コミュの何がよかったか尋ねると、どんな場面でどんな言葉をかければいいのか、どう関わっていけばいいのか、具体的に分かるのが良かった。それまで知らずにやっていたNG行動を見直すことができて、自分の何を変えればいいのかわかりやすい!という感想をいただきました。
 
 
Nさんの変化の一番のポイントは、お子さんの「素直さ」を伸ばしてあげられたことにあります。発達障害・ADHDタイプのお子さんは行動が派手な分、トラブルメーカー扱いされてしまい、先生からも、お母さんからも、叱られたり注意されたりすることが多くなります
 
 
その状態が続くと、お子さんの脳は常にイライラして「感情的」になりがち。その「感情的」に反応する脳を、どうやって落ち着かせていくかが実はポイントです。
 
 

 
 

4.ポイントは「○○的」な脳を働かせる!

 
 
発達障害・ADHDタイプのお子さんの感情的な脳が優位に働いているときは、いくら「正しいこと」をお母さんが説き続けても受け取ってもらえません。お母さんの言葉を冷静に受け止めてもらうには、「理論的」な脳を優位に働かせてあげる必要があるのです。
 
 

 
 
お子さんの素直さが伸びるということは、理論的な脳がしっかり働き始めている証拠。素直さが伸びると、お母さんの声も届きやすくなり行動力もUPしていきます。
 
 
シンプルに「行動を起こせる」これってとっても大事。行動を起こすからこそ経験できること、学習すること、考えること、分かること、が増えるからです。
 
 
発達障害・ADHDタイプのお子さんは、実はパワーがあるのがいいところ。そのパワーを伸ばしてあげられるお母さんになりましょう!
 
 
2つのポイントをおさえるだけ!発達障害・ADHDタイプのお子さんの行動力がUPします
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-ADHD, 一般カテゴリ, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.