グレーゾーン 対応

「家は安全基地」はもう古い!発達障害の子には療育よりも「家ですることが重要」の意味

更新日:

発達障害のある子どもが療育に通って頑張る中、お家でも何かしたいと考えるママはたくさんいます。発達科学コミュニケーションでは、お家ですることが重要である意味をお伝えしています。わが子の特性を知り、ママの手で子どもの脳を発達させていきましょう!
 

【目次】

 

1.発達障害グレーゾーンの子の療育先で言われた「家ではゆっくりさせて」ってどういう意味?

 
 
「発達が気になるな」というお子さんの中には、発達障害と診断があったり、診断は出なくてグレーゾーンで療育支援を受けているお子さんもおられると思います。
 
 
わが子の成長を思い、「家では何をしたらいいでしょうか?私ができることはありますか?」とお母さん自身が学んでいこうとする姿がよく見られます。
 
 
「自分にできることがあるなら知りたい、子どもにやってあげたい」と思うのは親心だなと感じます。
 
 
実際、お子さんが療育を利用していた発達コミュニケーショントレーナー仲間のお母さんは、療育に通い始めたころ、「何か家でできることはありますか?」とよく質問をしていたそうです。
 
 
でも、毎回返ってくる言葉が、「家はお子さんにとって安全基地であってほしいんです。だから療育で頑張って、家ではゆっくりのびのびさせてあげてください。」という返答。
 
 
それを聞いて彼女は、「安全基地ってどういう意味なんだろう?子どもに負担になることをやるつもりではないけど、家でできることはないのかな…。」と無力感悲しい思いったそうです。
 
 
そして、何かできるかなと思いながらも「家は安全基地」という言葉が浮かび、結局何もできなかった、ということを話してくれました。
 
 
今は、そのお母さんは発達科学コミュニケーションを学び、わが子に対して家でできることがたくさんあることを知っています。
 
 
また、家ですることが重要だという意味を知り、過去の自分と同じように発達障害やグレーゾーンの特性をもつ子のお母さんを救うためにトレーナーとなっています。
 
 
「発達障害をもつ子どもが成長できることがあるかもしれない、と思って相談したのに、家でできることは教えてもらえなかった」とは、子どもの発達相談ではよく聞かれることです。
 
 
また、「まだ小さいので、様子をみていきましょうね。」と言われることも多いようです。
 
 
「過度に不安にさせたり、頑張らせたりするよりは」と思って言った専門家の一言が、熱心にわが子のことを思うお母さんを傷つけていることがあります。
 
 
 
 

2.新型コロナウィルスの影響で家にお子さんといる今だからできること

 
 
発達科学コミュニケーションでは、「お家でお母さんができることは山のようにある」とお伝えしています。
 
 
発達障害があるからと療育に一生懸命通うより、何百倍も子どもの発達を加速することができるのです。
 
 
ここ最近はコロナ対策で家にいなければならない状況でもあるので、一日中ずっとお子さんといる方が多いと思われます。
 
 
四六時中一緒にいると、お子さんの行動などに目を覆いたくなることも出てくるかもしれませんね。
 
 
でも、お母さんがお家でできることの全ての入り口は、「我が子のことを知ること」
 
 
発達障害グレーゾーンのお子さんの得意・苦手の特性をお母さんがしっかり理解して、それを伸ばすやり方をちゃんと学べば、お家でできることは山のようにあるんです!
 
 
これが、療育よりもお家ですることが重要であるという意味なのです。
 
 
病院でお子さんの発達相談をしようとすると…
 
・病院に行かなくてはいけないのに申し込み自体にハードルが高い
 
・連れていかなければならないのに子どもが騒いだりしてしまい、お出かけするにも一苦労
 
・受診が決まったけど何週間も何ヶ月も待たなくてはならず、今、困ってるのにどうしたらいいのか分からない
 
・受診してみたけど「様子を見ましょう。」と言われ、家でできることは教えてもらえない
 
 
「結局、何をすればいいの?何もできないの?」ということになりがちです。
 
 
でも、発達科学コミュニケーションでは、
 
・仰々しく面接しなくても
・本人を連れていかなくても
・時間をたくさんかけなくても
・専門の先生に見てもらわなくても
・検査を受けなくても
 
お子さんの凸凹を捉えることができるのです。お子さんの発達にとって意味のある「お家でできること」もお話ししています。
 
 
このことをたくさんのお母さんに知ってほしいと願っています。
 
 
 
 
ですから、まずは発達障害グレーゾーンのわが子の特性をしっかり知っておいてほしいのです。
 
 
例えば、どんな声かけなら我が子はスムーズに動けるか?だったら、
 
・大げさに褒めると行動が速いことが多い
 
・見えるようにOKサインを出すとそのあとも良い行動が続く
 
・「やるじゃん!」というだけで動けることがある…などです。
 
 
わが子が、どんな声かけだと分かりやすいのか、スムーズに行動できるのかを知ると、もっともっとお母さんの力で子どもを発達させていきたい!という気持ちが湧いてきますよ。
 
 
「自分の手で子どもが発達している」と実感できると、声のかけ方も変わってきます。
 
 
お子さんと自宅で過ごす時間が多い今、いろんな声のかけ方をしていくチャンスです!!
 
 
この機会をプラスに捉え、発達障害グレーゾーンのわが子の脳をお家でグングン発達させていきましょう!
 
 
発達障害グレーゾーンの子どもにお家でできること、たくさんたくさんあるんです!
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:石澤かずこ
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-グレーゾーン, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.