ADHD 小学生

ADHD傾向の勉強しない子どもの集中力が高まる秘訣!

更新日:

小学生になると宿題がでます。ADHD傾向のある子どもは、集中力も持続せず気が散ったりとなかなか勉強しないですよね。この記事では、お母さんの言葉かけや工夫次第で子どもの集中力が高まる秘訣についてお伝えします。
 

【目次】

 

1.ADHD傾向の子どもが勉強しないのは集中力に関係する!?

 
 
コロナ休校で、たっぷりおうち時間がありましたが、発達障害・注意欠陥多動性障害(ADHD)傾向のお子さんがおられる方、子どもが勉強しないことにイライラしていませんか?
 
 
学校から課題もでているのに、なかなか集中して取り組めない… もうすぐ学校も始まるというのに、心配になりますね。
 
 
私は、発達科学コミュニケーションのトレーナーをさせていただいてます。
 
 
個別相談で「好きなことにはとても集中するのですが、興味がないことにはぜ〜んぜん集中しないんです」というご相談をよく受けます。みなさんのお子さんはどうですか?
 
 
この集中力!ADHD傾向のお子さんは、好きなことへの集中は素晴らしいですが、宿題など興味がないことや苦手なこと、嫌なことになると集中力がなかなか持続しないのです。
 
 
好きなことをしているときの素晴らしい集中力…この集中力を勉強でも、ぜひ発揮してほしいですね。
 
 
 
 

2.なぜ集中力が持続しないの?

 
 
ADHD傾向のお子さんは、不注意・多動性・衝動性の3つの特徴があります。
 
 
簡単に言えば、好奇心旺盛で、気が散りやすかったり、じっとしているのが苦手だったり…というような感じです。
 
 
興味がない勉強などは特に、優先順位などを考えるのも苦手で、なにからとりかかったらいいのかわからないこともあります。また、頑張らないといけないことを避けたり、勉強する必要性を感じてないことさえあります。
 
 
実は、勉強など興味がないことや嫌なことをしているときは、頭の中で違うことを考えていたり、周りの音・物などにすぐ気を取られたりしてしまっている状態なのです。
 
 
ですから、余計に集中力がとぎれやすくなってしまっています。これは脳の特性なので、本人にもどうにもできないのです。
 
 
 
 
子どもは、発達障害あるなしにかかわらず、外的刺激に対して反応しやすいですが、特にADHDの好奇心旺盛な子どもはその傾向が強いです。
 
 
では、どうしたらADHD傾向の勉強しない子どもの集中力を高めることができるのでしょうか?
 
 

3.ADHD傾向の勉強しない子どもの集中力を高める2つのポイント

 
 
今日からできる集中力を高める2つのポイントについてお話します。
 
 

◆①環境を整える

 
 
ADHD傾向の勉強しないお子さんは、不注意の特性から気が散りやすいです。集中させたいときは、環境を整えることが大事です!
 
 
勉強をするときは、
 
・テレビを消す
・おもちゃなどは片付ける
・机の上には余分なものは置かない
 
など、子どもの集中を邪魔しそうなものは片付けてくださいね。
 
 
えんぴつ、けしごむ、ノート、定規、下敷きなど勉強に必要なものは机にあらかじめ出しておきましょう。
 
 

◆②できていることに注目する

 
 
もう1つのポイントは、子どもが集中力を発揮しているときの言葉かけです!
 
 
子どもが少しでも集中しているなと思ったら、「その集中してる姿、かっこいいじゃん!」と声をかけてあげてください。
 
 
ADHD傾向の子どもは衝動性が高いことから、必要以上に目立ってしまい注意を受けることも多くあります。元気で明るく見えても、実は、自信をなくしていることが多いです。
 
 
集中力を高めるには、自信をもっていることも大切なのです。
 
 
勉強中は集中しやすくするために声かけない方がいいのでは…と思いがちなのですが、ここできちんと声をかけることがポイントです。
 
 
実は子どもって「集中する」っていうことがどういうことなのか分かっていない場合も多いのです!そして、集中しているところをお母さんに見てもらっているのがまた嬉しいのです。
 
 
私たちは集中していないと、すぐ
 
「はい!集中して!」
「集中しちゃえば、すぐに終わるでしょ!」
 
などと言ってしまいがち。これでは、勉強中はネガティブな注目ばかりになってしまいます。
 
 
まずは本人に集中していることを分かってもらうこと。これが大事ですよ!
 
 
できていないというネガティブな注目は、あえてスルーして指摘しない。「集中してかっこいい!」と思ったときには、すかさず褒めましょう。 褒めることは、とくにADHD傾向のお子さんに効果的です。
 
 
 
 
いかがですか?
 
 
「環境調整」と「できていることに注目する」は発達コミュニケーションの基本テクニックです。
 
 
ぜひ、参考にしてくださいね♪
 
 
ADHD傾向の勉強しない子どもの集中力を高める方法、他にもあります!
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:今村裕香
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-ADHD, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.